• トップ
  • リリース
  • マルチコア・マイクロコントローラーが5ドル以下でギガビットイーサーネットIoTを可能に

プレスリリース

マルチコア・マイクロコントローラーが5ドル以下でギガビットイーサーネットIoTを可能に

(PR TIMES) 2015年03月25日(水)11時21分配信 PR TIMES

xCORE-200ギガビットイーサーネット対応のマルチコア・マイクロコントローラーを Cisco社、Helitunes社、Pivitecs社に出荷開始

インテリジェント・マルチコア・マイクロコントローラー市場のリーダーであるXMOS社は、3月25日にギガビットイーサーネットに対応するxCORE-200(TM) マルチコア・マイクロコントローラーファミリーを市場出荷開始したことを発表します。
高機能の32ビットRISCプロセッサ―コアを1チップに16個内蔵した最初の製品は最大2000MIPSの処理性能を持ち、ギガビットイーサーネットMAC layerをプログラマブルにサポートする最初の製品です。低価格なマルチコア・マイクロコントローラーが提供する最新の機能はギガビットスピードの新たなIoTアプリケーションを広げます。

XMOS社の最高経営責任者であるNigel Toon(ナイジェル・トゥーン)は発表にあたり以下のように述べています。“この新世代のxCORE-200™製品ファミリーは第一世代のxCORE™製品に比べて2倍の処理性能、4倍の内蔵メモリー、柔軟なギガビットポート、USB2.0インターフェース、組み込み用途やセキュリティーに対応する最大2Mバイトの内蔵FLASHを備えています。これらの機能と柔軟なリアルタイム性能の組み合わせにより、xCORE-200™は高機能なコンスーマーおよびプロフェッショナル向けオーディオ機器、拡大するギガビットIoTアプリケーション向けに最適なプログラマブルプラットフォームです。既にxCORE-200™のサンプルと開発ボードxCORE-200 eXplorerKIT™の出荷を主要顧客向けに開始しています。”

IoTのマーケットはより広帯域を必要とするアプリケーションやサービスに対応するための、よりスケーラブルで柔軟な基盤を求めています。Cisco IoE innovation platform のCTOであるDimitar Vasiley 氏は ‘我々は新しい産業向けIoTアプリケーションやサービスに向けXMOS社と共同で作業を開始している。’とコメントしています。

又 Helitune社のCEOである Andy Lobato 氏は‘ 我々はxCORE-200 explorer board を最初に受け取ったことに非常に心が躍っております。我々の先端的なシステムモニタリングのアプリケーションは高速なレスポンス時間と完全な同期、予測可能な実行処理時間を非常に小さなパッケージで実現する必要があり、それによって我々は複数の重要なセンシングをリアルタイムで把握し処理することが出来ます。xCORE-200マルチコア・マイクロコントローラーファミリーは完全にソフトウェアでシステムをプログラム、コンフィグレーションすることができるので我々のアプリケーションに最適です。’と語っています。

xCORE-200のプロフェッショナル向け128チャンネルオーディオテクノロジーについて、 Pivitec 社社長の Tom Knesel氏は、‘XMOSはコンスーマーとプロオーディオスペシャリスト向けハイレゾリューション音源のUSB,とイーサーネットAVB機器向けICのリーダーです。この新しいxCORE-200ファミリーは我々のデジタルオーディオミキサーとオーディオインターフェース機器を最大128チャネルのハイレゾリューションデジタル音源まで拡張することを可能にする、シングルチップで低価格で柔軟なマルチコアのプラットフォームです。’

最初のxCORE-200ファミリーのサンプルは3月25日より供給可能です。

XE216-512-TQ128の概要
・16個の32ビットRISCコア<br /> ・最大2000MIPSの処理性能とDSP演算機能<br /> ・512Kbytes 内蔵SRAM
・PHY内蔵の480Mbps USB2.0インターフェース<br /> ・10/100/1000 イーサーネット MAC layer 対応ポート、webserverサポート、RGMII PHYインターフェース<br /> ・88本の Hardware-Response™ IO
・128pin TQFP パッケージ<br />
XE216-512-TQ128の価格は量産時(10万個ロット)4.75ドルです。 8,10,12コアの製品については、数か月以内に順次出荷開始いたします。詳しくはwww.xmos.com をご覧ください。

24コア、32コア製品は2015年後半に出荷開始の予定です。

簡単にxCORE-200を評価できる開発ボードxCORE-200eXplorerKIT™は弊社正規代理店よりご購入いただけます。

xCORE-200ファミリーに対応する xTIME-Composer™Studio 開発ツールは無償でwww.xmos.com よりダウンロードできます。

【XMOS社について】
XMOSは英国ブリストルに本社と開発拠点を置く、革新的はファブレス半導体メーカーです。インドチェナイに第2の開発センターを持ち、営業拠点および販売代理店網で世界中のお客様をサポートしています。

xCORE™とxCORE-200™マルチコア・マイクロコントローラーはソフトウェアのみで技術者必要とするハードウエアを実現することが可能です。オーディオ、自動車、コンスーマー製品、産業用途、ロボットなどの広範な組み込み用途に最適なプログラマブルなプラットフォームです。xCORE-AUDIOプロセッサは低価格でクラス最高レベルのUSB AUDIOのソリューションを提供しています。
詳しくは、www.xmos.com をご参照ください。

[お問い合わせ先]
XMOS合同会社<br /> 神奈川県横浜市港北区新横浜3-7-18 第2上野ビル<br /> セールスダイレクター 山本 好充: yoshimitsu.yamamoto@xmos.com
電話番号 :080-3417-1689

プレスリリース提供:PRTIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る