• トップ
  • リリース
  • グローバリズム対ナショナリズムを超えて これが21世紀を生きる国体論!『日本「国体」の真実 政治・経済・信仰から読み解く』

プレスリリース

株式会社ビジネス社

グローバリズム対ナショナリズムを超えて これが21世紀を生きる国体論!『日本「国体」の真実 政治・経済・信仰から読み解く』

(DreamNews) 2015年03月17日(火)10時00分配信 DreamNews

株式会社ビジネス社(東京都新宿区:代表取締役社長 唐津隆)は、2015年3月6日に『日本「国体」の真実 政治・経済・信仰から読み解く』を発売いたしました。

株式会社ビジネス社(東京都新宿区:代表取締役社長 唐津隆)は、2015年3月6日に『日本「国体」の真実 政治・経済・信仰から読み解く』を発売いたしました。

グローバリズムにより、各国独自の文化が破壊される一方、「イスラム過激派」による民族対立でナショナリズムが噴出する国際情勢。本書では、国際社会共存のヒントは天皇と国民が一体である「和」と、西洋の階級闘争史観ではなく分相応を説く「役割分担史観」、一神教をも創りかえる力を持つ「多神教」という日本の国体にこそあるということを伝えています。国際社会における特異な日本の国体を政治、経済、信仰の観点から元大使がわかりやすく解説しております。

目次
第1部 政治における「国体」
 1 「君民共治」の政治 2 神から生まれた「祭祀共同体」
 3 「和」の民主主義  4 「平和主義」の伝統
第2部 経済における「国体」
 1 「稲作」の精神 2 「結び」の力 
 3 罰としての「労働」 4 「和」という経営方針 5 「グローバリズム」との共存
第3部 信仰における「国体」 
 1 「古事記」の世界 2 「黄泉の国」神話の教訓 
 3 「先祖供養」の真髄 4 「造り変える力」の本質
 5 「禊祓い」の威力 6 「一神教」の威力

著者:馬渕 睦夫
元駐ウクライナ兼モルドバ大使、前防衛大学校教授、現吉備国際大学客員教授。1946年京都府生まれ。京都大学法学部3年在学中に外務公務員採用上級試験に合格し、1968年外務省入省。1971年研修先のイギリス・ケンブリッジ大学経済学部卒業。2000年駐キューバ大使、2005年駐ウクライナ兼モルドバ大使を経て、2008年11月外務省退官。同年防衛大学校教授に就任し、2011年3月定年退職。2014年4月より現職(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)


(著者)馬渕睦夫


(価格)1,400円+税 

〈発売日〉2015年3月6日 

〈出版元〉ビジネス社



《 お問い合わせ先 》
株式会社ビジネス社 広報担当:松矢
〒162-0805 東京都新宿区矢来町114番地 神楽坂高橋ビル5F
E-mail : matsuyapress@gmail.com
TEL 03-5227-1602/FAX 03-5227-1603


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る