• トップ
  • リリース
  • ネットワンシステムズ、1988年の創業から現在・未来にわたるネットワーク技術の進展とネットワンシステムズの取り組み・貢献・挑戦を紹介するWebコンテンツをオープン

プレスリリース

  • 記事画像1

ネットワンシステムズ株式会社

ネットワンシステムズ、1988年の創業から現在・未来にわたるネットワーク技術の進展とネットワンシステムズの取り組み・貢献・挑戦を紹介するWebコンテンツをオープン

(Digital PR Platform) 2015年04月21日(火)10時00分配信 Digital PR Platform

〜匠の技術と心で、クラウドも、IoTも、社会も、「つなぐ・むすぶ・かわる」〜

 ネットワンシステムズ株式会社(本社:東京都千代田区、代表取締役 社長執行役員:吉野 孝行、以下 ネットワンシステムズ)は、本日、1988年の創業から現在・未来にわたる、ネットワーク技術の進展とネットワンシステムズの取り組み・貢献・挑戦を紹介するWebコンテンツ「NET ONE STORY」を公開いたしましたのでお知らせいたします。

「NET ONE STORY」
http://www.netone.co.jp/netone_story/

 ビジネスや生活は、ネットワークを基礎としたICTの進化で大きく変化しています。まずコンピュータ同士がネットワークでつながり、それらネットワークが相互接続されることでインターネットが広がり、その上で音声・動画を用いたコミュニケーションが可能となり、さらにクラウドによって多くの人々が様々なサービスを簡単に活用できるようになりました。

 「NET ONE STORY」では、日本のコンピュータ・ネットワーク黎明期の様子から、インターネットの爆発的普及、そして現在のクラウドの利活用にわたって、技術の進展に応じて7つの時代に分け、当時の技術・製品や社員のインタビュー動画を交え、各時代におけるネットワンシステムズの取り組みや挑戦、そしてICT社会への貢献を紹介しています。

 ネットワンシステムズは2013年から、コーポレートロゴを「匠」の漢字をモチーフとしたものに一新し、ブランドスローガンを「つなぐ・むすぶ・かわる」としています。
 コンピュータ・ネットワーク黎明期におけるネットワンシステムズの価値は、従来は接続できなかった異なるメーカーのネットワーク製品同士を、高度な「匠」の技術で“つなぐ”ことでした。そして、創業から27年を経て社会がICT化した現在も、この“つなぐ”価値は変わることなく更に重要性を増し、ネットワンシステムズは、クラウド同士やIoT(Internet of Things:モノのインターネット)も“結び”、社会を“変えて”いくという、新しい領域へ挑戦しようとしています。

 今後もネットワンシステムズは「匠の技術と心」を貢献の源泉として、ICTの利活用によるワークスタイル変革や新しい形態のクラウド環境の整備を、進化するネットワーク技術で実現してまいります。

■ 「NET ONE STORY」の内容
01:1988-'91 ネットワンシステムズ誕生 / ネットワーク・インテグレータの時代(PC-LAN)
エピソード1:「汎用ネットワーク」をつなぐのは誰か
エピソード2:ネットワーク接続は難易度の高いゲームだ
エピソード3:同じカルチャーを共有するシスコとネットワン
エピソード4:全てのネットワークをつなげる「匠」誕生
インタビュー:優れたネットワークは匠の「作品」である

02:1992-'94 社会インフラとしてのインターネット、台頭 / ネットワーク多様化の時代(CAMPUS NETWORK)
エピソード1:「匠」の目に映るパケットとトラフィックの未来
エピソード2:年中無休。業界初のリモート運用監視サービス
エピソード3:業界初のアドレス変換ゲートウェイ
インタビュー:トラブルをチャンスと捉え真っ向勝負する

03:1995-'99 インターネットの急激な普及、そして阪神・淡路大震災 / IP通信とセキュリティの時代(INTERNETの登場)
エピソード1:インターネット注目のきっかけとなった1995年
エピソード2:OSI参照モデル全層を押さえている強み
エピソード3:次世代ネットワーク対応のギガビットスイッチ
インタビュー:ウェブを利用した情報発信、急速に広がる

04:2000-'03 ハードをつなぐ匠から多重化、制御の匠へ / ネットワークユーティリティの時代
エピソード1:TCP/IPネットワークに音声が乗る時代へ
エピソード2:音声、動画、UC、そして未来へ
エピソード3:仮想化、クラウドへとつながる鍵の発見
インタビュー:文化を継承する鍵は「真摯であること」

05:2004-'07 ITバブル崩壊後 波瀾の時代を堅守する / WEB2.0の時代
エピソード1:ウェブ2.0という風を感じ、今に耐え、未来を読む
エピソード2:ついに見えてきた、クラウドという方法
エピソード3:技術の連携により、新サービスを生み出す
エピソード4:「集中制御型ワイヤレスLAN」という未来
インタビュー:物理層からクラウドまで熟知している強み

06:2008-'10 クラウド・コンピューティングへの疾走 / 仮想化からクラウドの時代
エピソード1:クラウド・コンピューティングのさらにその先へ
エピソード2:クラウド時代に求められるセキュリティとは
エピソード3:データセンターは仮想化で生まれ変わる
エピソード4:「垂直統合」という新しいトレンドへ
インタビュー:仮想化がもたらした物理サーバからの解放

07:2011-'15そして未来へ ネットワンには「未来の素」が詰まっている / クラウド+IoTの時代へ
エピソード1:災害対策にも活きる、ICTの潜在能力
エピソード2:「ソリューション提案型企業」への進化
エピソード3:「匠」が拓く、ネットワークの未来
エピソード4:クラウド環境をよりオープンなものとするために
インタビュー:「温かいICT」が生み出す新しい価値
ダイアログ:ネットワン・スピリットとICTの未来を語る


<ネットワンシステムズ株式会社について>
ネットワンシステムズ株式会社は、お客様の情報インフラを最適化することで戦略的な情報活用を促進し、ご導入頂くお客様の先のお客様への貢献も見据えて支援する企業です。そのために、常に世界の最先端技術動向を見極め、その組み合わせを検証して具現化するとともに、実際に自社内で実践することで利活用のノウハウも併せてお届けしています。
(設立:1988年2月、売上高:1,424億27百万円〔2014年3月期連結〕)
詳細は www.netone.co.jp をご覧ください。

※記載されている社名や製品名は、各社の商標または登録商標です。

<本件に関する報道関係各位からのお問い合わせ先>
ネットワンシステムズ株式会社 広報・IR室:西田武史
Tel:03-6256-0616 / E-mail:media@netone.co.jp

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る