• トップ
  • リリース
  • TonerSaverが「東京都トライアル発注認定制度」にて認定商品として選定

プレスリリース

株式会社スプライン・ネットワーク

TonerSaverが「東京都トライアル発注認定制度」にて認定商品として選定

(DreamNews) 2014年09月04日(木)15時00分配信 DreamNews

株式会社スプライン・ネットワーク(東京都渋谷区、代表取締役社長:雪野 洋一)は、レーザープリンターのトナー使用量を最大75%まで削減することのできるTonerSaver(トナーセーバー)が、中小企業者の新規性の高い優れた新商品などの普及を支援するための制度である「東京都トライアル発注認定制度」において、認定を受けたことを2014年9月4日に発表しました。

株式会社スプライン・ネットワーク(東京都渋谷区、代表取締役社長:雪野 洋一)は、レーザープリンターのトナー使用量を最大75%まで削減することのできるTonerSaver(トナーセーバー)が、中小企業者の新規性の高い優れた新商品などの普及を支援するための制度である「東京都トライアル発注認定制度」において、認定を受けたことを2014年9月4日に発表しました。

東京都では、中小企業の新規性の高い優れた新商品の普及を応援するため、都が新商品を認定してPR等を行うとともに、都の機関が随意契約にて試験的に購入し評価をする「東京都トライアル発注認定制度」を実施しています。平成21年から開始された本制度は今年で6回目となり、83件の応募の中から外部専門家等による厳しい審査を経て15件が認定製品(または役務)として選ばれました。

TonerSaver (トナーセーバー)は、レーザープリンターやインクジェットプリンターのトナー/インクの消費量を1%刻みで最大75%まで削減することのできる、Windows用ソフトウェアです。アプリケーションから印刷コマンドを実行後、スライドバーで希望の削減率を設定するだけで、高品質な仕上がりを維持しながら、印刷コストを効果的に削減します。文字や図形はもちろんのこと、バーコードやQRコードの読み取りにも支障のない、高品位な印刷出力を維持しつつ、トナー/インクの消費量を効果的に削減します。また、印刷ジョブごとに詳細なログを記録することができるので、コスト管理や情報漏洩抑止に役立てることもできます。トナーセーバーは世界6か国で特許を取得しています。

■ 「東京都トライアル発注認定制度」に関して、詳しくは東京都のウェブサイトをご覧ください。
http://www.sangyo-rodo.metro.tokyo.jp/shoko/sogyo/trial/index.html

■ 「TonerSaver (トナーセーバー)」に関して、詳しくは弊社ウェブサイトをご覧ください。
http://www.tonersaver.jp/

■ 株式会社スプライン・ネットワークについて
当社は、IT業界の経験豊富な出身者が中心となって2002年1月に設立されたデジタル ドキュメント ソリューションのリーディングカンパニーです。長年培ってきたプリンタードライバーの技術を生かした「トナーセーバー」は、世界各国で特許を取得し、業界トップシェアを誇ります。「トナーセーバー」に加え、デジタル ドキュメントに関連する様々なソフトウェアソリューションを自社で手掛け、開発からマーケティング、販売、サポートまで一貫してビジネスを展開しています。

■ お問い合わせ
株式会社スプライン・ネットワーク http://www.spline-network.co.jp
TonerSaver についての詳しい情報はこちらから http://www.tonersaver.jp
e-mail: sales@spline-network.co.jp
Phone: 03-5464-5468(部門代表) Fax: 03-5464-5458
〒150-0002 東京都渋谷区渋谷2-16-5 マニュライフプレイス渋谷8F
* TonerSaver は、株式会社スプライン・ネットワークの登録商標です。


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る