• トップ
  • リリース
  • 【矢野経済研究所マーケットレポート】「2014年版 容器市場の展望と戦略」を発刊いたしました

プレスリリース

株式会社矢野経済研究所

【矢野経済研究所マーケットレポート】「2014年版 容器市場の展望と戦略」を発刊いたしました

(DreamNews) 2015年03月10日(火)12時00分配信 DreamNews

矢野経済研究所では、下記の要領にて「2014年版 容器市場の展望と戦略」を発刊いたしました。

本調査レポートでは、容器メーカーの現在の動向と今後の事業施策を徹底調査するとともに、各種容器の中味別、チャネル別等の需要動向を明らかにした。

発刊日: 2015/03/06
体裁: A4 / 318頁
書籍 定価 129,600円 (本体 120,000円 消費税 9,600円)
PDFレギュラー(事業所内利用限定版) 定価 129,600円 (本体 120,000円 消費税 9,600円)
セット(書籍とPDFレギュラー) 定価 162,000円 (本体 150,000円 消費税 12,000円)
PDFコーポレート(法人内共同利用版) 定価 259,200円 (本体 240,000円 消費税 19,200円)
セット(書籍とPDFコーポレート) 定価 291,600円 (本体 270,000円 消費税 21,600円)

■本資料のポイント
●PETボトル:飲料メーカーによるプリフォーム内製量拡大が本格化
●紙カートン:テトラトップがドリンクヨーグルトのスタンダード容器に、容器デザインと内容物の親和性こそが新たなマーケットを創造する
●紙カップ:カウンターコーヒー向け出荷量はFFを上回る規模に成長 カウンターコーヒー向けでは、2016年以降を見据えた提案も必要に
●飲料缶:2016年にアルミ缶200億缶、スチール缶100億缶へ 小型PET登場に次ぐインパクトに対し、各社の戦略が問われる
●ガラスびん:「ニッカ」への関心を機に、ウイスキー市場全体が活発化 堅調な「澪」に、勢いに乗る「澄み渡る梅酒」がアルコール向けの下支えに
●プラスチック軽量容器: 成長率は鈍化も、市場規模は前年超えが続く プラ軽量容器メーカーによる「売り場創造」がさらなる成長を支える

⇒詳細内容・お申し込みはこちら
http://www.yano.co.jp/market_reports/C57101200
⇒商品に関するお問い合わせは下記までお願いいたします。
(株)矢野経済研究所 マーケティング本部 東京カスタマーセンター
https://www.yano.co.jp/contact/contact.php
(株)矢野経済研究所
http://www.yano.co.jp/

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る