• トップ
  • リリース
  • ライカ マイクロシステムズが、金属解析用倒立顕微鏡 ライカDMi8 M/C/A を発表

プレスリリース

  • 記事画像1
  • 記事画像2
  • 記事画像3
  • 記事画像4

ライカ マイクロシステムズ株式会社

ライカ マイクロシステムズが、金属解析用倒立顕微鏡 ライカDMi8 M/C/A を発表

(Digital PR Platform) 2015年04月16日(木)17時38分配信 Digital PR Platform

金属試料・電子部品などの観察・検査を効率化、より正確に、精度高く。

ライカマイクロシステムズ株式会社は、(社長:上野 隆、東京都新宿区)は、金属解析用倒立顕微鏡 ライカ DMi8 M/C/Aを発表しました。

ライカDMi8 M/C/Aは,インテリジェント機能を備え、金属材料の組織観察や検査現場での顕微鏡観察作業性を向上。
誰でも簡単にきれいな顕微鏡像を得ることができます。
またデジタルカメラと画像解析システムのシームレスな連携により、簡易な測定から、二値化処理による画像解析、
JIS/ISO規格に準拠した粒界の検出・解析などまで、幅広くサポートします。


● 技術者ごとに測定結果にばらつきがある。
● 解析までに時間がかかる。
● レポート作成に時間がかかる

などお困りの方に、ライカDMi8 M/C/Aは広くサポートいたします。


【製品情報】

・ライカ最新の光学系によるシャープでクリアな顕微鏡像
 顕微鏡のライカだから、画像処理前の顕微鏡像自体が高画質。

・簡単でミスのないコーディング機能
 倍率ごとのキャリブレーションを取る必要がありません。ミスのない計測がいつでも可能。

・再現性、作業性に優れたインテリジェント機能
 ワンボタン、ワンタッチ操作で、面倒な顕微鏡操作・調整が可能

・多彩なサポート&解析ソフトウエア
 技術者ごとに測定結果にばらつきが出やすい各種解析を、各種ソフトウェアにより自動化、標準化。

【お問い合わせはこちら】
http://www.sotuu.net/leica-microsystems/dmi8_c_a.html

【製品ページはこちら】
http://goo.gl/wz0Xd0
ライカ マイクロシステムズは、顕微鏡および科学機器分野における世界的なリーディングメーカーの一つです。19 世紀に家族企業としてスタートしたライカ マイクロシステムズは、そのグローバル企業へと発展する歩みの中で比類ない革新技術を次々と世に送り出してきました。
歴史的に科学の世界と緊密に連携することで、ライカ マイクロシステムズの革新技術を生み出す伝統が形作られてきました。お客様の意図するところを汲み取り、その要件に合わせて最適なソリューションを提供しています。ライカ マイクロシステムズはライフサイエンス、インダストリアル、メディカルの 3 つのビジネス部門に分かれてグローバルに活動しており、そのいずれでもマーケットリーダーとして位置付けられています。
ドイツのウェッツラーに本社を置くライカ マイクロシステムズは世界 100 カ国以上で事業活動を展開し、5 カ国に 6 の製造拠点、20 カ国に販売・サービス組織を擁し、世界的な販売網を構築しています。


本件に関するお問合わせ先
ライカ マイクロシステムズ株式会社
ライカマイクロシステムズ株式会社 マーケティング部
169-0075 東京都新宿区高田馬場1-29-9
TEL:03-6758-5680
FAX:03-5155-4336
lmc@leica-microsystems.co.jp

関連リンク
金属解析用倒立顕微鏡 ライカDMi8 M/C/A
http://goo.gl/wz0Xd0

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る