• トップ
  • リリース
  • お肌に自信を持ちたい、すべての女性へたかの友梨 エステファクト『パープルライン』のデイリーケア方法のレクチャー動画、2015年4月13日より公開スタート

プレスリリース

  • 記事画像1

株式会社不二ビューティ

お肌に自信を持ちたい、すべての女性へたかの友梨 エステファクト『パープルライン』のデイリーケア方法のレクチャー動画、2015年4月13日より公開スタート

(PR TIMES) 2015年04月13日(月)17時39分配信 PR TIMES

株式会社スイスセルラボ・ジャパン(本社:東京都渋谷区、代表取締役:高野友梨)は、エステティックコスメ エステファクト『パープルライン』の利用効果を高められるご自宅でのデイリーケア方法をレクチャーする動画を2015年4月13日より公開いたします。
[画像: http://prtimes.jp/i/12676/2/resize/d12676-2-550623-0.jpg ]

たかの友梨がめざしているのは、肌が美しくなろうとする力を自ら引き出す。そんな健やかな美しさです。できるだけお肌に負担をかけないよう、長年磨かれてきたエステティックの技術に沿った化粧品を届けたいという想いで製品開発を進めています。

その中でも、エステファクト『パープルライン』は、構想10年をかけて誕生したエステティックサロン品質の化粧品です。

エステティックサロンでの施術はもちろんですが、自宅でのデイリーケアで製品を正しくお使いいただくことが健やかなお肌にとっては大切です。「女性の皆様のお肌が美しくなろうとする力を引き出し、健やかな美しさを手に入れていただきたい。女性の皆様に自信を持っていただきたい。」そんな想いを込めて動画を作成いたしました。

動画では、ご自宅でも簡単にできるように1製品ずつ分かりやすく使い方を解説。それぞれの製品の役割、使用ステップ(使い方)、1回分の目安量、より効果を高めるためのポイントなどを紹介しています。

◆エステファクト 『パープルライン』 レクチャー動画<br /> ・クレンジングウォーター (高保湿クレンジングウォーター)
[動画1: http://www.youtube.com/watch?v=GuiPpygNALc ]



・Wエッセンスソープ (高保湿美容石鹸) <通販限定>

[動画2: http://www.youtube.com/watch?v=difnv5CWzQk ]



・ピュアリッチセラム (ジェル状美容液) <通販限定>

[動画3: http://www.youtube.com/watch?v=cawG_t1Sp-g ]



・アクアローション (高保湿化粧水) <通販限定>

[動画4: http://www.youtube.com/watch?v=rafeKIqJ4v0 ]



・オールインワンジェル10 (肌ハリ美容ジェル) <通販限定>

[動画5: http://www.youtube.com/watch?v=SGr84F7VeQo ]



・CCクリーム (ファンデーション)

[動画6: http://www.youtube.com/watch?v=xKEm3pY74xc ]



◆ たかの友梨 エステファクト 『パープルライン』とは<br />
構想10年!37年間の経験と実績から生まれた「エステティシャンコスメ」を

使い続けられる高いコストパフォーマンスでお届け!

たかの友梨の長いエステの歴史と、そこに存在するファクト(事実)から生まれたエステティシャンコスメ「たかの友梨 エステファクト」シリーズ。通販限定販売商品を含む『パープルライン』は、“お肌の未来&rdquo;まで考えたエイジング・スキンケア(※1)です。

厳選された3つの幹細胞由来保湿成分(※2)と、プラチナの出会いが生み出したSCサイエンスAAA(※3)を配合。同シリーズのエステファクト『プラチナライン』と比べ、 ご自宅のデイリーケアでご使用頂きやすいコストパフォーマンスでお届けします。


(※1)年齢に応じたスキンケアのこと。
(※2)アルガニアスピサノ芽細胞エキス、リョクトウ成長点細胞培養エキス、ロドデンドロンフェルギネウム葉培養細胞エキス。

(※3)3つの幹細胞由来保湿成分(アルガニアスピサノ芽細胞エキス、リョクトウ成長点細胞培養エキス、ロドデンドロンフェルギネウム葉培養細胞エキス)をプラチナ(白金:保湿成分)に被覆させた成分です。

プレスリリース提供:PRTIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る