• トップ
  • リリース
  • 新製品、自動車衝突安全実験スレッドシミュレーション“ServoSled 700”9月より、エフ・アイ・ティー・パシフィック株式会社が日本での販売を開始

プレスリリース

エフ・アイ・ティー・パシフィック株式会社

新製品、自動車衝突安全実験スレッドシミュレーション“ServoSled 700”9月より、エフ・アイ・ティー・パシフィック株式会社が日本での販売を開始

(DreamNews) 2014年09月18日(木)09時00分配信 DreamNews

エフ・アイ・ティー・パシフィック株式会社は、9月より米国シアトル・セーフティ社がコンポーネント試験用に開発した自動車衝突安全実験スレッドシミュレーション“ServoSled 700”の日本での販売を開始します。

スレッド試験システムの専門メーカーのシアトル・セーフティ社は、コンポーネント試験用に開発した「ServoSled 700」を9月より発売開始しました。日本での販売は日本総代理店のエフ・アイ・ティー・パシフィック(株)(本社:東京都台東区社長:笠井庸正)が行います。
「ServoSled 700」は、特に車両シート、チャイルドシート、シートベルトおよびバッテリーなどの法規パルスのみならず、車両試験NCAP、FMVSSなどのパルスの作成も可能です。世界50箇所以上の自動車衝突ラボで定評を得た“ServoSled”の技術をベースとし、
コンパクト/低価格/最小工事費で導入できる画期的なスレッド試験システムです。
本システムは、高い応答周波数のクローズド・ループ制御によりコンポーネント試験、車両試験、拘束システム試験など広範なパルスを再現します。スレッド全長は必要に応じカスタマイズ可能です。メーカー工場で組上げ、コンテナ輸送し、納入後直ちに設置工事が行えます。また、専用基礎工事が不要で、コンクリートの床面へボルト設置するため、短期間の工事で運用が開始できます。装置の移動・再設置も容易に行えます。

◆特徴
・2つのアクチュエーターにより推力を最適化
・油圧システムによりエアー充填
・短時間で試験準備が可能
・コンパクトな設計
・操作、メンテナンスが容易
・初回からターゲットパルスを再現

<シアトル・セーフティ社>
オーバーン(米国ワシントン州)に本社を置く、衝突安全のラボシミュレーションにおけるスレッド試験システムの専門メーカーです。
2002年ServoSledの発売以来、世界の自動車衝突安全ラボの能力及び精度の向上に貢献しています。短時間チューニングや高精度なパルスコントロールを通じて生産性の向上を実現し、低Gの鞭打ちから複雑なNCAPのシミュレーションまで、あらゆるパルスに対応します。www.seattlesafety.com

<会社概要>

エフ・アイ・ティー・パシフィック株式会社

代表取締役社長:笠井庸正
本社:東京都台東区浅草橋3-20-15 浅草橋ミハマビル4F
資本金:1億1,136万円
設立:1996年7月
事業内容:技術商社として、自動車衝突試験関連製品、ICT関連製品、医療・福祉・介護関連製品、特殊工業製品の輸入、企画・開発、販売
URL:http://www.fitpacific.com

<本件に関するお問合せ>
エフ・アイ・ティー・パシフィック株式会社
AS事業部
〒111-0053 東京都台東区浅草橋3-20-15 浅草橋ミハマビル4F

Tel 03-5820-7021Fax 03-5820-7027Email: asdummy@fitpacific.com


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る