• トップ
  • リリース
  • グリーンパワーキャピタル、3つのメガソーラープロジェクト向けに資金調達を実施

プレスリリース

Greenpower Capital, LLC

グリーンパワーキャピタル、3つのメガソーラープロジェクト向けに資金調達を実施

(DreamNews) 2015年03月16日(月)11時00分配信 DreamNews

日本の太陽光デベロッパーであり投資家でもあるGreenpower Capital LLC(本社:米国カリフォルニア州、CEO、Dick Talbert、日本支社:東京都千代田区)は、本日、国内の3つのメガソーラープロジェクトに対する資金提供を発表いたしました。

<<報道資料>>
2015年3月16日

グリーンパワーキャピタル、3つのメガソーラープロジェクト向けに資金調達を実施

日本の太陽光デベロッパーであり投資家でもあるGreenpower Capital LLC(本社:米国カリフォルニア州、CEO、Dick Talbert、日本支社:東京都千代田区)は、本日、以下の3つのメガソーラープロジェクトに対する資金提供を発表いたしました。

・鹿児島県国分市 1MW案件:農地転用許可の発行後、2015年第3四半期より建設開始予定
・山口県下関市   1MW案件:2015年第2四半期の建設開始に向け現在準備中
・千葉県君津市 1MW案件:2015年3月の完工に向け現在建設中

日本の経済産業省の設備認定を受けたこれらのプロジェクトは、電力固定買取価格制度に基づき、九州電力、中国電力、および東京電力と電力受給契約を締結することにより、今後20年にわたり発電容量の全量を売電します。日本はエネルギーミックスの多様化を模索しており、2030年までに全体の約20%を再生可能エネルギーによるものとすることを目標としています。

Greenpower Capitalの最高経営責任者(CEO)、Dick Talbertは以下の通り述べています。「弊社の主な注力分野は10-50MW規模の特別高圧案件における日本のデベロッパーや地権者とのパートナーシップによる資金提供やプロジェクト開発ですが、同時に日常的に小規模のプロジェクトの資金提供や取得の促進も行っています。通常、弊社ではこれらのプロジェクトの取得を検討開始から1-2か月で完了させています。弊社の提案する高い買取価格および迅速な実行に対して、デベロッパー様はご満足していただいているものと確信しております」

Greenpower Capitalは、2015年内に完工又は建設開始となる合計200MW以上の14のプロジェクトを保有しており、日本の電力固定買取価格制度が適用されるプロジェクトの合計300MWを目標としています。

●Greenpower Capital、LLCについて
Greenpower Capitalは、米国ロサンゼルスに本社及び東京にオフィスを持ち、日本、南北アメリカ、カリブ海諸国、そしてヨーロッパにおいて、太陽光および風力発電プロジェクトのプロジェクト開発、資金調達、およびM&Aに注力しています。GPCの経営陣は現在までに数か国において大規模太陽光プロジェクトの開発の経験を有しています。

●Greenpower Capital東京事務所について
Greenpower Capitalの東京事務所(日本支社)は東京丸の内地区に位置しており、8名のバイリンガルの開発および技術スタッフが常駐しております。日本のデベロッパーや土地所有者に対し、資金提供およびプロジェクト開発に関する柔軟なパートナーシップを提供しています。業務内容は、事業用地の選定に始まり、プロジェクト開発、法務、資金提供、建設、および最終的なプロジェクトの売却にまで至ります。
さらに詳細な情報は www.greenpowercap.com をご覧ください。

●お問い合わせ先

・報道関係の方
Greenpower Capital LLC広報事務局(有限会社アンビローグ内)
電子メール: greenpowercap@ambilogue.com
Tel: 03-6454-6930 / Fax: 03-5204-9180

・ソーラープロジェクトデベロッパーの方
Greenpower Capital LLC, 日本支社
電子メール: infojapan@greenpowercap.com
Tel: 03-3287-3035 / Fax: 03-3287-3036

以上

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る