• トップ
  • リリース
  • すかいらーく、三井ショッピングパーク ららぽーとTOKYO-BAYに新たなブランド『和ごはんとカフェ chawan』を4月22日(水)オープン

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4
  • 記事画像5

株式会社すかいらーく

すかいらーく、三井ショッピングパーク ららぽーとTOKYO-BAYに新たなブランド『和ごはんとカフェ chawan』を4月22日(水)オープン

(Digital PR Platform) 2015年04月21日(火)18時18分配信 Digital PR Platform

株式会社すかいらーく(本社:東京都武蔵野市、代表取締役社長兼CEO:谷 真)は、新ブランド『和ごはんとカフェ chawan(ちゃわん)』を三井不動産商業マネジメント株式会社が運営する「ららぽーとTOKYO-BAY」に、4月22日(水)にオープンいたします。

すかいらーくは創業以来、郊外のロードサイトを中心に出店してきました。現在、すかいらーく単体で展開する約2,600店舗にのぼり、そのうち約77%をロードサイド型店舗が占めています。一方、駅前などの繁華街の店舗は約17%、ショッピングセンターや駅ビルなどの商業施設内の店舗は約6%となっています。すかいらーくでは、ロードサイドの既存店を強化するとともに、新たな立地として駅前や商業施設にも戦略的に出店を進めています。

このたびららぽーとTOKYO-BAYに出店するにあたり、20〜40代女性をコアターゲットにした新ブランドを開発しました。

<特徴>
■野菜がたっぷりの栄養バランスのよい食事をカジュアルな雰囲気で楽しめるカフェ
 1食で5〜12種類の野菜が摂れます。 

■和洋中の枠にとらわれず、主菜と副菜でジャンルの違ったメニュー
 “ハレの場” で、 家庭ではなかなか味わえないとり合わせのメニューを提供します。
 魚の煮付と中華ちまき、パエリアの牡蠣フライ添えと香酢チキンなど、「おいしいものを少しずつ食べたい」という女性のニーズに対応しています。

■さまざまな地で採れ、その土地の気候風土で育まれ、受け継がれてきた食材を提供
 味噌汁は店舗でていねいに出汁をとり、旨みをしっかり引き出すなど手間をかけて調理しています。


すかいらーくでは、今後もショッピングセンターや駅施設などの商業施設に合わせた店舗開発を進めていきます。


≪和ごはんとカフェ chawan概要≫
■店舗名:和ごはんとカフェ chawan
■所在地:〒273-8530 千葉県船橋市浜町 2-1-1 ららぽーとTOKYO-BAY 南館3F
■アクセス:JR南船橋駅下車 徒歩5分
      京成船橋競馬場駅 南口下車 徒歩10分
■オープン日:2015年4月22日(水)
■営業時間:月〜木 11:00〜22:30(ラストオーダー22:00) 
金土日祝 11:00〜23:00(ラストオーダー22:30)
■電話番号:047-420-7581
■席数:81席(27卓)
■コアターゲット:20〜40代女性
■URL:http://www.skylark.co.jp/chawan/
■主なメニュー
 [お肉]サクサク鶏竜田 塩レモンとおろしポン酢 1,080円(税抜)
 [お魚]かれいの煮付けと中華ちまきのLunch仕立て 1,280円 (税抜)
 [Bowls]温玉カルボナーラ炒飯とまろやか香酢チキン 1,280円(税抜)
 [Combination]焼き立てリコッタパンケーキ・フルーツプレート マスカルポーネクリーム添え 1,180円(税抜)
■店舗イメージ
 ゆったりした店内の見えるエントランス
 居住性にこだわり、くつろげる空間
 木のぬくもりが感じられる店内

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る