• トップ
  • リリース
  • ドナルド・マクドナルド・ハウス40周年 チャリティ促進運動 病気と闘う子どもたちと、その家族を応援 「スマイルソックス キャンペーン」実施

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2

日本マクドナルド株式会社

ドナルド・マクドナルド・ハウス40周年 チャリティ促進運動 病気と闘う子どもたちと、その家族を応援 「スマイルソックス キャンペーン」実施

(Digital PR Platform) 2015年04月20日(月)12時40分配信 Digital PR Platform

2015年4月28日より、全国のマクドナルド店舗で300円以上を募金した方に「スマイルソックス」を差し上げます


公益財団法人 ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパン(理事長:柳澤正義 以下、DMHC)と、日本マクドナルド株式会社(本社:東京都新宿区、代表取締役社長兼CEO:サラ・エル・カサノバ)は、病気と闘う子どもたちとその家族のための滞在施設「ドナルド・マクドナルド・ハウス」が世界で40周年となったことを記念し、さらに多くの方に「ドナルド・マクドナルド・ハウス」の活動と支援の必要性を広く知っていただくために、共同で「スマイルソックス」キャンペーンを実施します。キャンペーン実施期間中、マクドナルド店頭で300円以上を募金してくださった方に、支援の証である「スマイルソックス」を差し上げるほか、様々な告知活動を行います。

「スマイルソックス」キャンペーンとは
全国のマクドナルド店舗(※一部を除く)にて実施いたします。「ドナルド・マクドナルド・ハウス」の活動にご理解をいただき、店頭で300円以上を募金してくださった方へ「スマイルソックス」を差し上げます。
鮮やかな赤と白のストライプで彩られた「スマイルソックス」は大人用と子ども用の2サイズがあり、ご家族でも履いていただけます。同様のソックスは世界各国のマクドナルドの「ドナルド・マクドナルド・ハウス」支援キャンペーンでも使用されました。世界各国で赤と白のストライプでの支援の輪が広がっています。

「ドナルド・マクドナルド・ハウス」が支える“遠距離看病”の家庭
最適な治療のために、自宅から遠く離れて入院する子どもたち
難病と闘う子どもたちは、日本中に約20万人いると言われています。公益財団法人ドナルド・マクドナルド・ハウス・チャリティーズ・ジャパン(以下DMHC)が2014年12月に実施した調査では、子どもを持つ親のうち、子どもの入院を経験した方は37.5%。そのうち自宅から病院までの距離が2時間以上離れた“遠距離看病”のケースは2.1%(50家族に1家族)ありました。
“遠距離看病”中の親には、時間や体力の負担、経済的負担などが重くのしかかります。「ドナルド・マクドナルド・ハウス」はそのような家族が子どもに付き添いやすいよう、1日1人1,000円で病院の近くに滞在できる施設として運営されています。「スマイルソックス」キャンペーンで得られた募金は、全額DMHCに寄付されこのハウスために役立てられます。

関連リンク
マクドナルド公式ホームページ
http://www.mcdonalds.co.jp/

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る