• トップ
  • リリース
  • 台湾のLCC、いよいよ日本初上陸!タイガーエア台湾、本日4月2日より台北-成田線運航開始

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

台湾虎航株式有限会社

台湾のLCC、いよいよ日本初上陸!タイガーエア台湾、本日4月2日より台北-成田線運航開始

(PR TIMES) 2015年04月02日(木)16時07分配信 PR TIMES

タイガーエア台湾( Tigerair Taiwan Co. Ltd. )は、2015年3月25日(水)付で、国土交通省から外国人国際航空運送事業の経営許可を取得、翌3月26日(木)から台湾にて航空券の販売を開始、そして本日4月2日(木)、台北-成田線の運航を開始しました。タイガーエア台湾は日本へ上陸した初の台湾LCC(格安航空会社)となります。運航機材はエアバスA320-200型機、席数は180席です。

[画像1: http://prtimes.jp/i/13107/1/resize/d13107-1-435413-0.jpg ]


就航式典<br />
本日4月2日、満員の乗客を乗せた台北-成田初便(IT200)が、成田空港に到着、それに合わせて成田空港第二ターミナル98ゲート前にて就航式典を開催しました。成田国際空港執行役員エアライン部長 荒川武氏(あらかわたけし)、国土交通省航空局部長 染谷孝之氏、日本政府観光局 (JNTO) 理事 加藤隆司氏、公益財団法人交流協会専務理事 舟町仁志氏、そして台湾側の台北駐日経済文化代表処代表 沈斯淳氏、台湾観光局東京事務所所長 江明清氏にゲストとして式典へ出席いただき、タイガーエア台湾のCEO関栩(クァン ユウ)氏と一緒に、テープカットを行いました。
[画像2: http://prtimes.jp/i/13107/1/resize/d13107-1-889642-6.jpg ]



式典終了後、ウォータキャノンの歓迎を受けた後、成田発の初便IT201が12:10に出発しました。乗客数は約7割程度でした。

[画像3: http://prtimes.jp/i/13107/1/resize/d13107-1-527945-5.jpg ]



タイガーエア台湾について<br />
■台湾で初めて日本就航したLCC
現在、シンガポール、バンコク、テーサバーンナコーン・チエンマイ、マカオへ航線を運営しています。この度就航する東京線は、東北アジアへ進出する初の航線となります。今後は、東南アジア、東北アジア及び中国大陸へ航線開発を予定しております。

■運航体制<br /> 2018年までにA320飛行機を12台導入する予定です。
[画像4: http://prtimes.jp/i/13107/1/resize/d13107-1-881663-1.jpg ]

■本場の「台湾風」サービス提供
明るくて親切なのが特徴の台湾人CAが、タイガーエアー台湾の企業色である薄黄色のパンツスタイルの制服で、情熱と誠意を持っておもてなしします。
[画像5: http://prtimes.jp/i/13107/1/resize/d13107-1-167563-2.jpg ]

■台湾本場の味を再現した機内食
ジューシーな豚肉を使った排骨飯(パイクゥハン)、鶏肉を使った台湾風鶏飯、カボチャ焼きビーフンなど、台湾スタイルの美味しさを機内で提供いたします。
[画像6: http://prtimes.jp/i/13107/1/resize/d13107-1-323459-3.jpg ]



プレスリリース提供:PRTIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る