• トップ
  • リリース
  • 教育の形が変わる!!塾でも、家庭教師でもない。塾と学習者を結ぶ第三者の機関。それが、「教育の病院 NOCC」。

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

株式会社トワール

教育の形が変わる!!塾でも、家庭教師でもない。塾と学習者を結ぶ第三者の機関。それが、「教育の病院 NOCC」。

(PR TIMES) 2015年04月08日(水)16時06分配信 PR TIMES

学力は授業を聞いただけでは伸びません。大切なのは勉強方法です。

教育の病院NOCCは、学問を教えるのではなく、「教育検査を用いた学習者に合った学び方の処方や、塾や先生の情報」を教える専門機関です。
NOCCでは「教育を直感から科学へ」を理念とし、サービスを4月から開始します。
[画像1: http://prtimes.jp/i/13364/2/resize/d13364-2-784245-5.jpg ]

「直感から科学へ」とはどういうことなのか、教育と医療の例えで説明します。

身体に異変を感じた時は、病院に行き、まず問診票に症状を書きます。それをもとに、お医者さんは今までの知識や経験からある程度の判断をします。次に聴診器を使い、それでも分からなければレントゲンやCT,PETなどを使います。目では見えない部分を検査することにより、より的確な診断を試みるのです。
[画像2: http://prtimes.jp/i/13364/2/resize/d13364-2-431666-0.jpg ]

その一方で教育は、問診の段階、もしくはそれ以前で止まっています。成績が伸びなくても、そのまま放ったらかしにして、悪い方向にどんどん進んでいく生徒が多いですし、先生に相談しても、先生たちは相談内容を今までの知識、経験、すなわち直感で判断するしかないので、的確な判断がしにくい状態です。
[画像3: http://prtimes.jp/i/13364/2/resize/d13364-2-532605-1.jpg ]


私たちは、人生を変える教育において、もっと科学的に的確に診断されるべきだと考えています。では、聴診器やレントゲンみたいなものが教育においてあるのかというと、実はあるのです。世の中には学習能力を測る優れた検査があるにも関わらず、使われているのは、ごく一部の専門機関(病院など)だけで、一般的には使われていません。NOCCでは、これらの既存の優れた検査を用いて診断していくことは勿論、自社で新たな検査を開発することにも尽力しています。

例えば、医療の現場でよく使われているWISCという検査では、言語理解、知覚推理、作業記憶、処理速度といった能力を測定することができます。これを測ることによって、どう活かせるのか、まずは下の図をご覧下さい。
[画像4: http://prtimes.jp/i/13364/2/resize/d13364-2-794706-3.jpg ]

ここから分かることは、子供自身,保護者,先生が三者三様に能力を直感的に捉えているということです。この場合、検査をせずに先生が助言をするとどうなるでしょうか。例えば、この検査を受けた子供の悩みが算数の点数がとれないということだとしましょう。

まず、皆が対象の子供に対して違った能力を感じているので、あまり話しが噛み合いません。そして、先生はこうアドバイスするでしょう。「皆と比べても能力は低くありません。むしろ少し高い方です。能力はあるので、算数の点数が取れないのは演習量不足でしょう。もっと、算数の問題を解いてください。量をこなせば出来るようになりますよ。」と。

しかし、検査結果を見ながらだとどうでしょうか。検査結果は主観的なものでなく、客観的なものであるために皆が信頼をおきながら話しを進めることができます。そしてそれ以上に、これまでの多くの事例から細かな判断ができるようになります。
[画像5: http://prtimes.jp/i/13364/2/resize/d13364-2-122690-2.jpg ]

ここから解釈できることは、計算などの単純処理に問題があるわけでなく、文章を読み込む過程に問題があるということです。そこでこの子供がすべきことは、会話の量や読書の量を増やすことによって語彙の量を増やすことと、文章を読んでそれを整理して書く練習をすることだと処方できるのです。

このように、検査結果がないときは「算数の問題演習量を増やす」というアドバイスでしたが、検査結果があると、「国語力を上げる」というアドバイスに変わります。これは大きな違いです。的確なアドバイスをすれば、より良い学習ができるようになるのです。

NOCCのサービスの流れは以下のようになっています。
[画像6: http://prtimes.jp/i/13364/2/resize/d13364-2-293214-4.jpg ]

私たちNOCCは、教育で悩まれている方に、直感ではなく科学的に的確な診断をしていくことにより、質の良い学習を提供します。そのためにも、日々、教育を科学しています。

NOCCのホームページはこちら http://nocc-jp.com



プレスリリース提供:PRTIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る