• トップ
  • リリース
  • チャイナウォッチャー宮崎正弘が孫子の本当の読み方を国際情勢を交えて徹底解説 『日本と世界を動かす悪の孫子』 オバマ、習近平、プーチンも愛読のインテリジェンスバイブル孫子を読み解く

プレスリリース

株式会社ビジネス社

チャイナウォッチャー宮崎正弘が孫子の本当の読み方を国際情勢を交えて徹底解説 『日本と世界を動かす悪の孫子』 オバマ、習近平、プーチンも愛読のインテリジェンスバイブル孫子を読み解く

(DreamNews) 2015年01月06日(火)09時00分配信 DreamNews

株式会社ビジネス社(東京都新宿区:代表取締役社長 唐津隆)は、2014年12月25日に『日本と世界を動かす悪の孫子』を発売いたしました。

株式会社ビジネス社(東京都新宿区:代表取締役社長 唐津隆)は、2014年12月25日に『日本と世界を動かす悪の孫子』を発売いたしました。

孫子ほど政治家からビジネスマンまで広く日本人に人気があり、しかも誤解されてきた中国の古典はありません。中国人には絶対に理解できない孫子の本当の読み方を、信長、信玄、秀吉、家康、松陰、の孫子活用法の歴史や最新の国際情勢を交えながらチャイナウォッチャーの第一人者が徹底解説いたします。

現代日本では、孫子解釈はビジネス書や人生読本的な文脈で多用されてきましたが、軍事的側面からの孫子へのアプローチは少なく、それは戦後の防衛と安全保障論議を閑却してきた安直な風潮が背景にあります。
本書では、中国語原文を重視しつつ、吉田松陰の解釈を併記、その上で孫子の戦術を具体的に応用した戦闘のケース・スタディ、その検証としての現代世界、とくに孫子本家の中国で起きている政治、経済、文化面での孫子的な応用を提示しています。また、米国、ロシア、産油国で起きている混乱、列強の外交戦略も孫子的視点から勘案しています。

宮崎正弘(みやざき まさひろ)
昭和21年金沢生まれ。早稲田大学中退。「日本学生新聞」編集長、雑誌『浪曼』企画室長を経て、貿易会社を経営。83年『もうひとつの資源戦争』(講談社)で論壇へ。
国際政治、経済の舞台裏を独自の情報で解析する評論やルポルタージュに定評がある。

(著者)宮崎正弘


(価格)1,100円+税

〈発売日〉2014年12月25日 

〈出版元〉ビジネス社

《 お問い合わせ先 》
株式会社ビジネス社 広報担当:松矢
〒 162-0805東京都新宿区矢来町114番地 神楽坂高橋ビル5F
E-mail : matsuyapress@gmail.com 
TEL03-5227-1602/ FAX 03-52271603


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る