• トップ
  • リリース
  • アルカテル・ルーセント、エンタープライズ・スモールセル技術の世界初の展開を発表

プレスリリース

日本アルカテル・ルーセント株式会社

アルカテル・ルーセント、エンタープライズ・スモールセル技術の世界初の展開を発表

(DreamNews) 2015年03月06日(金)13時00分配信 DreamNews

クアルコムのチップセットを搭載したエンタープライズ・スモールセルデバイスにより、カナダの通信プロバイダーであるテリュースが、優れた高速モバイル接続と屋内受信能力を提供することが可能に

2015年3月6日【参考日本語訳】 

【2015年3月2日、フランス、パリ発】 アルカテル・ルーセント(ALU/ユーロネクスト・パリ、ニューヨーク証券取引所)は、クアルコムテクノロジーズとのパートナーシップから誕生した、アルカテル・ルーセントスモールセルの初展開のひとつである、画期的なエンタープライズ・スモールセルデバイスを、カナダで急成長中のカナダ通信事業者、テリュース(T/トロント証券取引所、TU/ニューヨーク証券取引所)に提供します。これは、この製品において世界初*1となります。

アルカテル・ルーセントのエンタープライズ・スモールセルは、LTE、3G 、Wi-Fiの接続とオフィス他建物内受信範囲を拡張するように設計され、クアルコムテクノロジーズのチップセットを搭載した2014年9月着手の初のエンタープライズ・スモールセルです。

テリュースは、エンタープライズ・スモールセルを用いて、ワイヤレス環境が必要な顧客に、オフィスやその他人口密度の高い建物内でのシームレスな接続性とハイパフォーマンスを提供します。こうしたサービスの提供は、職場でのモバイルデバイスの使用が増えた結果データトラフィックとネットワークの混雑が増大するにつれ、サービスプロバイダにとってますます困難になっていました。

LTE、3G、Wi-Fiが統合するアルカテル・ルーセントのエンタープライズ・スモールセルによって、この混雑が緩和、マクロセルネットワークからトラフィックの負荷も軽減され、既存または新サービスが屋内環境の公共施設と企業へ拡張されます。

主なポイント

● エンタープライズ・スモールセルは、壁やオフィスの天井などに簡単に配備でき、受信範囲を最適化します。

● エンタープライズ・スモールセルは、3GとLTEの接続をコンパクトで電力効率のよい方法でサポートしている、クアルコムテクノロジーズのFSM9955システムオンチップを搭載しています。

● エンタープライズ・スモールセル上ではソフトウェア定義無線が使われているため、事業者は、3GやLTE、ミックス技術のサポートを構成することが可能です。これによって、3GからLTEネットワークへの将来の移行が容易になり、事業者がLTEネットワークで使うスペクトルの再利用も可能になります。

● スモールセルセグメントの先駆者、アルカテル・ルーセントは、以下を提供します。
・9962 マルチスタンダード・エンタープライズ・セル(LTE/Wi-Fi)
・9981 CMS (サーティフィケート・マネジメント・システム)
・アルカテル・ルーセントの7750 サービス・ルーターに実装されているセキュリティ・ゲートウェイ

コメント

テリュースの最高技術責任者、イブラヒム・ジェデオンは次のように述べています。
「テリュースの顧客は、弊社のネットワークに接続しているときにはいつでもどこでも、高速かつ信頼できるエクスペリエンスを期待していますしそれに値します。アルカテル・ルーセントのエンタープライズ・スモールセルがあれば、ショッピングモール、オフィスビル、特別なイベント会場のような通信量が多い地域でも、可能な限り最高のLTEとWi-Fiのサービスを契約者に提供できます。この初の展開のおかげで、カナダの通信業界における次世代技術の採用において、テリュースが占めるリーダーの地位が、いっそう強固になります」

アルカテル・ルーセントカナダ社長、アレックス・ジオーサは次のように述べています。
「今日のLTEネットワークは、屋外環境で大規模に構築されており、カナダでは特に建物のセルサイトへの近さや建物の建築材料によって、屋内受信が厳しくなっています。アルカテル・ルーセントのエンタープライズ・スモールセルがあれば、テリュースは、より充実した高速LTEとWi-Fiのサービスを屋内と屋外の環境で顧客に提供できるので、顧客は差別化されたワイヤレス・エクスペリエンスを得られます」
*1: 2015年3月現在

<アルカテル・ルーセントについて>
アルカテル・ルーセント(Alcatel-Lucent)はグローバル通信の分野をリードする企業であり、IPおよびクラウド・ネットワーキングの製品や革新的なソリューションを提供しています。また、サービスプロバイダとそのお客様、世界中の各種法人及び政府機関に対し、超高速ブロードバンドの無線/固定アクセスを提供しています。

アルカテル・ルーセントは、音声電話技術からデータ、ビデオ、情報の高速デジタル・デリバリーへ移行しつつある業界を牽引しています。これを支えるのはベル研究所です。ベル研究所はアルカテル・ルーセントが擁する研究所で、世界最先端の研究開発機関の一つであり、数えきれないほど多くの技術革新によりネットワーキングと通信業界の形成を担ってきました。

アルカテル・ルーセントは、これまでの技術革新が認められ、トムソン・ロイター社が世界で最も革新的な企業100社を選出する「Top100グローバル・イノベータ」の1社に選出されました。また、MITテクノロジー・レビュー誌による「世界で最も革新的な企業」50社の2012年度ランキングにも選出されています。さらに、ダウ・ジョーンズ社の「ダウジョーンズ・サステナビリティ・インデックス2013」において、技術ハードウェア&装置部門のインダストリー・グループ・リーダーに選定されています。アルカテル・ルーセントは、「コネクテッド・ワールド(つながった世界)」という企業ミッションのとおり、グローバル・コミュニケーションをより持続可能に、より利用しやすく、そしてよりつながりやすいものにしてまいります。

アルカテル・ルーセントはフランスのパリに本社を構える法人で、2014年の売上高は132億ユーロ。ユーロネクスト・パリ、ニューヨーク証券取引所に上場しています。
URL:http://www.alcatel-lucent.com/ブログ:http://www.alcatel-lucent.com/blog
ツイッター:http://twitter.com/Alcatel_Lucent


<日本アルカテル・ルーセント株式会社について>
日本アルカテル・ルーセント株式会社は、次世代のネットワーク・サービスを中心とした固定/無線アクセス、IP、光伝送、アプリケーション、エンタープライズの事業分野で関連機器及びプロフェッショナルサービス、インテグレーション、保守を提供し、国内大手通信事業者をはじめ、各種法人、政府機関など幅広いお客様をサポートしています。
所在地:〒141-6006  東京都品川区大崎2-1-1 ThinkPark Tower 6F/代表取締役社長:二コラ・ブーベロ(Nicolas Bouverot)/資本金:4億円/URL(日本サイト):http://www.alcatel-lucent.co.jp
……………………………………………………………………………
本件に関するお問い合わせ先:
日本アルカテル・ルーセント株式会社
コミュニケーション部 クルザーチエ・キャロリーヌ
TEL:03-6431-7000 FAX:03-6431-7024
E-mail:jpmarcom@alcatel-lucent.com
……………………………………………………………………………


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る