• トップ
  • リリース
  • お客様1人1人の声を聴き、お客様に愛される店舗づくり。お客様と店舗がつながる マクドナルド「KODO」(鼓動)2015年4月21日(火)より国内全店舗に拡充

プレスリリース

  • 記事画像1

日本マクドナルド株式会社

お客様1人1人の声を聴き、お客様に愛される店舗づくり。お客様と店舗がつながる マクドナルド「KODO」(鼓動)2015年4月21日(火)より国内全店舗に拡充

(Digital PR Platform) 2015年04月21日(火)16時46分配信 Digital PR Platform

日本マクドナルド株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長兼CEO:サラ・エル・カサノバ)は、現在、熊本県内と埼玉県内の店舗(計211店舗)でトライアルを実施しているスマートフォンベースのアプリケーション「KODO」(読み方:コド)を、2015年4月21日(火)より国内の全店舗(約3,100店舗)に拡充します。

日本マクドナルドではこれまで、覆面調査等による店舗サービスの定点観測(マクドナルドが設けた自主基準での調査)を行ってきましたが、新たに「お客様基準」で店舗を評価していただくスマートフォンアプリ「KODO」 (読み方:コド)を導入します。お客様がスマートフォンのアプリケーションを通じて店舗へ直接的にご意見をいただくKODOを導入することにより、各店舗とお客様一人ひとりとのつながりを作ります。KODOが店舗で働く店長・マネジャー・クルーとつながるツールとなることで、今まで以上に店舗QSC(クオリティ、サービス、クレンリネス)を向上させ、より良い店舗体験のご提供を通じて、マクドナルドに対する信頼の向上を図ります。

≪「KODO」の概要≫  
海外のマクドナルドで運用されていたアンケートシステムを、よりお客様に使いやすく効果的に改良したのが、日本マクドナルドが作り上げた「マクドナルド KODO」です。お客様の評価基準に沿ったアンケート項目を設定し、フリーコメント(自由記述)で店舗で感じたご感想やご意見を自由に記述できるようになっています。 回答されたアンケートはオンラインシステムを通じて店舗にてすぐに確認できます。本社を介さずに店舗裁量ですぐに改善への行動を起こすことが可能です。

≪「KODO」の利用の流れ≫ 
(1)ご来店
(2)商品を購入後、QRコードもしくはApple Store/Google Playから「McDonald’s KODO」をダウンロード
(3)アプリケーションからアンケートに回答 (自由記述と5段階評価など、全体で所要時間2分程度) 
(4)アプリケーションの謝礼画面に無料クーポンが届く (マックフライポテトS or ドリンクS or ソフトツイスト)
(5)ご回答いただいた店舗で無料券を利用(翌日から利用可能)
(6)マクドナルド各店舗が受領したアンケート内容を確認
※一店舗に対し月に一回利用可能、また一日につき一店舗のご利用となります。
※無料クーポンは発行後2週間が使用期限です。ご利用には商品購入が条件です。
※お客様からのアンケートに対して個別回答をお届けする機能はございません。

関連リンク
マクドナルド公式ホームページ
http://www.mcdonalds.co.jp/

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る