• トップ
  • リリース
  • SNSやメールが全盛の今、顧客に選ばれ続けるために「手書きのラブレター」を活用する企業が増えています

プレスリリース

株式会社ケイ・ネット

SNSやメールが全盛の今、顧客に選ばれ続けるために「手書きのラブレター」を活用する企業が増えています

(DreamNews) 2015年03月27日(金)18時00分配信 DreamNews

ブランディングやマーケティングを業務とする、株式会社ケイ・ネット(所在地:大阪市 代表取締役:村田佳子 URL http:www.k-nt.jp )が企画・制作を手がける販促ツール『売れるラブレター』の導入を決定したクライアントが、2015年3月に23社を突破しました。

ブランディングやマーケティングを業務とする、株式会社ケイ・ネット(所在地:大阪市 代表取締役:村田佳子 URL http:www.k-nt.jp )が企画・制作を手がける販促ツール『売れるラブレター』の導入を決定したクライアントが、2015年3月に23社を突破しました。


■「自分のために書かれた手紙」だからこそ、心が動く
 
 世界には、FaceBookやtwitterではなく、自分ひとりのために書かれた「手書きのラブレター」を必要としている人がいます。それを象徴するのが、アメリカのある女性のエピソードです。
 ある日、彼女がインターネットに「手書きのラブレターを書いてほしい人がいたら、どなたにでもお送りします」という投稿をしたところ、受信トレイには、一夜のうちに世界中から依頼のメールが届きました。彼女は9ヶ月かけて、その400人全員に向けて手書きでラブレターを送ったといいます。 その後、ラブレターを必要としている人と書く人をつなげるボランティア団体を立ち上げた彼女は「手紙を書くことの素晴らしさに気付いてほしい」と語っています。
■リピーター獲得の費用対効果が約4倍向上した企業も。確実に広がる需要

 SNSやメールでのコミュニケーションが全盛の現在、この「手書きのラブレター」を、企業とエンドユーザーを結ぶ販促ツールとして専門的に企画・制作を手がけている会社があります。約20年にわたり、おもに通販企業への企画提案・コンサルティングを行ってきた「(株)ケイ・ネット」(大阪市)です。

 市場には類似する商品やサービスが溢れていますし、スマホを見ればいくらでも情報は取得できます。そんな中でお客様に選ばれ続ける、すなわちリピーターを増やすためには、自社の強みを伝えるコンセプトを立案し、他社との差別化要素を明確にすること、そしてなにより「心を込める」こと。これは昔も今も変わらない「不変のメッセージ」になるのです。
 
 導入クライアントは通販業界をはじめ、プロスポーツチーム、セキュリティ会社、不動産会社…と続々と増え、需要は広がっています。ダイレクトメール、手渡し、ポスティング等、活用方法は各社様々ですが、気軽にコミュニケーションできるツールが増えた今だからこそ、エンドユーザーが「自分のために書かれた」ように感じる「手書きのラブレター」を届けることが、企業のリピーター獲得に貢献しているのです。

●ケイ・ネットの『売れるラブレター』実績・導入企業のお声など詳しくは 
URL http://www.k-nt.jp/works/page01.html

●導入企業のラブレターが読める『幸せのヒントがみつかるラブレター』 
URL http://shiawase-loveletter.com/


【会社概要】
会社名:株式会社ケイ・ネット
代表者:代表取締役 村田 佳子
所在地:大阪市北区万歳町4-12浪速ビル東館7F
TEL:06-6315-3001
FAX:06-6315-3005
URL:http://www.k-nt.jp
E-Mail:office@k-nt.jp
事業内容:売れるラブレター事業/売れるブランディング事業/プロモーション事業

【本件に関するお問い合わせ】
会社名:株式会社ケイ・ネット
担当者:瀬島 拓也 
TEL:06-6315-3001
FAX:06-6315-3005
E-Mail:office@k-nt.jp


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る