• トップ
  • リリース
  • 【矢野経済研究所マーケットレポート】「米国・植物工場市場の実態及び発展可能性」を発刊いたしました

プレスリリース

株式会社矢野経済研究所

【矢野経済研究所マーケットレポート】「米国・植物工場市場の実態及び発展可能性」を発刊いたしました

(DreamNews) 2015年01月13日(火)12時30分配信 DreamNews

矢野経済研究所では、下記の要領にて「米国・植物工場市場の実態及び発展可能性」を発刊いたしました。

輸出産業化を目前にした日本の植物工場市場。近年、特に注目されはじめた米国植物工場の最新市場動向を分析し展望することで、日本企業の北米進出可能性を分析した。

発刊日: 2014/12/22
体裁: A4 / 106頁
書籍 定価 140,400円 (本体 130,000円 消費税 10,400円)
PDFレギュラー(事業所内利用限定版) 定価 140,400円 (本体 130,000円 消費税 10,400円)
セット(書籍とPDFレギュラー) 定価 172,800円 (本体 160,000円 消費税 12,800円)
PDFコーポレート(法人内共同利用版) 定価 280,800円 (本体 260,000円 消費税 20,800円)
セット(書籍とPDFコーポレート) 定価 313,200円 (本体 290,000円 消費税 23,200円)

■本資料のポイント
●近代的大規模農業を推進してきた農業大国で、なぜ植物工場がブームに?農産物の生産、小売市場、そして“オーガニック市場”を整理したうえで、植物工場ブームの背景を明示
●米国・現地ヒアリング調査により、完全人工光型植物工場の稼動実態を分析〜現状の成長要因及び課題の抽出
●主要植物工場リスト、稼動状況ならびにケーススタディを掲載
●現地ヒアリング調査を通して、米国ならではの文化的背景、商習慣を踏まえたリアルかつ詳細なベンチマークを実施。施設及び生産実態、実績及びコスト構造、需要分野、技術課題、事業発展の可能性、日本企業との連携可能性を徹底調査
●米国市場は本当に発展していくのだろうか?
●日本企業による新規参入に向けたターゲット市場、分野は?日本に求められる技術分野は?
●工場運営・市場実態からみた今後の技術開発課題、市場発展条件などを分析

⇒詳細内容・お申し込みはこちら
http://www.yano.co.jp/market_reports/C56113800
⇒商品に関するお問い合わせは下記までお願いいたします。
(株)矢野経済研究所 マーケティング本部 東京カスタマーセンター
https://www.yano.co.jp/contact/contact.php
(株)矢野経済研究所
http://www.yano.co.jp/

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る