• トップ
  • リリース
  • 日本雑穀協会は、日本雑穀アワード<デイリー食品部門>を新設し、4月15日(水)からエントリー商品の受付を開始いたします。

プレスリリース

一般社団法人 日本雑穀協会

日本雑穀協会は、日本雑穀アワード<デイリー食品部門>を新設し、4月15日(水)からエントリー商品の受付を開始いたします。

(DreamNews) 2015年04月10日(金)14時00分配信 DreamNews

一般社団法人日本雑穀協会(会長 倉内伸幸/日本大学生物資源科学部教授)は、雑穀の未来を築く優れた食品を表彰する制度「日本雑穀アワード」のデイリー食品部門を新設し、4月15日(水)からエントリー商品の応募受付を開始いたします。

日本雑穀アワード2015 <デイリー食品部門> について

【新設の経緯】

日本雑穀アワードは、雑穀の健全な普及を目的として2011年に創設された、雑穀を使った優れた食品を表彰する制度です。

これまでに、30点を超える金賞商品をはじめ、数多くの優れた受賞商品が雑穀の普及に貢献してまいりました。
従来は、全国的に販売展開されているドライ加工食品が主な対象でしたが、この度、米飯やパン、スイーツ、チルド商品や季節限定、地域限定商品など、雑穀を使った優れたデイリー食品を通じて、雑穀のおいしさや魅力をさらに広くご紹介したく、デイリー食品部門を新設することといたしました。

日本雑穀アワード5年間の実績と信頼で、ひとつの選択基準を示し、雑穀を使った優れた食品の販売促進につなげます。


【開催概要】

1.スケジュール
募集期間:2015年4月15日(水)〜4月30日(木)
結果発表:2015年5月19日(火)

2.審査基準
1)おいしさ(味覚評価)、2)雑穀の生かし方、3)商品としての価値、4)雑穀普及への貢献

3.審査対象
雑穀を原材料に使用しているパン、スイーツ、弁当、おにぎり、惣菜、スープ、飲料などのデイリー食品。
(消費期限表示のある商品)

4.審査方法
ひとつの対象食品について、6名の雑穀アドバイザー、雑穀クリエイターが審査基準に基づき、20項目を5段階評価で厳正に審査を行い、評価点数に応じて、金賞、銀賞、銅賞を授与して表彰いたします。

(雑穀アドバイザー、雑穀クリエイターとは)
雑穀の特徴、栄養価や機能性、健康や美容との関係、調理やレシピ開発など、雑穀の幅広い知識やスキルを有する雑穀のスペシャリスト。現在までに、98名を認定しています。

日本雑穀アワード2015<デイリー食品部門> 公式募集ページ
http://www.zakkoku.jp/award2015d/index.php



<お問い合わせ先>
一般社団法人 日本雑穀協会
日本雑穀アワード運営事務局 担当:中西
〒103-0026
東京都中央区日本橋兜町15番6号 製粉会館6階
TEL :03-6661-7340 FAX :03-6661-7350
URL : http://www.zakkoku.jp/
E-mail : award@zakkoku.jp


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る