プレスリリース

株式会社ビジネス社

『副島隆彦の政治映画評論 ヨーロッパ映画編』

(DreamNews) 2015年01月06日(火)09時00分配信 DreamNews

株式会社ビジネス社(東京都新宿区:代表取締役社長 唐津隆)は、2014年12月25日に『副島隆彦の政治映画評論 ヨーロッパ映画編』を発売いたしました。

株式会社ビジネス社(東京都新宿区:代表取締役社長 唐津隆)は、2014年12月25日に『副島隆彦の政治映画評論 ヨーロッパ映画編』を発売いたしました。

本書は、副島隆彦氏の映画評論の本の4冊目にあたり、近年のヨーロッパの名作を集めて「ヨーロッパ映画編」と銘打って1冊と致しました。作品に隠されたストーリーを政治思想の視点から読み解く映画の過激な見方を提示した副島隆彦氏。著者の考察を交えつつ、ヨーロッパ映画に隠された知られざる歴史や思想を読み解いてきます。今までの作品は、ハリウッド中心でしたが、今回は待望のヨーロッッパ編となります。テーマはキリスト教、歴史、イスラム教、戦争、フランス等となり、作品は『アレクサンドリア』、『グレース・オブ・モナコ』、『ミレニアム ドラゴンタトゥーの女』など29作品の映画の裏側を副島氏独自の視点で分析しています。


第1章 キリスト教という圧迫
第2章 歴史を識る
第3章 イスラム教とは何か
第4章 戦争の真実
第5章 フランスという文化
第6章 現代の憂鬱


著者:副島 隆彦(そえじま たかひこ)
1953年、福岡市生まれ。早稲田大学法学部卒業。外資系銀行員、予備校講師を経て、常葉学園大学教授を務めた。日本の政界・シンクタンクに独自の情報源 を持ち、金融経済からアメリカ政治思想、法制度論、英語、歴史など幅広いジャンルで、鋭い洞察と緻密な分析に基づいた論評を展開。また、副島国家戦略研究 所(SNSI)を主宰し、日本人初の「民間人国家戦略家」として講演・執筆活動を続けている


(著者)副島隆彦


(価格)1,700円+税 

〈発売日〉2014年12月25日 

〈出版元〉ビジネス社

《 お問い合わせ先 》
株式会社ビジネス社 広報担当:松矢
〒 162-0805東京都新宿区矢来町114番地 神楽坂高橋ビル5F
E-mail : matsuyapress@gmail.com
TEL03-5227-1602/ FAX 03-52271603


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る