• トップ
  • リリース
  • アクティフィオ、クラウドやOracleプラットフォームを活用する分散型企業環境向けに、世界最速アプリケーションンデータ管理ソリューションを発表

プレスリリース

アクティフィオジャパン株式会社

アクティフィオ、クラウドやOracleプラットフォームを活用する分散型企業環境向けに、世界最速アプリケーションンデータ管理ソリューションを発表

(DreamNews) 2014年09月30日(火)11時00分配信 DreamNews

新機能追加によるプラットフォーム強化により、Oracleアプリケーション向けのデータ保護とプロビジョニングを、データ規模に関わらず10分以内で完了

コピーデータの仮想化を提供するアクティフィオ(日本法人、Actifio Japan株式会社、東京都千代田区、代表:勝俣正起、以下「アクティフィオ」)は本日、Oracle OpenWorldにて、Oracleを活用する企業のクラウド活用をスピーディに実現する機能を追加し、アクティフィオのプラットフォームを強化したと発表しました。これらの新しい機能は、企業におけるデータ管理の簡素化を実現にすると共に、基幹業務のインフラを迅速にクラウドに移行できるよう支援します。

今回アクティフィオプラットフォームに追加された機能は次の通りです。
- 迅速なデータベース開発 ― RMAN、プラガブルデータベース、インメモリデータベース, RAC向けにデータ抽出機能と管理機能を新規に追加
- スケーラブルなOracle管理 ― 先進技術により最大数百テラバイトまでのデータベースの保護、管理、プロビジョニングを素早く実現
- クラウド拡張―Oracle 12cのマルチテナント機能をサポートし、パブリッククラウド(Amazon等)の次世代のOracleアプリケーションや、アクティフィオ製品を活用している世界中の30以上のクラウドサービスに対応
- インテリジェントなログ管理―Actifio LogSmartTMテクノロジーで、ログの適用を自動化的に行い、特定時点のデータベースイメージを素早く再現

これらの新機能は、Oracleとアクティフィオのデータ仮想化プラットフォームのさらに高度な統合を可能にし、より高いレベルのデータベース管理と、時間と手間が掛かるコピーデータの大幅な削減を実現しています。アクティフィオの新しいテクノロジーは、20テラバイトのOracle 12cデータベースのクローンを、ストレージ容量を追加することなく、20の開発者に対して10分以内に提供できることが、ベンチマークテストによって実証されています。また、このアプリケーションデータは、パブリッククラウドに簡単に移行することができます。全ての操作はアクティフィオのデータ保護ポリシー(SLA)に基づいて自動的に実行されます。

アクティフィオの創業者/最高経営責任者(CEO)、アッシュ・アシュトシュは次のように述べています。「アクティフィオは、Oracleと連携して、企業のアプリケーションデータ管理向けに世界最高のプラットフォームを提供し、企業が今日の市場で勝ち残るための顧客中心でニーズに迅速に対応可能なIT環境を実現していきます。アクティフィオは、Oracleの強力なアプリケーションスイートを活用したビジネスニーズにより迅速に対応できる企業向けのIT基盤開発を、次世代の技術刷新の中核ととらえています。ビジネスニーズに応じて設定可能なアクティフィオのデータ保護ポリシー(SLA)に基づいた管理サービスは、より迅速な開発・テストを実現し、クラウドへのデータ移行を可能にするテクノロジーを提供します。アクティフィオが特許を取得したデータ仮想化プラットフォームは、Oracle 12c、eBusiness Suite、Exadata、Exalogic、WebLogic、Oracle LinuxおよびSolarisを含むOracleの主要プラットフォームに対応し、統合されています」

Oracleのお客様は、アクティフィオを活用することで、自社のプライベート/ハイブリッドクラウド環境に、より高度な機能を実装することができます。Oracle環境におけるこれまでのデータベース管理方法では、バックアップ、DR、事業継続、開発・テスト、解析、法令準拠といった目的別に独立した専用ツールを導入するため、複雑で高価な相互連携が難しいインフラを持たざるをえませんでした。そのため、企業では、最大で120ものデータベースのコピーを保存・管理することとなり、コスト増大と複雑な運用を招くだけでなく、開発・テストのサイクルを減速させてきました。

アクティフィオは、データを仮想化することにより、Oracle 環境におけるデータ保護レベルを高め、より迅速なデータ活用を実現し、コストとリスクを低減しながら、データのサイロ化や目的別の専用ツールの使用を回避できるようにします。

データベース管理者(DBA)や開発者は、それぞれの権限で操作設定が可能なアクティフィオのワークフロー機能を活用することで、インフラチームの対応を待つことなく、必要なデータを必要なタイミングで自動的に手に入れることができます。RESTful APIを介して、機密データを保護するためのマスキングソフトウェアなどの様々なサードパーティーソフトウェアと連携することも可能です。

UST グローバルセールス担当上級副社長兼ジェネラルマネージャー Rakesh Patel氏は次のように語っています。「企業は、競合他社に対する優位性を模索しながら、既存のツールを効率的に活用して、高価なハードウェアへの投資を回避しています。当社は、アクティフィオを導入することで、お客様の利便性を高めながら、ストレージ、データ保護、データアクセスなどのサービスに関するコストを削減することができます。我々が効率化に取り組むことで、お客様は当社サービスの優位性を明確に認識することになります。」

アクティフィオは、Oracleのプラチナパートナーとして、コンテナとプラガブルデータベースの両方のレベルでOracle12cをはじめとするOracleのデータベースに幅広く対応し、RAC, Exadataや Exastackなどのインメモリデータベースも完全にサポートします。企業はオン/オフプレミスまたはクラウドインフラ上で、アクティフィオが特許を持つアプリケーション中心のデータ保護ポリシー(SLA)に基づいたデータ仮想化プラットフォームを利用し、ギガバイトからペタバイト規模のすべてのOracle eBusiness Suiteアプリケーションデータを簡単に管理することができるようなります。

アクティフィオは現在、世界36カ国に500を超える企業ユーザを擁しており、1エクサバイトを超える重要な企業の本番データを管理しています。ほとんどの企業がそれぞれのSoftware-Defined Data Center戦略でアクティフィオを重要な一要素として位置付けています。クラウドサービスプロバイダーパートナーの多くが、アクティフィオを搭載したコピーデータ仮想化サービスを開発中または市場投入しており、世界中の企業顧客にパブリックおよびハイブリッドのクラウドコピーデータ管理サービスを提供しています。

Oracle環境向けアクティフィオソリューションについて、詳しくはwww.actifio.com/oracleをご覧ください。


本件に関するお問い合わせ先:
actfio広報担当:神谷
Tel: 03-5269-1038
Email: actifio@jspin.co.jp
アクティフィオまたは製品に関するお問い合わせ先:
E-mail:info@actifio.com




推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る