• トップ
  • リリース
  • 新製品 オーディオ & ビジュアル分野でのワーク・フローを強力にサポートするデスクトップ型ストレージ「Qualest Salva-1226cシリーズ および Salva-1238cシリーズ」の御紹介

プレスリリース

株式会社クォーレスト

新製品 オーディオ & ビジュアル分野でのワーク・フローを強力にサポートするデスクトップ型ストレージ「Qualest Salva-1226cシリーズ および Salva-1238cシリーズ」の御紹介

(DreamNews) 2015年04月13日(月)15時00分配信 DreamNews

株式会社クォーレスト(本社:東京都千代田区 代表取締役:黒川 博生)では 新製品 オーディオ & ビジュアル分野でのワーク・フローを強力にサポートするデスクトップ型ストレージ「Qualest Salva-1226cシリーズ&Qualest Salva-1238cシリーズ」を、2015年4月より販売を開始致しました。

◆製品のご紹介◆
この度ご紹介させて頂くQualest Salvaシリーズは、オーディオ & ビジュアル分野でのワーク・フローを強力にサポートする、PCベースのデスクトップ型ストレージです。
多くのストレージOSをサポートし、アプリケーションに最適なCPUパワーと、ストレージ規模をチョイスして頂ける様、LGA-1150ソケット対応の第4世代Intel Core i3シリーズCPUとIntel Xeon E3-1200 v3シリーズCPUに対応したモデルがラインナップされています。6基または8基のホットスワップ対応トレーレス・リムーバブルベイを使用して、30TBを超えるストレージ(未フォーマット時)容量をカバーする、RAIDおよびJBOD環境が容易に構築できます。ドライブの挿抜時に工具が不要なトレーレス方式のドライブベイを採用しており、メンテナンスが非常に容易です。奥行き40cm以下のコンパクトなシャーシと静音性に優れたシステム・デザイン、IPMI 2.0システム管理コントローラが、ワーキング・スペースの自由なレーアウトを可能にします。付属のラックマウント・コンバート・アクセサリーを使用して、ラックマウント・モデルとしての運用も可能です。
Salva-1226cおよびSalva-1238cシリーズは、それぞれEIA規格2Uおよび3Uシャーシと同等のシステム高に仕上げられており、Salva-1226cシリーズでは6基、Salva-1238cシリーズでは8基のホットスワップ対応のトレーレス・リムーバブルベイを装備しています。
Intelラピッド・ストレージ・テクノロジーやマトリックス・ストレージ・テクノロジーなど、最新技術をサポートしたサーバー用チップセットIntel C222 PCHを搭載しています。最大4コア8スレッドの並列演算処理を可能にするIntelハイパー・スレッディング・テクノロジー、最大32GB(1)のDDR3 1600MHzメモリーのサポート、最大8MBのCPU内蔵キャッシュ・メモリー、Intel Turbo Boost Technology 2.0のサポートなどにより、高速64bitマルチコア演算環境を実現します。
Adaptec社、Areca社、LSI社ほか、主要RAIDコントローラ・ベンダーの6Gbps RAIDコントローラが選択可能で、必要に応じたRAIDレベルでのデータ・ボリュームの構築、高速・高信頼SASディスクの使用、RAID構成ディスクのホットスワップ化、ホットスペアー機能の導入、データのバッテリー・バックアップなど、高度で柔軟なデータ保護環境と管理機能(2)が導入できます。さらに、システム拡張バスとしてx16バス1本とx8バス1本が利用可能で、10GbEネットワーク・カードや高速通信アダプターが増設できます。

◆優れた拡張性と仮想環境構築◆
各種外部周辺機器やバックアップ・メディアとの接続用インターフェイスとして、4ポートのUSB 3.0ポートと1チャンネルのシリアルポートを装備し、Intel i210AT を使用したデュアル・ギガビット・イーサネット(GbE)LANポートを装備しています。FreeNASなどの無償ストレージOSをはじめ、Windows Storage Server(WSS)やOpen-E DSS などの、高性能・高機能ストレージOSをサポートしており、OSはUSB接続Flashメモリー、SATA DOMまたは2.5インチHDD/SSD(ミラー可)から起動できます。データとOSを分離することで、システム運用とデータ管理が容易になり、短時間での障害復旧が可能です。
仮想化支援技術Intel Virtualization Technology(VT-x)、Virtualization for directed I/O(VT-d)をサポートしており、VMware ESXi 5.5やIntel Hyper-Vなどの仮想化ソフトウェアを使用した、ストレージの仮想化が可能です。

◆IPMI 2.0をサポート◆
WEBブラウザを使用してシステムの遠隔操作を可能にする、IPMI 2.0システム管理コントローラと、専用GbE LANポートを装備しています。システムの起動や停止、CPUの温度や各種パラメータのモニタリング、BIOSのアップデート、KVM over IPを利用したバーチャルメディアからのOSインストール等が行えます。

(1) 使用OSにより4GBまでに制限される場合があります。
(2) 使用可能なRAIDレベルやRAID機能は、使用するRAIDコントローラに依存します。

ホームページにて、システム構成に関する詳細を掲載しております。
また、製品PDFもご用意させて頂いておりますので、ご利用頂ければ幸いです。
ホームページのURLは以下をご参照下さい。

Qualest Salva-1226cシリーズ
http://www.qualest.co.jp/contents/storage/Salva-1226c.shtml

Qualest Salva-1238cシリーズ
http://www.qualest.co.jp/contents/storage/Salva-1238c.shtml

【会社概要】
■会社名 株式会社クォーレスト
■代表者 代表取締役 黒川 博生
■創 立 平成5年10月8日
■所在地 東京都千代田区神田小川町2-4 ユニオンビル4F
■TEL 03-3251-0871
■FAX 03-3251-0872
■URL http://www.qualest.co.jp

【本件に関するお問い合わせ】
■会社名 株式会社クォーレスト
■担当者 後藤 政美、松枝 秀樹
■TEL 03-3251-0871
■FAX 03-3251-0872
■E-Mail sales@qualest.co.jp


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る