プレスリリース

アートチャイルドケア株式会社

アートチャイルドケア新奨学生制度開始

(PR TIMES) 2015年04月09日(木)11時36分配信 PR TIMES

保育士の卵を応援する新しい奨学生制度

 引越事業「アート引越センター」を中心に暮らし方を提案するアートグループの保育事業、アートチャイルドケア株式会社(本社:大阪府大東市 社長:村田省三)は、保育士採用数の増加、より良い人材の確保のため、保育士資格取得のための新たな奨学生制度を開始いたします。これまで通信制・夜間部に通う学生を対象にして参りましたが、新制度では昼間部の学生を対象とし、当社は給与のほかに授業料の一部補助、保育士資格試験アドバイスなどのサポートを行います。2015年度はトライアルとして大阪信愛女学院短期大学(大阪府大阪市城東区)およびこども學舎(北海道札幌市西区)の学生を対象に奨学生を募集します。
 アートチャイルドケアでは、2012年より独自にアートチャイルドケア奨学生制度(略してACC奨学生制度)を開始いたしました。これは、通信制・夜間部の学生を対象に、当社が運営する保育室で勤務しながら保育士資格取得の勉強をしていただき、当社は授業料の補助および給与の支給や勉強サポートなどの支援を行うものです。「働きながら保育士資格を取りたい」というニーズに応える制度として、開始以降多くの学生を支援して参りました。
 このたびはこの奨学生制度をさらに拡充させ、昼間部の過程に通う学生を対象とした奨学生制度として新たにスタートいたします。
 新制度では従来の制度と同様、奨学金による就学支援と合わせて、受給者は当社保育室で保育補助として勤務していただき、その給与を支給いたします。保育士資格取得後は当社社員としての登用制度も設けます。
 奨学生としての支援期間は最長24ヵ月とし、保育士資格取得を志す方にとっても、保育の現場で実際の保育業務を経験しながら、また先輩保育士の指導の元で学べるため、より充実した学習が行えます。

 こうした、昼間部の保育専攻学生を対象とした企業による奨学生制度は珍しく、2015年はトライアルとして大阪信愛女学院短期大学とこども學舎の昼間部に通う学生を対象とし、今後は学校を問わず広く募集して参りたいと考えています。

 女性の社会進出を支援するためには保育施設の拡充だけでなく、保育士の人材育成も不可欠です。当社といたしましても、優秀な人材の確保を目指すだけでなく、保育士を目指す方を積極的に支援することで保育士の増加や保育業界全体の品質向上にも貢献したいと考えています。


【アートチャイルドケア奨学生 概要】
  ●受付期間  平成27年4月より

  ●対象者   大阪信愛女学院短期大学およびこども學舎の昼間部保育課程の学生
        (トライアル期間の後は学校を問わず実施する予定)

  ●対象条件  学生

  ●内容    1.授業料の一部補助(10,000円/月、最長24ヵ月・返済義務なし)
         2.保育補助として保育室での勤務による給与(当社規定による)
         3.保育士資格取得後、当社正社員又は契約社員として雇用の推奨<br />          (希望者のみ・当社での勤務義務はなし)
         4.当社職員による資格取得のための勉強アドバイス<br />
  ●勤務地   北海道から九州まで当社運営保育施設のある場所(応相談)

  ●社内選考  2015年は大阪信愛女学院短期大学・こども學舎の学生を対象に<br />          2015年4月以降に書類選考の上、面接にて選考

  ●募集人数  各校とも最大5名


【アートチャイルドケア株式会社 概要】

  ●商 号   アートチャイルドケア株式会社<br />
  ●所在地   本社・・・・大阪府大東市泉町2丁目14番11号<br />          東京本社・・東京都品川区東品川1-3-10
               アートコーポレーション東京オフィス3F

  ●社長    村田 省三

  ●事業内容  保育所運営事業<br />          日本全国(北海道から九州)において、認可・認証・事業所内・<br />          病院内など、様々な形態の保育所179ヶ所(平成27年4月現在)
         を直営・受託により運営中。

  ●資本金   5,000万円

  ●売上    約52億円(2014年9月期)

  ●従業員数  1850名(平成27年4月現在、臨時従業員含む)

プレスリリース提供:PRTIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る