• トップ
  • リリース
  • <平成27年4月1日改正法施行にあたり> 外国人雇用の実務についての小冊子配布スタート

プレスリリース

有限会社人事・労務

<平成27年4月1日改正法施行にあたり> 外国人雇用の実務についての小冊子配布スタート

(DreamNews) 2015年02月27日(金)13時00分配信 DreamNews

有限会社人事・労務(東京都台東区 社長 矢萩大輔)は、ホームページ上で小冊子の配布サービスを3月1日よりスタートします。通常価格500円のところを、農家さんや農業関連者の方には無料で配布します。

外国人の違法な採用や、日本の仕事観・文化を無視しての雇用は、その企業だけでなく、周辺地域にまで大きな問題となりかねません。しかし、グローバル化や外国人労働者歓迎の時代の影響から、いまや外国人とともにはたらくことは当たり前になりつつあります。外国人雇用の増加にともなって、人事担当はその外国人の採用が違法にならないかどうか、雇用するにはどんなことをしなければならないのかを確認しながら、適切な就労手続を行わなければなりません。 本小冊子では、採用の際に確認すべきこと(在留資格や滞在年数)や、就労の条件、雇用契約書の作成の方法など、外国人雇用を適切に行うためのポイントをまとめています。
お申し込みはこちら→ http://social-jinji-roumu.com/nousyoukou/sasshi_gaikoku.html

■ 主な内容
改正入管法の基礎
在留管理制度改正の背景と経緯
2 .三つの改正法
(1)入管法
(2)外国人登録制度
(3)住民基本台帳法
3 .改正前と改正後の変化
(1)外国人登録制度の廃止
(2)在留期間の変更
(3)みなし再入国許可制度
4 .在留カードとは
外国人雇用の実務ポイント 〜 採用から退職まで 〜
1.外国人を採用する際の注意点
(1)在留カードで確認すべき点
(2)在留資格と就労可否の関係
(3)就労可能な在留資格 (代表例)
(4)適法な在留資格を判断する方法
(5)就労できない在留資格を所持していたとき
※ 入国から採用までの要点まとめ
●入国の際のビザ取得の流れ
●外国人採用の際に確認するポイント
●永住権を取得するには?
●在留資格と職種
●外国人雇用のQ&A
2.入社時の手続きと給与・税金
(1)労働保険
(2)社会保険
(3)給与、税金
3.外国人労働者の労務管理
(1)外国人の労働相談
(2)雇用契約書作成のポイント
(3)就業規則のポイント
(4)退職時の注意事項

■サービス開始
平成27年3月1日〜
■お問い合わせ・お申し込み
有限会社人事・労務
〒111−0036
東京都台東区松が谷3−1−12 松が谷センタービル5階
TEL03-5827-8217 FAX03-5827-8216
関連サイト
有限会社人事・労務HP
http://www.jinji-roumu.com/
(有)人事・労務 就業規則HP http://www.jinji-roumu.com/kisoku/index.html
http://www.shugyo-kisoku.com/index.html
               http://www.shugyo-kisoku.com/sasshi/zangyou.html 


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る