• トップ
  • リリース
  • 勤務先の一部上場企業の倒産、無職を経験し、大家の道で成功を治めた著者による 超格差社会を生き抜くための兼業大家という攻めの戦略 『おカネのルールは自分でつくる 兼業大家さんという超個人年金の話』

プレスリリース

株式会社ビジネス社

勤務先の一部上場企業の倒産、無職を経験し、大家の道で成功を治めた著者による 超格差社会を生き抜くための兼業大家という攻めの戦略 『おカネのルールは自分でつくる 兼業大家さんという超個人年金の話』

(DreamNews) 2014年09月16日(火)16時00分配信 DreamNews

株式会社ビジネス社(東京都新宿区:代表取締役社長 唐津隆)は、2014年9月10日に『兼業大家さんという超個人年金の話-おカネのルールは自分でつくる』を発売いたしました。

株式会社ビジネス社(東京都新宿区:代表取締役社長 唐津隆)は、2014年9月10日に『兼業大家さんという超個人年金の話-おカネのルールは自分でつくる』を発売いたしました。

これからの時代、労働力の流動性が強まり、正社員の地位は有名無実となり、年金は逃げ水のように遠ざかり、患者の医療費負担率は高騰していくことが予測されます。雇用は実力主義となり、20歳台で年収5億円の社員が誕生する一方、50台で200万円に届かない人も出てくることが予測されます。そんな超格差社会になったとき、大切な家族を守るために、私たちが行うべきはどんなことなのでしょうか。
著者が提案する戦略は『兼業大家さん』という『超個人年金』の獲得。年金が少ないと嘆くならば、稼げばいい、という発想です。雇用され労働をするのではなく、大家さんになり家賃を受け取る側に回ればよいという発想です。但し、不動産投資は落とし穴だらけ。本書内では、投資してはならない不動産の実態や、物件取得の条件、投資の手順と評価などについて、分かりやすく説明しています。先行き不透明なこんなご時世を生き抜くための不動産投資の真髄を元祖サラリーマン大家さんが伝授いたします。

著者:藤山勇司
『サラリーマンでも大家さんになれる46の秘訣』(実業之日本社)を上梓し、元祖サラリーマン大家さんとしてTVなどさまざまなメディアで活躍。現在、10棟のアパートなど100室を所有、家賃総額は4200万円を超えている。

(著者)藤山勇司


(価格)1,300円+税 

〈発売日〉2014年9月10日 

〈出版元〉ビジネス社


《 お問い合わせ先 》
株式会社ビジネス社 広報担当:松矢
〒 162-0805東京都新宿区矢来町114番地 神楽坂高橋ビル5F
E-mail : matsuyapress@gmail.com
TEL03-5227-1602/ FAX 03-52271603


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る