• トップ
  • リリース
  • 合同会社プラチナコンサルティングが金融機関に特化したHSMの販売を開始。各種カードのためのコマンド、機能を標準装備。高性能、低価格でリプレイス需要を狙う。

プレスリリース

合同会社プラチナコンサルティング

合同会社プラチナコンサルティングが金融機関に特化したHSMの販売を開始。各種カードのためのコマンド、機能を標準装備。高性能、低価格でリプレイス需要を狙う。

(DreamNews) 2014年11月12日(水)12時00分配信 DreamNews

合同会社プラチナコンサルティングは11月10日より金融機関向けHSM(Hardware Security Module) Cryptosec BANKINGの販売を開始いたしました。この製品は鍵生成・保管に加えて金融、証券業務のためにEMVコマンド、機能を含む標準コマンド、機能を統合しており優れたコストパフォーマンスが評価され、この製品は既に世界中の多くの金融機関で採用されています。

合同会社プラチナコンサルティング(以降「当社」)は11月10日より金融機関向けHSM(Hardware Security Module) Cryptosec BANKINGの販売を開始いたしました。この製品はトランザクションセキュリティの確保、鍵保管に必要なすべての機能を備えており金融、証券業務のためにEMV*1コマンド、機能を含む標準コマンド、機能を統合しています。利用者は将来の追加投資なしに新たな標準コマンド、機能を利用できます。優れたコストパフォーマンスが評価され、この製品は既に世界中の多くの金融機関で採用されています。
当社代表社員の中井健二は今回の販売開始に当たり以下のように抱負を語っています。「この製品は従来のHSMに性能、価格やライフサイクルに不満を感じている顧客に対する解決策になると確信しています。この素晴らしい製品を日本で提供できることには大きな喜びです。」
1)クレジットカード、デビットカード認証に必要なICカードと読取装置間の連携処理を規定した世界標準。

主な機能、特徴:
処理性能:最大毎秒15,000PINブロックトランザクション(200同時リクエスト)
独自APIでアプリケーションとの統合を簡単に実現。
交換可能なバッテリーを採用しプロダクトライフサイクルの問題を回避。
追加コマンド、機能に対する追加費用なし。
FIPS140-2 Level 3認証
クレジットカードサポート:VISA/MasterCard/American ExpressのPIN、スマートカード認証。暗号化コマンド、デジタル署名を含むEMV 3X、4Xトランザクションとメッセージング。主要な支払認証ソフトとの統合と使用。
主な機能:
標準暗号化:DES, TDES, HASH, MAC, RSAなど
PINコード機能:PINコード生成、変換と認証(DUKPT)、PIN-offset計算、PIN書出しと目隠し封筒への印刷、CVV、CVC3など
EMV変換機能:暗号スクリプトと署名、DACおよびIDN機能、ARQCおよびARPC機能、PIN変更機能など
その他機能:ePurseアプリケーションのための鍵生成と認証、転送アプリケーション、高速道路料金管理など

追加情報:
名称: CryptosecBANKING
参考定価:本体価格 4,696,000円
販売目標:来年末までに100システムの新規顧客を見込んでいます。
開発製造元:realsec社 HQ: C/Infanta Mercedes?Planta 4, 28020 Madrid[Spain] www.realsec.com

更に詳細をお知りになりたい方は弊社ホームページ:http://www.platinumllc.infoをご参照ください。

本件お問合せ先
合同会社プラチナコンサルティング 代表社員 中井健二(なかい けんじ)
TEL (03)3934-3311
E-mail info1@platinumllc.jp
URL http://www.platinumllc.info

【合同会社プラチナコンサルティングについて】
合同会社プラチナコンサルティング(資本金100万円、2008年5月設立)は経営コンサルティング、ITサービスに関連する事業を行っています。
〒179-0081 東京都練馬区北町5-11-17 ファミールハイツ北町801
電話・FAX (03)-3934-3311
URL http://www.platinumllc.info



推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る