プレスリリース

TOEFL対策の決定版! 植田一三先生の新著、発売!

(DreamNews) 2015年02月09日(月)14時00分配信 DreamNews

有限会社明日香出版社(東京都文京区水道、代表取締役石野栄一)は、2月23日、新著『CD BOOK TOEFL iBT (R) TEST スピーキング+ライティング完全攻略』(植田 一三編著 上田 敏子/田岡 千明/小谷 延良著 2400円)を発売します。

有限会社明日香出版社(東京都文京区水道、代表取締役石野栄一)は、2月23日、新著『CD BOOK TOEFL iBT (R) TEST スピーキング+ライティング完全攻略』(植田 一三編著 上田 敏子/田岡 千明/小谷 延良著 2400円)を発売します。

● 留学、大学の現場でますます注目されているTOEFL
大学&大学院留学だけではなく、最近では大学入試試験への導入も検討されているTOEFL。より実践的な英語力を測定する試験として近年ますます注目されています。

● 日本人の苦手に徹底フォーカス!
TOEFLはスピーキング・リスニング・リーディング・ライティングの4つのセクションで構成されています。そのなかでも日本人の平均点が他国に比べて低いのがスピーキングとライティングです。そこで、英語の最高資格7冠突破校Aquaries School of Communication学長であり、長年TOEFLを研究し教えてきた植田一三氏が編著者に、わかりやすくスコアUPの方法を伝授する徹底分析本を出すにいたりました。著者陣の英語とTOEFL受験者に対する思いが一字一句に読み取れる熱い一書になっています!

● 著者について
植田一三(うえだいちぞう)
英語の最高資格7冠突破校Aquaries School of Communication学長。英語の百科事典を10回以上読破し、辞書数十冊を制覇。ノースウェスタン大学院・テキサス大学院(コミュニケーション学部)修了し、同大学で異文化間コミュニケーションを1年間指導。Let's enjoy the process! (陽は必ず昇る)をモットーに、31年の教歴において、英検1級合格者を1600人以上、資格3冠(英検1級・通訳案内士・TOEIC(R)980点)突破者を200名以上、ハーバード大学、スタンフォード大学、ロンドン大学をはじめとする英米トップスクール合格者(TOEFL iBT(R)100点・110点突破)を多数育てる。主な著書は、『英検1級100時間大特訓』、『英語で経済・政治・社会を討論する技術と表現』、『発信型スーパーボキャビル』(以上ベレ出版)、『TOEIC(R) TESTこれ1冊で990点満点』(明日香出版社)、『英語で説明する科学技術』、『英語で説明する日本の文化』(以上語研)など。

上田 敏子(うえだ としこ)
英国バーミンガム大学院修士課程(翻訳学)修了。アクエアリーズの英検1級・工業英検1級・TOEFL iBT(R)/TOEIC(R)満点講座講師。主な著書は『英語で説明する日本の文化』シリーズ(語研)、『英語で経済・政治・社会を討論する技術と表現』(ベレ出版)。英検1級、工業英検1級(文部科学大臣賞)、通訳案内士、TOEIC(R)満点、国連英検特A、ミシガン工業英検1級、観光英検1級(優秀賞)取得。

田岡 千明(たおか ちあき)
神戸女学院大学共通英語教育研究センター専任講師。英国マンチェスター大学でM.A.、 Ph.D.(共に言語学)を取得。大学や英語学校で10年以上のTOEFL(R)指導歴を持つ。『Pros and Cons 賛否両論の社会問題を考える』(CENGAGE Learning)の執筆を担当。英検1級(優良賞)、TOEIC(R)満点、TOEFL iBT(R)116点を取得。

小谷 延良(こたに のぶよし)
マッコーリー大学(豪州)翻訳学・通訳学修士課程・応用言語学修士課程修了。英検1級取得。アクエアリーズでTOEFL iBT(R)・IELTSの指導法を研究。進学校で教鞭を執り、大学で英語教員養成課程を指導。スピーキング・TOEFL(R)・IELTSの指導が専門。


有限会社 明日香出版社
広報担当 余田志保
〒112-0005 東京都文京区水道2-11-5
TEL 03-5395-7651 FAX 03-5395-7654
ホームページ http://www.asuka-g.co.jp/


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る