• トップ
  • リリース
  • アツギ プレーンストッキング「gracefull/グレイスフル」新発売のお知らせ

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

アツギ プレーンストッキング「gracefull/グレイスフル」新発売のお知らせ

(PR TIMES) 2015年02月12日(木)12時16分配信 PR TIMES

アツギのプレーンストッキング最高峰<br />
 アツギ株式会社(本社:神奈川県海老名市、代表取締役社長:工藤洋志)は2月22日より、新ブランド「gracefull/グレイスフル」を発売します。アツギは、gracefullを自社のプレーンストッキングの最高峰ブランドとして位置づけ、全く新しいアプローチのコンプレッション(着圧)レッグウェアを展開します。
[画像1: http://prtimes.jp/i/9792/3/resize/d9792-3-170848-0.jpg ]

[画像2: http://prtimes.jp/i/9792/3/resize/d9792-3-715492-1.jpg ]



gracefullは、美しいプロポーションを形成するために重要な5つの部位を独自の設計で引き締める、【Five Shaping】(ファイブ・シェイピング)という考えに基づいた新しいアプローチのレッグウェアブランドです。「ウエスト、お腹・ヒップ、ふともも、ふくらはぎ、足首」の5つの部位を無理なく、快適に整えながら、女性ひとりひとりに合った優美なプロポーションへ導きます。

【店頭展開予定】
ブランド名: gracefull/グレイスフル<br /> 商品展開と価格帯: 全10型展開
 ハイウエストストッキング2型(ソフトタイプ1型・ハードタイプ1型)及びストッキング2型(同上)1,800円~2,400円+税<br />   セパレートストッキング2型(同上)1,000円~1,200円+税<br />  ナイロンソックス(同上)及び綿混ソックス(同上)1,200円~1,400円+税<br /> 主な販売経路: 全国百貨店・専門店
発売日: ソフトタイプは2015年2月22日より、ハードタイプは2015年3月22日より順次店頭展開予定

【ブランド名の意味】
gracefull/グレイスフルとは、graceとfullを組み合わせた造語で、「心から満ち足りた、優美な佇まい」を表しています。ブランドを象徴するgのロゴは、女性らしい、美しい身体のラインを表現しています。

【商品特長】
gracefullは、現在市場で注目を集めているコンプレッション(着圧)ウェアですが、従来の着圧ストッキングとは一線を画す、全く新しいアプローチのトータルレッグウエアブランドです。従来の着圧商品が「どれくらいのパワーで足首を引き締めるか」という考え方で企画されているのに対して、gracefullは「どの部位をどのようにシェイプして女性の身体を美しく見せるか」、つまり、プロポーションを美しく整えるためのバランス重視の発想で開発されました。その結果、気になる部位によって選べるレッグウェアをラインアップし、それぞれに「ソフト」と「ハード」の2つのパワーバリエーションを展開しています。また、少ない力でよく伸びてしっかりと引き締める、新素材のポリウレタンをレッグウェアで初めて採用し、はきやすく身体へのなじみが良い快適なコンプレッションウェアを実現しました。アツギは今後、gracefullの商品群をさらに展開し、自社のプレーン最高峰にふさわしいブランドへと育成する予定です。
(*各商品の詳細についてはプレスリリース別添資料をご確認下さい)
http://www.atsugi.co.jp/%E3%80%90%E3%82%A2%E3%83%84%E3%82%AE%E3%80%91gracefull_%E6%96%B0%E7%99%BA%E5%A3%B2%E3%81%AE%E3%81%8A%E7%9F%A5%E3%82%89%E3%81%9B.pdf

【パッケージについて】
gracefullのパッケージは、女性の美しい身体のラインと、それと対照的な直線のグラフィックで表現したデザインです。色のついたグラフィックは、【Five Shaping】(ファイブ・シェイピング)の考えに基づいてプロポーションを整える身体の部位を、象徴的かつ分かりやすく示しています。「ソフト」と「ハード」は色の濃淡で区別しており、薄い色は「ソフト」、濃い色は「ハード」の商品です。



プレスリリース提供:PRTIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る