• トップ
  • リリース
  • メディアウェイブ 光回線とプロバイダをセットにした「メディアひかり」を提供開始

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

メディアウェイブシステムズ株式会社

メディアウェイブ 光回線とプロバイダをセットにした「メディアひかり」を提供開始

(PR TIMES) 2015年04月06日(月)18時03分配信 PR TIMES

光コラボ採用、業界最安水準の通話料金で企業のランニングコスト削減も。

 メディアウェイブシステムズ株式会社(本社:石川県金沢市,代表取締役社長:中島 英子)は、東日本電信電話株式会社、西日本電信電話株式会社が提供する光卸サービス「光コラボレーションモデル」を採用した新サービス「メディアひかり」の提供を、2015年4月6日より開始した。
[画像1: http://prtimes.jp/i/13369/1/resize/d13369-1-939112-0.jpg ]

 「メディアひかり」は、最大1Gbpsの高品質な「フレッツ光」回線や、便利な「ひかり電話」機能をそのままに、メディアウェイブシステムズがプロバイダサービスをセットにして提供するもので、全国の「フレッツ光」対応地域で利用可能。「メディアひかり」の主な特徴は以下のとおり。

1.光回線とプロバイダをまとめて基本料金が安くなる

[画像2: http://prtimes.jp/i/13369/1/resize/d13369-1-947936-1.jpg ]

 最大1Gbpsの光回線とプロバイダをまとめて、ぐっとお得な基本料金で提供。「基本セット(光回線+プロバイダ)」なら、集合住宅で3,700円〜、戸建住宅は4,700円〜。「電話セット(光回線+プロバイダ+電話)」は、集合住宅で4,200円〜、戸建住宅が5,200円〜となる。

2.今お使いの電話番号や機器をそのまま使える(転用)

 現在「フレッツ光」を利用中なら、転用の手続により、宅内工事不要で「メディアひかり」に乗り換えが可能。使用中の電話番号や機器はそのまま継続して使用できる。店舗・事業所用には「メディアひかりオフィス」を提供。既存のビジネス電話機や、通話料金着信払い等の付加機能にも対応する。

3.基本料金だけでなく通話料金が業界最安水準

[画像3: http://prtimes.jp/i/13369/1/resize/d13369-1-487400-2.jpg ]

 他社横ならびの通話料金に風穴を。県内固定電話へ3分7.6円。「メディアひかりオフィス」なら3分5.7円まで安くなる。店舗からコールセンタ規模まで、ランニングコストの大幅削減に貢献。携帯電話や海外への通話も最安水準。(参考:NTT加入電話から県内への通話料金:3分8.5円)

●メディアひかりのロゴおよび料金(月額基本料金)

基本セット(光回線+プロバイダ)
戸建住宅 4,700円(2年定期契約+トク割300)
集合住宅 3,700円(2年定期契約+トク割300)

電話セット(光回線+プロバイダ+電話)
戸建住宅 5,200円(2年定期契約+トク割300)
集合住宅 4,700円(2年定期契約+トク割300)

店舗・事業所用(光回線+プロバイダ+電話)
メディアひかりオフィス 6,500円
メディアひかりオフィス 7,500円(固定IPアドレス1個付)

●メディアウェイブシステムズ株式会社について<br />
本 社: 〒920ー0903 石川県金沢市博労町68 岡田ビル2階<br /> 代表者: 代表取締役 中島 英子
設 立: 1999年 4月30日<br /> 資本金: 1,000万円
URL: http://mwave.jp

●本件にお問い合わせ先

メディアウェイブシステムズ株式会社 経営企画室
メール: info@mwave.jp


記載の金額は、特に併記のない限り税別価格です。また、料金は各種割引適用後の金額です。
記載の情報は、記載された時点でのものです。料金や仕様は予告なく変更される場合があります。
記載されている会社名および商品名やサービス名は、各社の商標または登録商標です。


以上



プレスリリース提供:PRTIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る