• トップ
  • リリース
  • 留学すれば英語ペラペラでしょ!?実際は、、、 。経験者がリアルな留学を教える新スタイル留学サポート「カナダ留学ノート」が登場

プレスリリース

合同会社グローバルエデュケーショントワーズトゥモロー

留学すれば英語ペラペラでしょ!?実際は、、、 。経験者がリアルな留学を教える新スタイル留学サポート「カナダ留学ノート」が登場

(DreamNews) 2015年04月06日(月)10時00分配信 DreamNews

カナダ留学専門代理店 合同会社グローバルエデュケーショントワーズトゥモローが運営するWebサービス「カナダ留学ノート」は、アップデートにより多くの留学経験者から直接サポートが受けられる業界初の留学サポートコミュニティとなります。「実際に留学するとイメージと違った」などの声にお応えし、留学により希望する将来像が叶えられる方を増やします。

カナダ留学専門代理店 合同会社グローバルエデュケーショントワーズトゥモローが運営するWebサービス「カナダ留学ノート」は、アップデートにより多くの留学経験者から直接サポートが受けられる業界初の留学サポートコミュニティとなります。

「実際に留学するとイメージと違った」などの声にお応えし、留学により希望する将来像が叶えられる方を増やします。

すでに登録の、経験者189名、留学カウンセラー5名、そしてキャリアカウンセラーが、アップデート機能の正式運用開始4月6日よりサポートを行います。
《サービスを立ち上げた背景、想い》
 代表でカナダ留学経験者の天野陽介と申します。私が社会人を経て留学した際の不安の大きさ、そして留学中に会った日本人の声により、留学しやすい環境を作る必要があると感じました。その想いから帰国後に起業し、昨年9月にWebサービス「カナダ留学ノート」を構築、そして経験者の経験と知識をもとにサポートが受けられるシステムとするためアップデートを行っております。
 ちなみに、日本の留学する学生の割合は1.0%とOECD加盟33カ国中ワースト2位と留学しやすい環境とは言えません。カナダ留学ノートにより気軽に留学相談できる環境を作ることで、海外で活躍できる人材を増やすことを目指します。

《アップデート後のサービス概要》
メンターが見つかり劇的成長
 経験者は「留学成功のための助け合いの輪を作る」という考えに共感し登録しています。今回のアップデートにより、留学希望内容による経験者と希望者のマッチングが可能となり、すでに希望の留学を経験した経験者からサポートが受けられるようになりました。またユーザーを表すタグの設定も可能となり、より希望に合致した、そしてメンターとなり得る経験者を見つけることができ、マンツーマンのサポートで成長を加速します。

業界初、安心のサポートシステム
 ネット掲示板やTwitterなどのSNSは情報を自由に発信できる反面、信頼性に不安があります。カナダ留学ノートに登録している経験者は一人一人面接を行うことで信頼性を確保し、また経験者はサポートに応じて報酬が発生する仕組みとなっており責任も持っています。

様々な留学関連サービスをお得に利用。カナダ留学の必須サービスへ
 今後、個人ユーザーだけでなく、留学に関するサービスを提供する企業 (航空券、海外保険、帰国後の就職サポートなど) もユーザーとして登録します。カナダ留学ノートを通すことで、様々な特典を受けられ、留学前から留学後までの必須コミュニティサービスを目指します。


《今後の事業展開》
 登録の留学経験者数を増やし、留学希望者一人一人にピッタリのサポートができるサービスを目指します。またカナダ以外の国への展開も予定しております。

【カナダ留学ノートURL】https://www.canada-ryugakunote.com/
※ビジネスモデル特許申請中 ※兵庫県経営革新計画承認事業(認定第1521号)
【紹介動画】https://www.youtube.com/watch?v=i4dSEpNbEu4

《問い合わせ先》
合同会社グローバルエデュケーショントワーズトゥモロー 
代表社員 天野 陽介 Website: http://www.gett.co.jp/
Tel: 078-341-6555  E-mail:amano@gett.co.jp
所在地: 神戸市中央区東川崎町1-8-4神戸市産業振興センター5F


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る