• トップ
  • リリース
  • 照明出力容量を60%アップした画像処理用LED照明コントローラ「OPPF-48シリーズ」。

プレスリリース

オプテックス・エフエー株式会社

照明出力容量を60%アップした画像処理用LED照明コントローラ「OPPF-48シリーズ」。

(DreamNews) 2014年10月06日(月)13時00分配信 DreamNews

オプテックス・エフエー株式会社(本社:京都市下京区、代表取締役社長:小國勇)は、2014年10月6日、従来機から照明出力容量を60%アップしたLED照明コントローラAdvanced「OPPF-48シリーズ」を発売いたします。

オプテックス・エフエー株式会社(本社:京都市下京区、代表取締役社長:小國勇)は、2014年
10月6日、従来機から照明出力容量を60%アップしたLED照明コントローラAdvanced「OPPF-48シリ
ーズ」を発売いたします。
 「OPPF-48シリーズ」は、1000階調PWM調光に加え、ストロボ機能を搭載した画像処理用LED照明
コントローラです。従来機「OPPF-30シリーズ」のサイズ、標準価格はそのままで照明出力容量60%
アップを実現しました。PWMモード、ストロボモードともに、2ch合計最大48Wの照明が接続可能と
なります※。従来よりも大きいサイズの照明が接続可能となり、1台の電源に対する照明の組み合
わせの選択肢も広がります。
 独自機能の「FALUX sensing」も搭載し、LED照明との電力線通信によるモニタリングとフィード
バック制御が可能です。
 標準価格は、親機:48,000円(税別)、子機:36,000円(税別)です。
 今後もオプテックス・エフエーでは、「高品質、だけど低価格。」を営業方針として、お客様の
利益向上につながるFA製品を開発してまいります。

※1chの場合、PWMモードは最大30Wまで、ストロボモードは最大24Wまで接続可能。

■参照ページ
http://www.optex-fa.jp/products/light/oppf/
■<センシング機能>(特許登録済)
LED 照明コントローラAdvanced「OPPF-48 シリーズ」は独自技術の「FALUX sensing」を搭載し、センシング
LED 照明と接続することにより、輝度のモニタリングとフィードバック制御が可能です。フィードバック制
御では、長期的な使用に伴う輝度の変動に対して電圧調整を行い、約5 万時間の長期に渡り同一輝度を保ち
ます。

■国内販売数目標(年間):3,000 台
■会社概要
オプテックス・エフエー株式会社
商号 :オプテックス・エフエー株式会社
所在地 :京都市下京区中堂寺粟田町91 京都リサーチパーク9 号館
設立 :2002 年1 月7 日
代表取締役 :小國 勇
資本金 :5 億5,324 万円
事業内容 :ファクトリー・オートメーション用光電センサ関連機器、装置の
製造・販売等
売上高 :46 億73 百万円(2013 年12 月決算)
従業員数 :180 名(連結)(2014 年7 月1 日現在)

【本件に関するお問合せ先】
オプテックス・エフエー株式会社 【JASDAQ:6661】
事業支援部 大毛 沙紀(E-mail: fa@optex-fa.com)
〒600-8815 京都市下京区中堂寺粟田町91 京都リサーチパーク9 号館
TEL: 075-325-2920 FAX: 075-325-2921
URL: http://www.optex-fa.jp


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る