• トップ
  • リリース
  • ウェブサイトの成否は、つくり始める前に決まっている。「チームビルディング」の新サービス開始。 【デジパ株式会社】

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

ウェブサイトの成否は、つくり始める前に決まっている。「チームビルディング」の新サービス開始。 【デジパ株式会社】

(PR TIMES) 2015年04月13日(月)11時13分配信 PR TIMES

プロジェクトチームの結束力や目的意識を高めながら、プロジェクト成功に向けた「チームビルディング」の新サービス開始。

デジパ株式会社では、創業以来ウェブサイト構築やウェブプロモーション施策だけではなく「チームビルディング」という手法を使って、プロジェクトチームの結束力や目的意識を高めながら、プロジェクト成功に向け二人三脚で歩んでおります。今回はチームビルディングの新サービスプランを発表をさせて頂きます。
[画像1: http://prtimes.jp/i/13267/1/resize/d13267-1-740128-0.jpg ]



デジパ株式会社では、創業から15年、上場企業から中小零細企業まで62業種900社以上のお客様と共にウェブサイト周りのチームビルディング・設計・制作・開発・効果検証・PRをワンストップで、お手伝いをさせて頂いております。

                   <デジパオフィシャルサイト> 
[画像2: http://prtimes.jp/i/13267/1/resize/d13267-1-273149-11.jpg ]



▼ デジパオフィシャルサイトはこちら
 http://digiper.com/


「チームビルディング」の新サービス開始 / チームビルディングの重要性が問われる時代へ<br />


デジパ株式会社では、創業以来ウェブサイト構築やウェブプロモーション施策だけではなく「チームビルディング」という手法を使って、プロジェクトチームの結束力や目的意識を高めながら、プロジェクト成功に向け二人三脚で歩んでおります。

昨今、売上至上主義や経済合理性が求められていた時代から、「おもてなし」「繋がり」などの、人や企業との関係性やコミュニケーションの“質“が問われる時代へと移り始めています。

ウェブサイトに関してもじつにさまざまな役割が求められます。それに対して、ウェブサイトの制作はテクノロジーの進歩こそあれ、旧態依然のままのように感じます。依頼主であるみなさん、つくり手である私たち、それぞれの役割は分断され、コミュニケーションは一方的になりがちです。

人々を魅了するプロダクトやサービスが、クライアントとクリエイターの濃密な関係から生まれてくるように、ウェブサイトの制作においても、もっと深くかかわりあう必要があります。仕様書や企画書だけではなく、意見やアイデアを積極的にやりとりする。そして自分たちの会社や事業にふさわしいウェブサイトやプロジェクトを、あるべき姿から考えていく。こうしたプロセスがあってこそ、はじめて技術は生きてきます。

そんな時代背景を踏まえ、デジパオフィシャルサイトでは創業より培ってきた「チームビルディング」にフォーカスをあてて、ウェブのプロジェクトだけではなく、組織の活性化やソーシャル活動の支援にも役立てていくサービスラインナップを準備致しました。皆さんと共に、より良い結果と関係性をご提供させて頂きます。

▼ デジパ代表桐谷のメッセージはこちら
http://digiper.com/service/



チームビルディングのサービスプラン<br />


みなさんのチームのご要望にあわせて、さまざまなプランをお選びいただけます。3回訪問のポピュラーなチームビルディングから、1回訪問のミニマムプランまで、ご要望に応じてご選択が可能です。
[画像3: http://prtimes.jp/i/13267/1/resize/d13267-1-843569-3.jpg ]



[画像4: http://prtimes.jp/i/13267/1/resize/d13267-1-580405-2.jpg ]

[画像5: http://prtimes.jp/i/13267/1/resize/d13267-1-554772-9.jpg ]



ウェブサイト制作をお考えの場合はもちろん、何かをはじめようとされている場合に、一度、チームビルディングを行ってみることをおすすめします。いつもの業務の延長上で突然なにかをはじめるよりも、一度チームを形成するためのクッションをはさむことで、より効果的なスタートが可能です。


▼ チームビルディングの詳しいプラン内容はこちら
http://digiper.com/service/teambuilding/



ウェブだけではなくソーシャル活動を行う社会起業家の育成・支援も展開



また、デジパ代表桐谷のビジョンの一つとして「日本に新なる価値を作り出す社会起業家の育成」を掲げており、デジパグループ会社の株式会社ココロザス(http://kokorozasu.jp/)では、起業家の育成・支援を行っています。

デジパオフィシャルサイトでは、ウェブだけではなくソーシャル活動を行う日本の活動家に取材インタビューを行い、チームビルディングサービスのモデルケースとしてメディア発信を行っていきますので、ご期待下さい。

直近ではコミュニティデザイナー山崎亮氏や、クリエイティブユニット 後藤寿和氏・池田史子氏との対談インタビューをお楽しみ頂けます。


<対談インタビューシリーズ「未来のつくりかた」>
[画像6: http://prtimes.jp/i/13267/1/resize/d13267-1-532768-10.jpg ]



▼ 対談インタビューシリーズ「未来のつくりかた」はこちら
http://digiper.com/topics/

デジパ株式会社は、ウェブサイト周りのソリューションだけではなく、次の時代を見据えたソーシャルカンパニーとして活動、発信をしていきますので引き続きご愛好のほど宜しくお願いします。皆さまの活動に寄り添い、共に成長していけるお手伝いをさせて頂けるように歩んで参ります。

デジパ株式会社一同



各種サービスのご検討、本プレスリリースに関するお問い合わせはこちら



お問い合わせフォーム:https://ssl.digiper.com/official/
TEL:03-6451-0118
Mail: official_info@digiper.com
(広報:木下宛、平日 AM 10:00 - PM 17:00)



特典プレゼント (デジパ代表桐谷の著書「検索せよ。そして、動き出せ。〜パラレルライフを実現する出会いのドアの開き方〜」を5社限定にてプレゼント致します!)



今回は、サービスのお問い合わせ時に特典プレゼントとして「プレスリリースを見た」とお伝え頂ければ、デジパ代表桐谷の著書「検索せよ。そして、動き出せ。〜パラレルライフを実現する出会いのドアの開き方〜」を5社限定にてプレゼント致します!!


[画像7: http://prtimes.jp/i/13267/1/resize/d13267-1-468098-8.jpg ]

本書は、webで成功した経営者の物語ではなく、ましてや農業の入門書でもない。この本は、著者が魂の冒険と、さまざまな試行錯誤の末に手にした実践の書である。そのキーワードは、「検索」と「行動」である。

この2つは、情報化によって得られるパワーと、それを生きるパワーに変えていくためのキーワードである。「検索」と「行動」はセットで初めて機能し、人生における最も重要な「出会い」の扉を開くことができる。しかし、現代を生きる多くの人たちは、「検索」はしても、「行動」に移すことができない。

この本には、「検索」と「行動」によって出会いが生まれ、そこから人生が広がっていく様子が描かれている。本書は、スティーブ・ジョブズにとって『全地球カタログ』がそうであったように、人々のバイブルになるべき本である。


▼ 著書の詳細はこちら
http://www.amazon.co.jp/dp/4828417869



会社概要



社名:デジパ株式会社 / digiper Inc.(設立2000年4月)
代表取締役:桐谷晃司<br /> オフィシャルサイト:http://digiper.com/
所在地:〒150-0022 東京都渋谷区恵比寿南2-19-7 VORT恵比寿Dual's 5F
TEL:03-6451-0118 / FAX:03-6451-0410

事業内容:
ウェブサイト制作・企画・運営支援<br /> チームビルディング・ワークショップ
ユーザビリティ改善コンサルティング<br /> アクセシビリティコンサルティング<br /> アクセス解析を含むSEMコンサルティング<br />
グループ会社:
株式会社ココロザス(http://kokorozasu.jp/
NPO法人あわ地球村(http://awa-chikyumura.jp/



プレスリリース提供:PRTIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る