• トップ
  • リリース
  • クアッドコアAtom・拡張RAS機能搭載の新書サイズ組み込み用PC 「ボックスコンピュータ(R) BX-220シリーズ」新発売

プレスリリース

株式会社コンテック

クアッドコアAtom・拡張RAS機能搭載の新書サイズ組み込み用PC 「ボックスコンピュータ(R) BX-220シリーズ」新発売

(DreamNews) 2014年12月01日(月)13時00分配信 DreamNews

株式会社コンテック(東京証券取引所第二部 証券コード:6639)は、クアッドコア インテル Atom プロセッサ E3845 (1.9GHz) を採用し、独自の拡張RAS機能を搭載したファンレス・スリットレスの新書サイズ・組み込み用コンピュータを開発、ボックスコンピュータ(R) の新シリーズ「BX-220シリーズ」として2014年12月1日より順次発売開始します。

BX-220 シリーズ (全モデル共通)
 CPU: Atom E3845 1.91GHz
 メモリ: 4GB ECC 対応
 価格: オープン価格
型式:BX-220D-DC700000
 OS: なし           ストレージ: なし
型式:BX-220D-DC731211
 OS: WES7 32bit 日本語    ストレージ: CFastカード (SLC) 16GB
型式:BX-220D-DC731212
 OS: WES7 32bit 英語     ストレージ: CFastカード (SLC) 16GB
型式:BX-220D-DC761211
 OS: WES7 32bit 日本語    ストレージ: CFastカード (MLC) 32GB
型式:BX-220D-DC761212
 OS: WES7 32bit 英語     ストレージ: CFastカード (MLC) 32GB

WES7: Windows Embedded Standard 7


  新製品「ボックスコンピュータ BX-220シリーズ (以下、BX-220シリーズ) 」は、クアッドコア インテル Atom プロセッサ E3845、4GBメモリ、SSDを採用した小型組み込み用コンピュータです。 前世代のプロセッサから処理能力・電力効率が格段に向上した最新の組み込み用 Atom プロセッサを採用、従来製品 [ BX-210*1 ] との比較で、演算能力が約4倍、グラフィックス能力が約3倍に向上しています。 また、新書サイズほどの小型スリム筐体でファンレス・スリットレスを実現しており、作動音がせず内部に埃を吸い込まないため、設置場所を選ばず、保守メンテナンスを軽減できます。 新製品「BX-220シリーズ」は、演算処理が必要な高機能IoT*2 ゲートウェイ、産業用制御システム、インタラクティブなデジタルサイネージ・キオスク端末・自動販売機、医療機器、車載用インフォテインメントシステムなど、さまざまなアプリケーションで活用いただけます。
  また、新製品「BX-220シリーズ」は、メインのコンピュータ機能とは独立させた独自の拡張RAS*3 機能を搭載しています。この機能は、プログラムのハングアップ、OSの起動不良、内部温度上昇の異常検知でシステムを自動再起動させたり、障害解析に役立つ異常発生内容の詳細ログを保存したり、システムの信頼性を高めるさまざまな機能を提供します。(本機能を使用するには2015年2月提供予定の専用ユーティリティ(無料)が必要)

*1 : Atom プロセッサ Z530 (1.6GHz) 搭載した従来製品。 
*2 : Internet of Things、モノのインターネット。
*3 : Reliability Availability and Serviceability、システムを安定動作させるための支援機能。


【 BX-220シリーズの主な特長 】
■ ランニングコスト削減と省エネルギー化に貢献
低消費電力プラットフォームのクアッドコア インテル Atomプロセッサ E3845を採用、十分なパフォーマンスを確保しながら低消費電力を実現しています。

■ 装置の小型化に貢献。設置面積はほぼ新書サイズのウルトラスモールPC
設置場所を選ばないシリーズ最小[178(W)×115(D)×29(H)]のPCです。新書サイズの小さな設置面積で、お客様の装置の小型化に大きく貢献、設置場所を選ばずデザイン性を損ないません。

■ 保守点検業務を軽減するスリットレス・ファンレス設計
放熱スリット、CPUファンを廃し、ストレージにCFastカードを採用した完全スピンドルレス設計です。埃や異物が侵入する心配がなく、経年劣化する部品の使用を極力抑えて保守点検業務の負担を大幅に軽減します。

■ 周辺機器を自在に拡張。ツインCFastカードスロット他の豊富なインターフェイス
DVI-I×1、DisplayPort×1、1000BASE-T×2、USB3.0×1、USB2.0×2、シリアル(RS-232C)×2などの拡張インターフェイスを搭載。CFastカードスロットを2スロット搭載(1スロットは本体内蔵)しておりOSとデータの分離が可能です。

■ 産業用機器の信頼性を向上させる監視機能を搭載
監視専用のサブCPUを搭載し、起動不良、温度異常、OS動作異常、記録メディアの通電状態での挿抜など、障害発生ログの保存やOS/電源の再起動を行う機能を備えています。通電時間、稼働時間を記録し寿命部品の故障を事前に予測、安心した高信頼性の産業用システムの構築を実現させます。

■ ケーブル抜けによるトラブルを回避する抜け防止金具や固定クランプを用意
USBケーブルなどのロック機構がないコネクタやCFastカードの抜け防止用金具と固定クランプを装備。CFastカードの抜け防止を行うことができ、不要なトラブルを回避できます。

■ 10.8 〜 31.2VDCのワイドレンジ電源に対応
ワイドレンジ電源で様々な電源環境で使用可能です。別売のACアダプタにより100VACの電源環境でも使用できます。


 関連リンク
 ・ボックスコンピュータ BX-220 http://www.contec.co.jp/product/computer/boxpc220/
 ・産業用パソコン        http://www.contec.co.jp/product/computer/


株式会社コンテック (Contec Co., Ltd.) 会社概要
社名   株式会社コンテック (東京証券取引所第二部 証券コード:6639)
所在地  大阪市西淀川区姫里3-9-31
代表者名 代表取締役社長 藤木 勝敏
社員数  623名(グループ計)
資本金  11億1,960万円
URL    http://www.contec.co.jp

 1975年4月設立。産業用機器の総合メーカーとしてコントローラ本体や周辺機器、ネットワーク機器までを手掛け、開発・製造・販売からサポートまで幅広いサービスを提供しています。コンピュータの黎明期から産業分野でのPC技術の活用に着目し、産業用コンピュータや計測制御用インターフェイスボード、ネットワーク機器など、当時最先端の製品を次々と開発。この分野の世界的パイオニア企業として貢献してまいりました。培ったコア技術を活かし、環境・エネルギー、医療、鉄道・交通機関、デジタルサイネージなどの新分野にも進出。独創的な技術と製品で人々の暮らしをいっそう豊かなものにしていきます。

【お問い合わせ先】
■ 報道関係者様 お問い合わせ先
 CSR部 広報グループ
 〒108-0023東京都港区芝浦4-9-25 芝浦スクエアビル
 TEL: 03-5418-5967(ダイヤルイン) FAX: 03-5418-5968
 E-mail: promote@contec.jp

■ Webプレスリリース版(高解像度写真のダウンロード)
 http://www.contec.co.jp/corp/press/2014/14120100.html

■お客様 お問い合わせ先
 総合インフォメーション
 TEL: 050-3736-7861(ダイヤルイン)
 E-mail: tsc@contec.jp

※ ボックスコンピュータ、BOXPC、BOX-PCは、株式会社コンテックの登録商標です。
※ 記載の会社名、製品名は、一般に各社の商標または登録商標です。
※ 記事に住所を記載いただきます場合は、本社住所の記載をお願いします。


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る