• トップ
  • リリース
  • 太陽光発電 低圧連系10〜50kW専用 遠隔監視システム  Mill-Sill Moniter 【Mini】の販売を開始します。

プレスリリース

東海イーシー株式会社

太陽光発電 低圧連系10〜50kW専用 遠隔監視システム  Mill-Sill Moniter 【Mini】の販売を開始します。

(DreamNews) 2014年08月05日(火)16時00分配信 DreamNews

太陽光発電システムの計測・監視装置、LED表示装置の設計製造を手掛ける東海EC株式会社(本社:名古屋市 代表取締役 石井元博)は、「太陽光発電 遠隔監視システム Mill-Sill Moniter」シリーズに 廉価版 低圧連系10〜50kW専用パッケージ Mill-Sill Moniter 【Mini】の販売を開始しました。平成26年8月18日より受注開始、出荷開始平成26年10月中旬を予定。

【商品の概要】
「低圧連系10〜50kW専用 Mill-Sill【Mini】は、このシリーズ共通のASPサービスで、Web上にてパワコン状態や発電電力の状況を【安価】で把握出来る様パッケージ化しました。低圧連系用のパワコン(田淵、新電元、オムロン、安川、サンケン、GS、山洋など)と直接通信を行い、パワコン(全正常/異常有、全運転中/停止有)の監視と発電電力kW及び発電電力量kWの計測で、より確実に設備の監視を致します。

【商品の特長】
Mill-Sill【Mini】の特長は、パワコン(最大12台)との直接通信でパワコンの状況を監視し、モバイル経由でパワコンの運転状況、システム発電電力及び発電電力量をWeb上のデータセンターに記録します。
(1)システムに異常が発生すると「設定されたメールアドレス(施主・保守担当者等)へ警報メールを送る」機能により、
 迅速な修理対応が可能となるばかりでなく、「売電損失を未然に防ぐ」ことに貢献いたします。
 また、定期メール(1日3回まで設定可)により、設定されたメールアドレスへ、太陽光発電システムの状況を送信します。
 定期メールで稼働状況を知る事で、安心もお届けします。
(2)Web上より(ID・パスワードを入力)、ダッシュボード画面では、太陽光発電システムの状況と
  パワコン(全正常/異常有、全運転中/停止有)状態を表示、グラフではシステム発電電力kWや
  システム発電電力量kWhの確認が出来ます。
(3)屋外設置可能(直射日光は不可)で、雷対策として「サージアブソーバ」も標準装備
  寒冷地では オプションで「ヒータ」を準備しています。
(4)工場出荷設定により、「現地調整は不要です」
(5)現場では「タッチパネル」により、システム状況やパワコン別詳細なども確認出来ます。

※詳細につきましては、添付資料を参照願います。

【会社概要】
会社名:東海EC株式会社
代表者:代表取締役 石井 元博
所在地:名古屋市瑞穂区瑞穂通5−26
TEL:052-841-8111
URL:http://www.tokaiec.co.jp
事業内容:電気工事、制御盤の設計・製作、太陽光発電システムの計測監視装置

【本件に関するお問い合わせ】
部署名:環境・新エネルギー事業本部
担当者:桜井、長谷川
TEL:052−859−1400(直通)
FAX:052−859−1401(専用)
E-mail : ssakurai@tokaiec.co.jp 、hhasegawa@tokaiec.co.jp


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る