• トップ
  • リリース
  • エコトレFX 投資助言手数料制導入と全通貨ペアのスプレッド縮小

プレスリリース

ひまわり証券株式会社

エコトレFX 投資助言手数料制導入と全通貨ペアのスプレッド縮小

(DreamNews) 2014年10月01日(水)18時00分配信 DreamNews

日本で初めてFX取引を提供した「ひまわり証券」は、厳選された売買システムから気に入ったものを選ぶだけで、簡単にFXの自動売買をすることができるFX自動売買ツール「エコトレFX」におきまして、2014年11月3日(月)より投資助言手数料制の導入および全通貨ペアのスプレッドを縮小する運びとなりました。

日本で初めてFX取引を提供した「ひまわり証券」は、厳選された売買システムから気に入ったものを選ぶだけで、簡単にFXの自動売買をすることができるFX自動売買ツール「エコトレFX」におきまして、2014年11月3日(月)より投資助言手数料制の導入および全通貨ペアのスプレッドを縮小する運びとなりました。

これに伴い、2014年11月3日(月)より、「エコトレFX」をご利用の際には「投資顧問契約」(以下、本契約)の締結が必要になります。


■投資助言手数料について
本契約により2014年11月3日(月)以降にエコトレFX(シストレ口座)でお取引された際に投資助言手数料をいただくことになりました。
投資助言手数料は、取引数量1万通貨あたり片道108円(税込)となります。
※ひまわりFXレギュラー口座につきましては、これまで通り手数料等の費用は発生いたしません。


■スプレッド縮小について
2014年11月3日(月)のお取引分よりエコトレFX(シストレ口座)の全通貨ペアのスプレッドを縮小します。「エコトレFX」の新しいスプレッドにつきましては、ひまわり証券ホームページで、ご確認ください。
ひまわり証券ホームページ : http://sec.himawari-group.co.jp/


■エコトレFXとは
「エコトレFX」は、厳選された売買システムから気に入ったものを選ぶだけで、簡単にFXの自動売買をすることができるFX自動売買シストレツールです。
売買システムの運用と発注はサーバー上ですべて行われるので、特別なソフトや専用パソコンを用意する必要がなく、ひまわりFXシストレ口座を開設されたお客様であれば、どなたでも簡単にご利用いただけます。

エコトレFXの詳細はこちらをご覧ください 
http://ecotre.himawari-group.co.jp/


【お問い合わせ先】 ひまわり証券株式会社  長友
TEL:03-5400-3412 FAX:03-5400-3664 E-mail: info-pr@sec.himawari-group.co.jp
東京都港区海岸1-11-1 ニューピア竹芝ノースタワー 6F

【ひまわりFXにおける重要事項】
●外国為替レートの変動やスワップ金利の支払いによりお客様が損失をこうむるリスクがあり、投資元本が保証されるものではありません。
●取引金額が証拠金の額に比べて大きいため、マーケットの変動率に比べ投資元本の損益変動率が大きく、状況によっては、その損失は証拠金の額だけに限定されません。
●取引手数料はホームページにてご確認ください。
●提示価格及び取引価格にはスプレッドといって売値と買値に差があります。スプレッドは固定ではなく、主要経済指標の発表前後、早朝や主要市場の休日等で市場の流動性が低い時間帯、予期せぬ突発的事象等の発生時には、拡大する場合があります。
●個人のお客様の場合、レギュラー口座、シストレ口座の証拠金は証拠金率が4%以上になるように設定します。法人のお客様の場合、レギュラー口座、シストレ口座の証拠金は証拠金率が1%以上になるように設定します。また、その証拠金は外国為替レートにより変動します。
●取引のお申込みの際には、ガイドブック、契約締結前交付書面・口座約款等の取引説明書をよくお読みいただき、仕組みやルールを十分にご理解のうえ、資産に合わせて、お客様ご自身の判断と責任において行っていただきますようお願い申し上げます。
●その他詳細はホームページにてご確認ください。
ひまわり証券株式会社
関東財務局長(金商)第150号(金融商品取引業)
加入協会:一般社団法人金融先物取引業協会・日本証券業協会・一般社団法人日本投資顧問業協会


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る