プレスリリース

  • 記事画像1

キリンビール株式会社

「SPRING VALLEY BREWERY TOKYO」が4月17日(金)にオープン!

(Digital PR Platform) 2015年03月18日(水)19時39分配信 Digital PR Platform

〜体験型店舗などスプリングバレーブルワリーの詳細が決定〜

キリンビール株式会社(社長 布施孝之)とスプリングバレーブルワリー株式会社(社長 和田徹)は、「ビールにワクワクする未来を」をテーマとした活動の象徴的な取り組み「SPRING VALLEY BREWERY」で展開する、直営の体験型ブルワリー併設店舗「SPRING VALLEY BREWERY TOKYO」を4月17日(金)11時から代官山の「LOG ROAD DAIKANYAMA(ログロード代官山)」内にオープンします。

また今回、「SPRING VALLEY BREWERY TOKYO」および「SPRING VALLEY BREWERY YOKOHAMA」両店舗での画期的なビール体験をはじめとしたスプリングバレーブルワリーの詳細を決定しました。当社はこの取り組みにより、お客様とのコミュニケーションを通じて、ブランドとコミュニティの共創を図り、未来に向けた新しいビール文化を創造します。

「SPRING VALLEY BREWERY」東京・横浜の両店舗では、6種類の通年コアアイテムや限定ビールなど多種多彩なこだわりのクラフトビールを楽しめます。さらに、「ビア・サプライズ(驚きのビール体験)」をテーマに、ビアインフューザー※1によるカスタマイズビールや、ビールとフードとのペアリングを楽しめるほか、歴史やビールづくりについて体感できる内装や展示、ユニークなクラフトビール醸造設備など多くのコンテンツを次々に展開していきます。

そのほか、ビールや食にまつわるセミナーやワークショップの開催、つくり手との対話とそこから生まれる新たな未来のビールの共創など、ビールについてあまり知識のない方から興味・関心の強い方まで、広く満足いただける場を提供します。

オープンに際しては、「SPRING VALLEY BREWERY TOKYO」オープン記念限定醸造ビール「First Crossing」(ファーストクロッシング 〜一号踏切〜)を当店限定で提供します。

※1 ホップやフルーツなどの自然素材にビールを通液することで、香りや風味を付加し、自分好みにカスタマイズしたオリジナルビールを作ることができる、「SPRING VALLEY BREWERY」のためにキリンのパッケージング技術研究所がオリジナルで開発した装置。

また、キリンが運営するオンラインショップ「DRINX」(ドリンクス)では、両店舗のオープンに合わせて、4月17日より「SPRING VALLEY BREWERY」の6種類の通年コアアイテムを毎月1アイテムずつ追加しながら販売していきます。詳細はWebサイト(http://www.drinx.jp)および、「DRINX」会員様へのお知らせで確認いただけます。

キリンビールでは、ビールの未来をお客様とともに創造する「SPRING VALLEY BREWERY」をはじめとして、中長期的にビールをより魅力的にしていくための活動を展開していきます。キリングループは、あたらしい飲料文化をお客様と共に創り、人と社会に、もっと元気と潤いをひろげていきます。



本件に関するお問合わせ先
キリンビール株式会社

164-0001 東京都中野区中野4-10-2中野セントラルパークサウス

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る