• トップ
  • リリース
  • 養老孟司さん推薦!困った愛犬家、勢揃い!あなたの過剰な愛情が、愛犬を困らせている 改訂版 となりの「愛犬バカ」をリリース

プレスリリース

株式会社オーウィン

養老孟司さん推薦!困った愛犬家、勢揃い!あなたの過剰な愛情が、愛犬を困らせている 改訂版 となりの「愛犬バカ」をリリース

(DreamNews) 2015年03月11日(水)18時00分配信 DreamNews

2008年に発行され多くの飼い主に高い評価を受けた『となりの「愛犬バカ」』。データなどを刷新して2015年3月10日『改訂版 となりの「愛犬バカ」』の販売を開始いたしました。

■もう一度見つめ直したい。「愛犬」との関わり方を知る一冊。
犬と人とのかかわりは古く1万4、5千年前には一緒に暮らしていたともいわれています。
私たちは「犬」と途方もないほど多くの時間を過ごしてきました。
そして今、「犬」はわたしたちにとって、いちばん身近な動物であり、家族の一員になりつつあります。
「愛犬」は人に忠実で、われわれを癒してくれる大切なパートナーともいえます。
その一方で、飼い主の過剰な愛情、無責任さが「愛犬」や周りの人にとって大きな問題となり、ときに世間を騒がせるニュースになることもあります。
この本は「愛犬」との関わり方、そして人と人との関わり方とはどういうことなのか、生き物を飼うということ、そしてその接し方などの心構えを教えてくれる本です。

■飼い主やこれから犬を飼おうとするみなさまに読んでもらいたい本です
飼い主さんの悩みを解決するため全国を飛びまわる、ご存知「フーテンの勝ちゃん」こと勝俣先生がこれまで経験したことなど、さまざまな実例を引き合いにだして「愛犬」への関わり方について、飼い主の誤解を名調子で教えてくれます。

■たくさんの困った飼い主さんに驚き!
こんな困った飼い主さんが登場します
・危険な爪は、可愛らしさには邪魔なものとして、出血もいとわず爪を切ってほしいという飼い主
・愛犬の急病に、救急車を呼ぶ飼い主
・マンションで一緒に暮らすため、声帯をとってほしいという飼い主



■著者紹介
勝俣 和悦(かつまた かずよし)
1948年東京都生まれ。帯広畜産大学卒。獣医学と畜産学を学ぶ。丸大食品に入社後、丸大ペットフードの設立、シービーフーズ取締役を経て独立。現在ペット総合コンサルタント、ペット総合プロデューサーとして、講演活動、ペット業界社員教育、ペットなんでも相談会などを積極的に行う。PSGジャパンペット総合スクール理事長、GLGグループペット国際コンサルタントを務める。
■本書スペック
タイトル  :改訂版 となりの「愛犬バカ」
販売価格  :印刷物 1,490円(電子版 780円)
著   者 :勝俣 和悦
配信開始日 :2015年3月10日
発 行 日 :2015年3月10日
提供場所  :Amazon
配信URL  :
 印刷物 http://www.amazon.co.jp/dp/B00TWZNJSO/
 電子書籍 http://www.amazon.co.jp/dp/B00U8SCUBQ/
■目次
はじめに
・犬バカ飼い主に、犬は呆然
・僕たち≠ノだって気持ちはある
・クイズ 〜犬の気持ちがわかりますか?
第1章 飼い主の誤解 運命的な出会い
第2章 飼い主の誤解 この子は家族
第3章 飼い主の誤解 いつでも一緒
第4章 飼い主の誤解 私が守ってあげる
第5章 飼い主の誤解 ペットは人間になれる
制作・販売:AHWIN Co.,ltd.
お問い合わせ先:epub.request@ahwin.net


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る