• トップ
  • リリース
  • Microchip、アナログとデジタルの長所を兼ね備えた マイコン内蔵アナログ電源コントローラの新製品を発表

プレスリリース

マイクロチップ・テクノロジー・ジャパン株式会社

Microchip、アナログとデジタルの長所を兼ね備えた マイコン内蔵アナログ電源コントローラの新製品を発表

(DreamNews) 2014年10月22日(水)13時00分配信 DreamNews

アナログPWM制御とMCUを組み合わせ、最大40 Vで動作する 業界初のPMBusTM互換コントローラMCP19118/9

2014年10月22日[NASDAQ: MCHP] -マイクロコントローラ、ミックスドシグナル、アナログ、Flash-IPソリューションのトッププロバイダであるMicrochip Technology Inc.(日本支社: 東京都港区浜松町、代表: 吉田洋介 以下Microchip社)は本日、最新のマイコン内蔵アナログ電源(DEPA)コントローラ製品、MCP19118とMCP19119 (MCP19118/9)を発表しました。これらの製品は、デジタルMCUによる柔軟な設定により、最大40 VまでのDC/DC同期降圧型コンバータ向けのシンプルで効率的なアナログPWM制御を提供します。また、これらの製品は40 Vの動作とPMBusTM通信インターフェイスを組み合わせた業界初のデバイスです。これらの機能により、内蔵8ビットPIC(R) MCUにアナログ制御ループをプログラムした電力変換回路の迅速な開発が可能です。この集積度と柔軟性は、バッテリ充電、LED駆動、USB Power Delivery、POL電源、車載電源等の電力変換アプリケーションに最適です。
デジタル制御電源が各種の動作条件とトポロジに対する構成の柔軟さのため急速に普及するに伴い、電源システムの設計においても、PMBus等の標準の通信インターフェイスを介した遠隔計測情報の報告と双方向通信(通常は監視とフォルトの報告のため)の機能に対する必要性が高まっています。また、最近リリースされたUSB充電仕様(USB Power DeliveryとUSBタイプCコネクタ)は可変充電電圧に対応してデバイスの急速充電を可能にしますが、これには潜在的に難しいハードウェア要件となります。
監視用マイクロコントローラを統合する事で、MCP19118/9はプログラマブル電源を作成できます。スイッチング周波数(100 kHz〜1.6 MHz)、電流制限、電圧設定ポイント等の主要なシステム設定は、デバイスの動作中に書き込みコマンドをレジスタに発行する事で調整できます。これにより別のアプリケーションに設計を再利用する事ができ、ファームウェア アップデートを使って設定を変更し、複数のプラットフォームにわたる設計、製造、在庫要件を最小限に抑える事ができます。さらに、統合されたMCUコアを使い、アプリケーションの他の部分を監視する事で、起動動作のシーケンシング、フォルト/低電圧条件/ブラウンアウト条件のインテリジェントな管理、ハウスキーピング機能の実行、負荷要件に応じた電力出力の調整(バッテリ充電またはUSBポートパワー)、モジュールの外部インターフェイスの支援(信号の監視またはユーザまたはシステムへの信号の供給)を行う事ができます。統合されたリニア レギュレータ、PWMジェネレータ、ADC、MOSFETドライバ、アナログ エラーアンプ、制御ループ補償により、MCP19118/9は、非常にコンパクトな回路ソリューションを提供します。適切に実装する事で、このシステムは高い変換効率、優れた過渡応答を発揮し、携帯型アプリケーションにおけるシステムの電力損失を低減し、ヒートシンクの小型化、バッテリ動作時間の延長を実現します。これらのDEPAデバイスは、カスタマイズされたSMBusまたはPMBus互換のコマンドを使い、I2CTMインターフェイスを介してデータを提供する事もできます。
「今回の製品は、Microchip社のマイコン内蔵アナログ電源製品ファミリで採用した受賞歴のある技術革新のもう1つの事例です。」とMicrochip社アナログおよびインターフェイス製品マーケティング担当副社長のBryan J. Liddiardは述べています。「DC/DCコントローラにこのレベルの柔軟性と構成のしやすさを実現している半導体企業は他にありません。また、他社の製品ソリューションで、電力変換、バッテリ充電、またはLED駆動アプリケーションに対してこのレベルの機能を提供している製品はありません。」

開発サポート
MCP19118/9 のプログラミング支援は、MPLAB(R)X IDEのMCP19111 Design AnalyzerとMCP19111グラフィカルユーザインターフェイスプラグインからご利用頂けます。これらのソフトウェア製品は、どちらも上記リンクの「Documentation & Software」から無償でダウンロードし、本日からご利用頂けます。また、アプリケーションノートAN1541に、これらのツールの使い方を記載しています。
これらのMCP19118/9 DEPAコントローラを使った標準の開発には、MPLAB(R) X統合開発環境(IDE)、PICkitTM 3(製品番号: PG164130)、PICkitシリアル アナライザ(製品番号: DV164122)、MPLAB XC8コンパイラ等、Microchip社の充実した開発ツールをお使い頂けます。

在庫/供給状況
MCP19118とMCP19119はどちらも本日よりサンプル出荷とそれぞれ5,000個単位の量産出荷を開始します。MCP19118は4x4 mm 24ピンQFNパッケージで、MCP19119は5x5 mm 28ピンQFNパッケージで提供いたします。
詳細は、Microchip社または正規販売代理店にお問い合わせ頂くか、Microchip社のウェブページ(http://www.microchip.com/get/MME2)をご覧ください。本プレスリリースに記載された製品をご購入頂くには、microchipDIRECTにアクセスするか、Microchip社の正規販売代理店にご連絡ください。

リソース
高画質の写真は報道関係専用窓口までお問い合わせ頂くか、Flickrでご覧ください(掲載に許可は不要です)。
・デバイス画像:http://www.microchip.com/get/5L24
・ブロック図:http://www.microchip.com/get/ASE3

Microchip社の最新情報をぜひフォローしてください。
・Microchip社製品ニュースのRSSフィード:http://www.microchip.com/get/48AR
・Twitter: http://www.microchip.com/get/J788
・Facebook: http://www.microchip.com/get/WUMD
・YouTube: http://www.microchip.com/get/33NW

Microchip社について
Microchip社(NASDAQ: MCHP)は、マイクロコントローラ、ミックスドシグナル、アナログ、Flash-IPソリューションのトッププロバイダであり、全世界で数千を超える各種アプリケーションにおいて、低リスクの製品開発、総システムコストの削減、迅速な商品化の実現に貢献しています。Microchip社は本社をアリゾナ州チャンドラーに構え、優れた技術サポート、確かな納期、高い品質を提供しています。詳細は、Microchip社のウェブページ(http://www.microchip.com/get/LT49)をご覧ください。

詳細については、以下にお問い合わせください。
Daphne Yuen (Microchip社):
メール: daphne.yuen@microchip.com



推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る