• トップ
  • リリース
  • 消費税増税先送り、年内の解散を見事予測! 『日本の奈落』 アベノミクスの嘘に騙されない!個人投資家必読の今一番信頼できる経済観測

プレスリリース

株式会社ビジネス社

消費税増税先送り、年内の解散を見事予測! 『日本の奈落』 アベノミクスの嘘に騙されない!個人投資家必読の今一番信頼できる経済観測

(DreamNews) 2014年12月01日(月)09時00分配信 DreamNews

株式会社ビジネス社(東京都新宿区:代表取締役社長 唐津隆)は、2014年10月29日に『日本の奈落』を発売いたしました。

株式会社ビジネス社(東京都新宿区:代表取締役社長 唐津隆)は、2014年10月29日に『日本の奈落』を発売いたしました。

本書は、金融エコノミストとして活躍している植草氏が2014年の消費税増税の影響と株価、金利、為替の動向を再点検し 今後の米国債金利をめぐるFRBの動きから、2015年の日本経済を予測しています。

植草氏の的中率は他に類を見ない高さで、前著の『日本経済撃墜』では、4月の消費税8%増税による経済成長率のマイナス成長を予測、事実、4-6月期のマイナス7.3%成長に続き、7-9月期はマイナス1.6%、2四半期連続マイナス成長という、著者の予測そのままになりました。政治的動きにも深い洞察が見られ、本書では、消費税増税の先送り、年内の解散を予測しており、そのシナリオ通りの動きとなりました。

アベノミクスがもてはやされた唯一の理由は、2013年前半に株価が上昇したことですが、確かに8,600円の日経平均株価が半年で8割上がりました。しかし、株価が上昇したのは円安が進行したためで、円安進行は米国金利の上昇の結果であり、アベノミクスの成果ではないと著者は指摘しています。

政府の発表やメディアの報道する嘘に惑わされず、真実の経済を見つめるにはどうすべきか、個人投資家は必読なのはもちろん、政局不安定な現状にある現在の日本で、経済の先行きを正確に知りたい方はご一読頂く価値のある1冊です。

著者:植草 一秀(うえくさ かずひで)
1960年、東京都生まれ。東京大学経済学部卒。大蔵事務官、京都大学助教授、米スタンフォード大学フーバー研究所客員フェロー、早稲田大学大学院教授などを経て、現在、スリーネーションズリサーチ株式会社=TRI代表取締役。金融市場の最前線でエコノミストとして活躍後、金融論・経済政策論および政治経済学の研究に移行。現在は会員制のTRIレポート『金利・為替・株価特報』を発行し、内外政治経済金融市場分析を提示。政治情勢および金融市場予測の精度の高さで高い評価を得ている(本データはこの書籍が刊行された当時に掲載されていたものです)

(著者)植草一秀


(価格)1,600円+税 

〈発売日〉2014年10月29日 

〈出版元〉ビジネス社

《 お問い合わせ先 》
株式会社ビジネス社 広報担当:松矢
〒 162-0805東京都新宿区矢来町114番地 神楽坂高橋ビル5F
E-mail : matsuyapress@gmail.com
TEL03-5227-1602/ FAX 03-52271603


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る