プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3

株式会社ホリーホック

撮りたいと撮られたいをつなげるサービス「Photon」

(PR TIMES) 2015年04月02日(木)12時02分配信 PR TIMES

空きリソースを好きな時間に撮影場所として貸し出せる、撮影に特化したシェアリング型サービス「Photon」を提供開始

Photonは、撮影したい人と撮影場所を提供してくれる人が集まるサービスです。
個人が保有する場所(不動産など)を撮影場所として登録し、予約から決済、補償、ライセンスコントロール(肖像権などの利用許諾)まで行う事ができる、今までに無い「撮影」に特化したシェアリング型サービスが登場します。
http://www.phtn.jp/
株式会社ホリーホック(AOI Pro.グループ)(所在地:東京都品川区、代表取締役社長:大槻 浩章)は、撮りたいと撮られたいをつなげるサービス「Photon」を、2015年4月2日より提供開始します。
URL:http://www.phtn.jp/

[画像1: http://prtimes.jp/i/13180/1/resize/d13180-1-876468-0.jpg ]



拡大する写真・動画クリエイターの撮影ニーズと、遊休スペースを持つオーナーをマッチング。
ホリーホックは、AOI Pro.グループのノウハウを活用して、創作活動を行う個人クリエイターの課題のひとつ『ロケーション・ハンティング(撮影場所探し)』に対して、遊休資産(家屋・施設・店舗など)を撮影に特化させて活用するシェアリング型サービスを展開します。

一般商用施設から公共施設まで、クリエイターにとって魅力的なロケーションを、資産保持者には遊休施設の有効活用を提供する仕組み(撮影場所の登録、検索、予約、決済、補償、ライセンスコントロール)の提供とともに、肖像権をはじめとする権利関連のサポートを行う、「撮影」に特化した今までに無いシェアリング型のサービスです。

自分で撮影した写真・動画で収入を得たいと考えている個人クリエイターは推定700万人。彼らが利用する撮影にまつわるサービスの国内潜在市場は推定4,000億円(2014年当社調べ)に達します。しかし、まだ彼らを対象としたサービスは世の中に多くはなく、クリエイターだけでなく、遊休資産を持つオーナーにとっても大きなビジネスチャンスにつながると考えています。


[画像2: http://prtimes.jp/i/13180/1/resize/d13180-1-206143-1.jpg ]



Photon 3つの特長
年間600本以上のTVコマーシャルの制作を手掛けるAOI Pro.をはじめとするグループ各社のコンテンツ制作や撮影に関するノウハウを活用して、クリエイトしたい人とクリエイトできる場をクリエイトする。それがPhotonです。

1.今までに無い"撮影"に特化したシェアリング型サービス<br /> 宿泊や駐車場、ビジネスイベント等、シェアリング型サービスは沢山出て来ておりますが、撮影に特化したものは今まで無く、特化型だからこそ細かいニーズを満たしています。

2.肖像権や場所の使用許諾もすべてクリアに<br /> 今までクリエイターに一任されていた肖像権(モデルリリース)や場所の使用許諾(プロパティリリース)の作業をシステム上でオーナーに同意いただくため、安心して創作活動を行うことができます。

3.独自の不動産補償の仕組みやオリジナルコンテンツを用意<br /> 撮影時のトラブルに備えた独自の不動産補償の仕組みや、写真や動画の企画・制作者向けのコンテンツを用意。安心して楽しく撮影する環境を整えます。



プレスリリース提供:PRTIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る