• トップ
  • リリース
  • あらゆるビジネスに「ファンづくり」が必要な時代。経営者の“手書きのお手紙”『売れるラブレター』に、エンドユーザーから“共感”の声が集まっています!!

プレスリリース

株式会社ケイ・ネット

あらゆるビジネスに「ファンづくり」が必要な時代。経営者の“手書きのお手紙”『売れるラブレター』に、エンドユーザーから“共感”の声が集まっています!!

(DreamNews) 2015年04月20日(月)10時00分配信 DreamNews

マーケティング・ブランディングを業務とする、株式会社ケイ・ネット(所在地:大阪市 代表取締役:村田佳子 URL http://www.k-nt.jp )が企画・制作を手がける販促ツール『売れるラブレター』が、企業の「ファンづくり」施策において大変好評をいただいています。クライアントの元に届いた、エンドユーザーからの反響の声をまとめましたので2015年4月20日に発表いたします。

株式会社ケイ・ネットが企画・制作を手がける販促ツール『売れるラブレター』についてクライアントの元に届いた、エンドユーザーからの反響の声をまとめましたので2015年4月20日に発表いたします。

■お手紙でお電話で、「感動しました!」「応援します!」という反響が届いています!

今や80%を超える企業がソーシャルメディアを活用している時代。
しかし一方で、中小企業を中心に、「営業効果が見えない」という課題の声も多く挙がっています(※)。

そんな中、ソーシャルメディアにはない、
”手書き”という親近感のある手法でエンドユーザーの共感を集めているのが
『売れるラブレター』と呼ばれる経営者からのお手紙です。


《エンドユーザーからクライアントに届いた反響(一部)》

・会社について
「お手紙を読み、愛情・真心を感じ涙があふれました」
「誠心誠意(仕事に)取り組む姿勢に感動しました!」
「今までよりも(会社のことを)好きになりました!」
「商品開発に対する姿勢や苦労に感動」

・商品について
「こんなに想いを込めてつくられた商品は信用できます」
「一生、商品を買い続けます!」
「商品に対する誠実な気持ちが伝わった」


経営者が歩んできた半生、商品開発に捧げた情熱、どこにも負けない自社の強み、未来のヴィジョン…、
『売れるラブレター』に綴られているのは、広告や他の販促ツールでは語られることのない、深い”想い”。
その人、その会社だけの想いや強みを感動のストーリーでお伝えし、
着実に「ファン」を増やしており、『売れるラブレター』に対するクライアントの満足度も向上しています。


※:2014年6月 NTTコム「企業におけるソーシャルメディア活用の調査より」
『売れるラブレター』の企画・制作を手がけているのは、
20年以上にわたり通販マーケティング・ブランディングに携わってきた
株式会社ケイ・ネット(所在地:大阪市 代表取締役:村田佳子)。

「従来の広告効果が落ちてきた…」といわれて久しい現在、
ビジネス成功に不可欠なのが、
会社や商品・サービスの価値に共感してくれる息の長い顧客を増やすこと、
つまり、「ファンづくり」です。

『売れるラブレター』は、
商品・サービスのスペックではなく、
企業の想いや姿勢で他社と差別化することを目的とした
「ファンづくり」のためのツール。

ダイレクトメール、手渡し、ポスティングと活用方法は各社様々。
現在、通販会社、不動産会社、ホームセキュリティ会社、ビジネス専門学校…と、
業界を超えて様々な企業が導入を始めています。


●ケイ・ネットの『売れるラブレター』詳しくは 
URL http://www.k-nt.jp/works/page01.html

●たくさんの『売れるラブレター』が読めるサイト『幸せのヒントがみつかるラブレター』 
URL http://shiawase-loveletter.com/


【会社概要】
会社名:株式会社ケイ・ネット
代表者:代表取締役 村田 佳子
所在地:大阪市北区万歳町4-12浪速ビル東館7F
TEL:06-6315-3001
FAX:06-6315-3005
URL:http://www.k-nt.jp
E-Mail:office@k-nt.jp
事業内容:売れるラブレター事業/売れるブランディング事業/プロモーション事業

【本件に関するお問い合わせ】
会社名:株式会社ケイ・ネット
担当者:瀬島 拓也 
TEL:06-6315-3001
FAX:06-6315-3005
E-Mail:office@k-nt.jp


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る