• トップ
  • リリース
  • パブリックリソース財団は日本健康スポーツ連盟と共同で「AED・健康スポーツ基金」を設立。安心してスポーツ活動が行えるよう地域のスポーツチームにAED(自動体外式除細動器)を寄贈します。

プレスリリース

公益財団法人パブリックリソース財団

パブリックリソース財団は日本健康スポーツ連盟と共同で「AED・健康スポーツ基金」を設立。安心してスポーツ活動が行えるよう地域のスポーツチームにAED(自動体外式除細動器)を寄贈します。

(DreamNews) 2014年10月09日(木)16時00分配信 DreamNews

公益財団法人パブリックリソース財団は、公益財団法人日本健康スポーツ連盟と共同で、2014年10月1日「AED・健康スポーツ基金」を設立しました。2020年の東京オリンピックに向け活発となる地域スポーツにおいて、多くの人が安心してスポーツ活動を行えるよう、地域のスポーツチームにAED (自動体外式除細動器、Automated External Defibrillator)を寄贈します。

公益財団法人パブリックリソース財団は、公益財団法人日本健康スポーツ連盟と共同で、2014年10月1日「AED・健康スポーツ基金」を設立しました。
今後、2020年の東京オリンピック・パラリンピックに向けて、様々な年代、様々な地域で競技スポーツ、健康スポーツ活動が盛んになることが予想されますが、安心してスポーツ活動を行えるだけの十分な数のAEDが設置されている状況にありません。
地域スポーツに関わる多くの人が安心してスポーツ活動を行う環境づくりを行うために、基金の趣旨に賛同していただいた企業や個人のみなさまからの寄付をもとに、地域のスポーツチームにAED (自動体外式除細動器、Automated External Defibrillator)を寄贈します。また、地域のスポーツに関わる多くの人が躊躇なく「AED」を使用できるよう講習会を実施し、「いのちの教育」の実現に貢献します。



基金の運営管理と寄贈先の選定はパブリックリソース財団が行い、日本健康スポーツ連盟は、スポーツに打ち込む子どもたちを始め、地域のスポーツに関わる人がAEDが使用できるように講習会の実施と講習インストラクターの派遣、AED普及についての啓蒙活動、募金活動を行います。また、公益財団法人日本体育協会や公益財団法人日本オリンピック委員会をはじめ多くのスポーツ団体から後援をいただいています。
「AED・健康スポーツ基金」を通じて、安心してスポーツに取り組める環境作りを行います。

お問い合わせ
公益財団法人パブリックリソース財団 
担当: 畑谷 はたや
〒104-0043 東京都中央区湊2-16-25 202
Phone : 03-5540-6256 Fax : 03-5540-1030 
E-mail: keiko@public.or.jp
http://www.public.or.jp/PRF/fund/fund_07/index.html
http://sports-aed.com/



推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る