• トップ
  • リリース
  • 整腸作用や免疫活性、抗ウィルス作用などの効果が報告されているフコイダン。その期待の成分の個人における効果性を検証できるモニターキャンペーンを開始

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

株式会社インテグレート

整腸作用や免疫活性、抗ウィルス作用などの効果が報告されているフコイダン。その期待の成分の個人における効果性を検証できるモニターキャンペーンを開始

(PR TIMES) 2015年03月10日(火)17時45分配信 PR TIMES

先着500名に自身にフコイダンが効果的かどうかを判別できるモニター治験を開始

がんになったら読むマガジン(http://ganmaga.jp/)は、2月27日(金)より、フコイダン研究をおこなう株式会社サウスプロダクト(以下、サウスプロダクト社)の協力を得て、主に免疫の活性化などが期待され、様々な研究が進められているフコイダンが自分に吸収されるか(効果が期待できるか)を検証する事ができる無料モニターを先着500名に実施致します。
[画像1: http://prtimes.jp/i/12942/1/resize/d12942-1-580016-0.jpg ]



▼フコイダンとは自然治癒力を正常化させる天然成分

フコイダンはモズクやコンブなどの海藻類のヌメリ成分に多く含まれる天然成分で、海藻が砂などで傷ついてしまった部分を修復したり、引き潮時に身体が乾燥するのを防いだりする海藻にとって非常に大切な成分であり、特にモズクに多く含まれる事が分かっています。

整腸作用をはじめ、免疫の活性化、抗ウィルス作用などに注目されたことで研究が進められ、人間の防衛機能・免疫力を回復させるほか、抗腫瘍、抗がん作用、中性脂肪抑制など、現代人の健康に欠かせない機能が学術的に明らかにされており、本来人間に備わっている自然治癒力を正常化させるという事が分かっています。

▼フコイダンの効能<br />
1.免疫力賦活化作用<br /> フコイダンには人間の自然治癒力を回復・向上して、体質を改善する事が分かっており、体内の腸表面の細胞から血液を通じて全身に伝達され「腸管免疫」に刺激を与える事によって、免疫力を高めるといわれています。

2.アポトーシス誘導作用<br /> 細胞がまるで自滅するかのように自然に消滅に導く作用の事をアポトーシスといい、がん細胞にアポトーシス効果を誘導する事ができればがん細胞は大きく一歩前進し、うまくアポトーシスを機能させる事が大きな鍵となります。近年フコイダンに含まれるフコキサンチンにアポトーシス誘導作用がある事が確認されています。

3.ピロリ菌の減少による体内粘膜の保護<br /> フコイダンは体内の粘膜を保護する役目があり、フコイダンの粘り類が胃の粘膜を刺激し、胃を活発に動かしてくれます。また、胃潰瘍や胃がんの原因の一つといわれるピロリ菌を減少させる働きも確認されています。

4.錆びない身体作り
フコイダンの原料である褐藻類は、表面のヌメリ成分によって自らをガードしています。細菌をよせつけず、強い太陽光や紫外線によって発生する活性酸素をバリアする抗酸化作用も持っています。その事から、活性酸素が主な原因となる老化や血管凝固、シミなどにはじまる身体の錆びから守ってくれるといわれています。

▼誰にでも効果を発揮するのか?

[画像2: http://prtimes.jp/i/12942/1/resize/d12942-1-290321-1.jpg ]



フコイダンは長年の研究により、吸収する・しないの個人差が確認されており、人により効果を十分に発揮できないケースもあります。日常的に海草類をよく食べている人に高い効果があるというデータもあり、フコイダンの摂取頻度によりその差が出ている可能性も示唆されております。吸収する人には非常に有効な効果が発揮されるものの、吸収が弱い人には効果が十分発揮されない事から、フコイダンの高い抗腫瘍、抗がん作用、免疫活性などの効果にあやかるためには、自分が十分に吸収する身体を持っているかどうかを把握した上で摂取する必要があります。

▼自分の体内へフコイダンがどの程度吸収されるのかを明確に把握する事ができる

がんの代替医療や日常での免疫向上のため、食品やサプリメントにてフコイダンを摂取しようという方は多い反面、フコイダンが体内へ吸収されるかどうかに個人差がある以上、自分が適応されるのか気になるところです。がんになったら読むマガジンでは、がんの代替医療の未来に非常に期待をしており、こういった可能性を多くのがんに悩む方々へ提供したいと考え、フコイダンの吸収検証試験を実施されているサウスプロダクト社の協力を得て、特別に読者500名へ無料でモニター試験をおこなって頂く事に致しました。

サウスプロダクト社の実施するフコイダンの吸収検証試験では、群馬大学医学部の長嶺教授の研究により分かった「フコイダン摂取後の人の尿中及び血中にフコイダンが検出されている」画期的な研究結果を元におこなわれており、自宅で簡単におこなう事ができる検査キットで試験が可能な事から実施する運びとなりました。

▼モニターキャンペーン参加方法
モニター募集記事:http://ganmaga.jp/archives/761
がんになったら読むマガジンのWEBサイトより、お申込みを受け付けておりますので、アクセス後申し込みフォームに必要情報を明記の上、お申し込み下さい。(申込フォーム:http://ganmaga.jp/monitor
※FAXやお電話でのお申し込みを希望される方は、弊社問い合わせ窓口(mail@ganmaga.jp)へご一報頂きましたら、受付スタッフよりご案内を致します。

申し込み受付後、数日以内に検査キットが郵送にてお届きますので、こちらのご案内状(http://www.south-p.co.jp/f-manual.pdf)をご確認の上、手順にそって検査をおこなって頂きサウスプロダクト社へご返送頂きましたら、サウスプロダクト社にて解析・分析結果表をお作りしてお送り致します。A〜E(測定不可除く)にて判定結果が送られてきますので、C以上であれば十分にフコイダンが吸収されている状態になります。

また、モニター参加を頂いた方には、沖縄県でもずくの生産量No1の勝連漁協組合が販売する「早摘みもずく たっぷり食べるスープ(もずくスープ)」など、褐藻類の中でもフコイダンが最も多く含まれると言われている、オキナワモズクの関連商品が検査結果と一緒にプレゼントされます。

昨年7月に国立がん研究センターにて発表された、2014年のがん羅患数・死亡数の予測では、約88万人のがん患者に、約37万人が死亡するという予測が出ており、胃がん・肺がん・大腸がんだけで35万人以上が癌にかかっていると言われています。今や3人に1人ががんになると言われている現代社会において、がんの予防や代替医療はいち早く押し進めていかなければいけない研究領域であると本編集部は考えております。モニター自体は非常に簡単なものになりますので、フコイダンのような様々な良い研究結果が出ている成分が自分に合うと分かる事で、様々な健康課題を持つ多くの方々の助けになればと考えておりますので、多くの方々からのご参加をお待ちしております。

※本試験はサウスプロダクト社の厳正な検査基準の元おこなわれるもので、特定の商品について効果があるなどと謳うものではありません。
※本試験は倫理委員会が設置された正式な治験であり、今後のフコイダン研究に活かされます
※本試験に関わる個人情報は、サウスプロダクト社にて厳重に管理・保護の上、その取り扱いにつきましては、法令その他の規範を厳守しております。詳しくはコチラをご覧下さい(http://www.south-p.co.jp/privacy.pdf
※本試験において、がんになったら読むマガジンは企画立案を行う立場であり、本試験に直接関わるものではありません。

■お申込み : http://ganmaga.jp/archives/761
■お問合せ : http://ganmaga.jp/contact もしくはmail@ganmaga.jp
■申込期限 : 5月29日(金) ※先着となりますので、定員に達し次第締め切らせて頂きます
■試験の詳しい内容に関するお問合せはサウスプロダクト社へ直接ご連絡下さい。

会社名:株式会社サウスプロダクト
担当:高江洲(たかえす)、嘉手納(かでな)、雑喉(ざこう)
電話番号:098-982-1272
メールアドレス:south-product@nifty.com



プレスリリース提供:PRTIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る