• トップ
  • リリース
  • 4/10(金)eラーニング『職場のハラスメント予防(知らないと損する法律講座)』開講!

プレスリリース

株式会社キバンインターナショナル

4/10(金)eラーニング『職場のハラスメント予防(知らないと損する法律講座)』開講!

(DreamNews) 2015年04月10日(金)18時00分配信 DreamNews

株式会社キバンインターナショナル(東京都千代田区・代表取締役 中村央理雄)は、4/10(金)、eラーニング『職場のハラスメント予防(知らないと損する法律講座)』を開講しました。本講座ではパワー・ハラスメント、セクシャル・ハラスメントの概要と、法律的に違法となる事例、裁判例をあげ、企業内での予防策を学びます。お申し込みはhttp://elearning.co.jp/?page_id=16657から。

株式会社キバンインターナショナル(東京都千代田区・代表取締役 中村央理雄)は、4/10(金)、eラーニング『職場のハラスメント予防(知らないと損する法律講座)』を開講しました。

ハラスメント(Harassment)とはいろいろな場面での『嫌がらせ、いじめ』を言います。その種類は様々ですが、他者に対する発言・行動等が本人の意図には関係なく、相手を不快にさせたり、尊厳を傷つけたり、不利益を与えたり、脅威を与えることを指します。

本講座では、企業内で問題となる、パワー・ハラスメント、セクシャル・ハラスメントについての講義と、法律的に違法となる事例、裁判例をあげて、企業内での予防策を学びます。

お申し込みは http://elearning.co.jp/?page_id=16657から。

【講座名】
職場のハラスメント予防(知らないと損する法律講座)

【職場のハラスメント予防(知らないと損する法律講座) サンプル講座】
https://www.youtube.com/watch?v=LOfhuzcxwkM

【講座概要】
弁護士佐久間大輔の【知らないと損する法律講座】シリーズ」は、「債権」「不動産」「事業承継」「ビジネス契約」等のテーマにおいて、関連する法律知識やトラブルの対処法を分かりやすく学べる講座となっております。
ハラスメント(Harassment)とはいろいろな場面での『嫌がらせ、いじめ』を言います。その種類は様々ですが、他者に対する発言・行動等が本人の意図には関係なく、相手を不快にさせたり、尊厳を傷つけたり、不利益を与えたり、脅威を与えることを指します。

本講座では、企業内で問題となる、パワー・ハラスメント、セクシャル・ハラスメントについての講義と、法律的に違法となる事例、裁判例をあげて、企業内での予防策を学びます。

開講済み講座
・債権を回収するには http://elearning.co.jp/?page_id=14373
・不動産オーナーの為のトラブル対処法 http://elearning.co.jp/?page_id=14379
・事業承継を円滑にする方法 http://elearning.co.jp/?page_id=14381
・ビジネス契約 有利・不利のポイント http://elearning.co.jp/?page_id=15094
・労働災害予防 http://elearning.co.jp/?page_id=15906
・過労死、精神疾患予防 http://elearning.co.jp/?page_id=15910

【講師 佐久間大輔 プロフィール】
1970年生まれ、1993年中央大学法学部卒業、1997年東京弁護士会にて弁護士登録、2013年つまこい法律事務所開設。労災・過労死事件を中心に、労働事件、一般民事事件を扱う。日本労働法学会所属。
過労死や労災、労働問題について執筆。以下、単行本を紹介。

・過労死時代に求められる信頼構築型の企業経営と健康な働き方(労働開発研究会、2014年)
・【シリーズ働く人を守る】精神疾患・過労死(中央経済社、2012年)
・労災・過労死の裁判(日本評論社、2010年)
・問題解決労働法7 安全衛生・労働災害(旬報社、2008年)
・現代労働裁判の実践と理論(共著、旬報社、2008年)
・労働法の諸問題(共著、商事法務、2005年)

労働者や使用者向けに、労災・過労死、安全衛生・メンタルヘルスなどについて講演をした一例。
・最近の過労死裁判例と企業の補償・予防義務(東京社会医学研究センター)
・精神障害労災認定基準と最近の動向(全日本民主医療機関連合会)
・安全衛生・労働災害をめぐる法律問題、過労死・メンタルヘルスをめぐる法律問題(東京都労働相談情報センター)
・最近の過労死裁判例と企業の補償・予防義務(メンタルリスク・マネジメント・セミナー)
・労災・過労死事案の損害賠償訴訟の実務(東京三弁護士会)

【受講対象者】
企業で総務人事、労務、法務に携わる方、経営者、管理職

【価格】
約1,800円(税込)

【目次】
パワーハラスメント、いじめ(定義、厚生労働省
精神障害の労災認定基準
加害行為1
加害行為2
使用者責任
セクシャルハラスメント
違法性の判断基準
裁判例
セクハラ防止等の措置
使用者の義務の内容
就業規則 パワハラ行為の具体化

【講座収録時間】
約72分

【受講可能期間】
購入日より365日間

【学習可能デバイス】
PC(Windows・Mac両対応)・iPhone・iPad・Android端末対応
(※端末・環境により閲覧できない場合があります。無料体験で予めご確認頂けます。)

【講座のお申込み・無料体験・お問い合わせ】
http://elearning.co.jp/?page_id=16657
■その他、様々なOS、ブラウザ対応のeラーニングコンテンツも多数取り揃えております。
http://elearning.co.jp/?page_id=4697

【その他のお問い合わせ】
株式会社キバンインターナショナル http://www.kiban.jp
TEL: 03-5846-5800 E-MAIL:international@kiban.jp (担当: 田中)

【講師支援】
この講座は、eラーニングビジネス支援パックを活用して作成致しました。 eラーニングビジネス支援パックを利用することで、初期費用0円、継続費用0円でeラーニング講座を開講することが可能になります。詳しくは、以下のURLをご覧下さい。
http://contentsbank.jp/?page_id=5292

【キバンインターナショナルについて】
2009年7月に株式会社キバンから分離独立。eラーニング専門企業。6種類の教材作成ソフトを発売。2700社にeラーニング関係の製品を提供している。また、企業向け課金可能eラーニングシステムSmartBrainを提供している。2010年2月には、将来有望なベンチャー企業300選”VentureNow300″に選定された。 本プレスリリースについて本プレスリリース内容のコピー・転載は自由です。転載されましたら、ご一報いただけると幸いです。


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る