• トップ
  • リリース
  • シニアコンシェルジュ認定講座がウェブで受講できるようになりました

プレスリリース

一般社団法人シニアライフ協会

シニアコンシェルジュ認定講座がウェブで受講できるようになりました

(DreamNews) 2015年03月03日(火)15時00分配信 DreamNews

一般社団法人シニアライフ協会(所在地:東京都中央区 代表理事 藤原敏次)が認定する資格「シニアコンシェルジュ」の認定講座が、2015年3月より、ウェブで受講できるようになりました。シニアコンシェルジュ認定講座は、退職からエンディングまでのシニアライフの期間を対象に、シニアの多様なニーズに応えるワンストップチャネルとして活動できる知識を学ぶことができる講座です。

【シニアコンシェルジュとは】
ライフプランニングの観点から考えると、シニアの抱える問題は、それまでの世代の問題と異なり、個人により差があり、複雑化し、それゆえ問題を解決することが容易ではないという性質を持っています。そのため、問題の解決のためには専門家の力を借りることが多くなるのですが、専門家はある分野の専門家であり、すべての分野の専門家ではありません。そこで、シニアが適切な専門家にたどりつくまでのサポートをする仕組みが必要になります。シニアコンシェルジュの役割はここにあります。
シニアコンシェルジュは、シニアから相談を受けたとき、その相談の内容を理解し、適切な措置を講じるサポートができることを保証する資格です。


【認定講座】
シニアコンシェルジュの認定講座では、シニアライフプランニング全般に関すること、シニアを護るためのしくみ、シニアを取り巻く環境、シニアに対する正しい知識(ジェロントロジー:老年学)、シニアにとって大きな問題になりがちな相続や相続税の問題などを、幅広く学習する内容になっています。また、シニアライフ協会が作成している「シニアライフ・プランニングノート」の書き方に関する内容も含まれています。シニアライフ・プランニングノートは、通常のエンディングノートに、リタイアしてからエンディングに至るまでのシニアライフに関するプランニング表や必要資金計画の計算などのプラスアルファ部分を加えた構成になっています。
検定試験は実施しませんが、検定試験に代えて小論文(800字程度)を提出していただきます。
シニアコンシェルジュの認定は、有識者(大学教授)3名とシニアライフ協会常勤理事2名からなる認定委員会により認定されるしくみです。



【ウェブ講座開講の背景】
シニアライフ協会は、2014年からシニアコンシェルジュの養成を開始しました。2014年に、東京において集合研修を3回実施しましたが、東京以外の方から「参加したい」という多くの声が寄せられ、また、東京在住の方でも「日程が合わないので受講できないといった」声が寄せられました。そこで、時間と場所の制約がないウェブ講座を開設することになりました。
今後、集合研修による講座とウェブ講座を併用しながら、シニアコンシェルジュの養成に努めていきます。


【資格の概要】
取得する資格 シニアコンシェルジュ
認定する団体 一般社団法人シニアライフ協会
認定の方法 試験はありませんが小論文(800字程度)を提出していただきます
運用開始 2015年3月3日(火)
費用 9,800円(税・テキスト代込)
日時 随時(ウェブ講習)
URL http://www.slasc.jp 【専用サイト】
テキスト: シニアライフ・プランニングノート(シニアライフ協会が作成するエンディングノート)
老後破産しないためのお金の本(河出書房新社ISBN 978-4-309-24678-9)
講義内容 (1)シニアライフ・プランニングノートの書き方(2)シニアライフプラン(3)コンプライアンス&コミュニケーション(4)相続問題と相続税・贈与税(5)シニアを取り巻く環境
その他 :受講時に年会費(10,000円)を同時に徴収します

【協会概要】
組織名:一般社団法人 シニアライフ協会
代表者:藤原 敏次
所在地:東京都中央区東日本橋3-6-15
東日本橋偕成ビル5階
TEL:03-5645-3900
FAX:03-5645-3913
URL:http://www.s-l-a.jp
E-Mail:info@s-l-a.jp
【本件に関するお問い合わせ】
担当者:杉山
TEL:090-8050-5793
E-Mail:sugiyama@s-l-a.jp

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る