• トップ
  • リリース
  • 【新開発】「スメハラ」なんて言わせない。男の気になる第三のニオイ「ミドル脂臭」対応消臭加工繊維。

プレスリリース

  • 記事画像1

シキボウ株式会社

【新開発】「スメハラ」なんて言わせない。男の気になる第三のニオイ「ミドル脂臭」対応消臭加工繊維。

(PR TIMES) 2015年03月03日(火)11時30分配信 PR TIMES

汗臭・加齢臭に次ぐ第三のニオイ「ミドル脂臭」対応消臭加工繊維「スーパーアニエールM」を開発。

シキボウ(株)は、(株)マンダムとの共同取組により30〜40歳代のミドル男性における不快なニオイ(=ミドル脂臭)の<br /> 原因成分である「ジアセチル」に対し効果のある消臭加工技術「スーパーアニエールM」を開発しました。
[画像: http://prtimes.jp/i/12869/1/resize/d12869-1-744757-0.jpg ]



 当社は「健康快服」をコンセプトに、人にやさしく快適に使用していただける繊維素材づくりに取り組んでいます。機能加工が少なかった20年以上も前に発表した消臭加工「アニエール」は、1992年には幅広い臭い(アルカリ性臭から酸性臭)に対応する「スーパーアニエール」、1999年には加齢臭対応の「スーパーアニエール9」と常に進化を続け、業界で高い消臭効果を示す加工として幅広く認知されるにいたっています。
 そしてこのたび、ミドル脂臭対応消臭加工「スーパーアニエールM」を開発しました。
 ミドル脂臭とは、従来から知られている加齢臭とは全く異なるニオイで、30〜40歳代ミドル男性の頭部や首の後ろなどから発生する、アブラっぽい不快な臭いを指し、その臭いの原因成分が「ジアセチル」であることを
(株)マンダムが2013年に特定しました。また、その対策商品も2014年2月に発売され、話題の商品となっています。
 当社では、(株)マンダム技術開発センターとの共同取組みにより、ミドル脂臭の原因成分「ジアセチル」に対する消臭加工技術を開発しました。今まで培った加工技術から数百通りの加工方法を検討した結果、ジアセチルに対して消臭率90%以上の効果を発揮しつつ、一般的な使用に耐えうる消臭加工を確立しました。また、消臭試験に関しても既存の方法ではジアセチルに対する消臭効果を正確に測定することが出来ないことが分かり、独自の手法で検討を進めてまいりました。その結果、汗臭はもちろんのこと、ミドル脂臭の原因成分であるジアセチルにも高い消臭効果を示す加工「スーパーアニエールM」を作り上げることが出来ました。
 今後は、消臭加工繊維製品の販売を通じて、ミドル男性の積極的な体臭エチケット行動を推進するとともに、自他の体臭への悩みを低減し、やさしく快適な生活を送れる素材を開発していきます。

プレスリリース提供:PRTIMES

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る