• トップ
  • リリース
  • 参加型コミュニティサイト「セコリ百景」ローンチのこ゛案内

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

株式会社ブライトログ

参加型コミュニティサイト「セコリ百景」ローンチのこ゛案内

(PR TIMES) 2015年03月10日(火)16時18分配信 PR TIMES

表に出ない産地の風景を発信!生産者と消費者の新しい関係を作る参加型フ゜ロシ゛ェクト

この度、セコリキ゛ャラリーと株式会社フ゛ライトロク゛か゛協業をしまして、3 月 16 日に生産者と消費者の間に新しい繋か゛りを生む、新サーヒ゛ス「セコリ百景」をローンチすることとなりました。

セコリキ゛ャラリーはこれまて゛年間約 200 社の工場・工房の訪問取材を続けてきましたか゛、 新サイト「セコリ百景」て゛は、各産地の風土を体感し、魅力を深く掘り下け゛、 モノつ゛くりとモノか゛たりをより強く発信する為にキャンヒ゜ンク゛カーに乗って各産地へ取材に行くことに決めました。
[動画: http://www.youtube.com/watch?v=_vF2oWLvAuc ]

この度リリースする「セコリ百景」は、生産者と消費者の接点を「売買」という一点た゛けて゛なく、モノか゛たりに共感していたた゛き、モノつ゛くりを応援、体験、参加て゛きるコミュニティサイトて゛す。産地とネットを往来して、国内のモノつ゛くりに内包された数々のこた゛わりの風景を発信していきます。


[画像1: http://prtimes.jp/i/12941/1/resize/d12941-1-343301-1.jpg ]

[画像2: http://prtimes.jp/i/12941/1/resize/d12941-1-797081-3.jpg ]

[画像3: http://prtimes.jp/i/12941/1/resize/d12941-1-274478-2.jpg ]



■サービス概要
セコリ百景は「フ゛ロク゛サイト」と「ECサイト」の二部構成になっておりまして、 フ゛ロク゛サイトて゛は作り手の最終製品のみならす゛、その生産背景に焦点を当てていきます。「と゛んな作り手か゛、と゛ういう素材て゛、と゛のような想いを持ってものつ゛くりに取り組んて゛いるのか。」セコリ百景の伝え手か゛、各生産地て゛密着取材を行います。読者は普段表に出ない日本各地のモノつ゛くりの背景を知ることか゛て゛き、連携されたECサイトて゛は商品を オータ゛ーすることか゛て゛きます。

そして百景には「大使制度」というコミュニティ機能か゛あります。
消費者は「読者 ・買い手」という枠に 収まらす゛、モノつ゛くりやモノか゛たりに 共感を持ったら、「百景大使」となることか゛て゛き、

•産地 ・ 工場ツアーに参加
•作り手との交流会に参加
•サンフ゜ル商品の使用<br /> •商品開発会議に参加

参加型コミュニティサイト「セコリ百景」ローンチのこ゛案内 表に出ない産地の風景を発信!生産者と消費者の新しい関係を作る参加型フ゜ロシ゛ェクトetc...

百景大使となると、モノつ゛くりか゛完成して世に出る前の生産工程からモノつ゛くりに参加することか゛て゛きます。作り手への共感や応援という消費者の具現化することか゛難しかった想 いを

買うた゛けて゛はなく、参加する形て゛生産者と繋いて゛いきます。

■産地とネットを往来するサーヒ゛スを実現した協業<br />
【産地を巡り、風景を伝える役割 — Secori Gallery ( http://secorigallery.com ) 】 宮浦晋哉(ファッションキュレーター)
Secori Gallery代表。年間約200社の全国の工場・工房の訪問取材を続けなか゛ら、記事制作、商品 開発、産地活性なと゛に携わる。ものつ゛くりコミュニティスヘ゜ース「セコリ荘」を運営。

【生産者と消費者を繋け゛る役割 – 株式会社 フ゛ライトロク゛( http://www.brightlogg.com ) 】 大滝洋之(CEO/マネーシ゛ャー)と 那木丈裕(COO /設計者)によるWEBフ゜ロテ゛ュース企業。 インターネットて゛完結せす゛、ネットとリアルを結ひ゛つけることて゛、より高い価値を生み出すことをテーマに分野を問わす゛、活動中。



プレスリリース提供:PRTIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る