• トップ
  • リリース
  • グローバル保険会社Allianzが、Riverbed SteelCentralによりアプリケーションとネットワークパフォーマンスに対するエンドツーエンドの可視化、サーバレスポンスタイム半減を実現

プレスリリース

リバーベッドテクノロジー株式会社

グローバル保険会社Allianzが、Riverbed SteelCentralによりアプリケーションとネットワークパフォーマンスに対するエンドツーエンドの可視化、サーバレスポンスタイム半減を実現

(DreamNews) 2014年07月31日(木)11時00分配信 DreamNews

アプリケーションのパフォーマンス・インフラストラクチャ分野のリーダーであるRiverbed Technologyは、グローバル保険会社のAllianzがトルコ支社にパフォーマンス管理ソリューションであるRiverbed(R) SteelCentral(TM)を導入したことを発表しました。

2014年7月31日

グローバル保険会社Allianzが、Riverbed SteelCentralによりアプリケーションとネットワークパフォーマンスに対するエンドツーエンドの可視化、 サーバレスポンスタイム半減を実現

リバーベッドの事前予防的なパフォーマンスモニタリングにより、問題解決までの時間短縮、生産性向上、カスタマー・エクスペリエンスを改善

本資料は、米国にて2014年7月21日(現地時間)に発表されたプレスリリースに基づいて作成した日本語抄訳です。

2014年7月21日、サンフランシスコ発
アプリケーションのパフォーマンス・インフラストラクチャ分野のリーダーであるRiverbed Technology(NASDAQ: RVBD、以下、リバーベッド)は本日、グローバル保険会社のAllianzがトルコ支社にパフォーマンス管理ソリューションであるRiverbed(R) SteelCentral(TM)を導入したことを発表しました。この導入は、企業内ネットワークやお客様対応アプリケーション、さらにウェブ上でのお客様とのやり取りなどから派生するパフォーマンス問題の分析、診断および解決を向上させるために行われたものです。SteelCentralを導入した結果、AllianzトルコはWebページのロード時間を51%短縮し、生産性、カスタマー・エクスペリエンスを向上させました。
70ヶ国以上に14万8,000人を超える従業員を擁するAllianzは、銀行業務、保険、および資産管理サービスを8,300万の顧客に提供する世界第31位の大企業です。Allianzはトルコ国内に、2,500人の従業員、12の地方事務所、3,700の代理店を抱えています。2013年末時点での損害保険と年金の市場シェアはそれぞれ15.8%と20%で、市場をリードしています。また、Allianzは2ヶ所のデータセンターから各事業所をサポートしています。
会社の成長と比例して増加したIT問題に迅速に対応する上で、Allianzトルコはアプリケーションとネットワークのパフォーマンスを向上させる必要がありました。

AllianzトルコのIT管理担当スーパーバイザーであるNeval Bircaner氏は、次のように述べています。「アプリケーションのパフォーマンス問題が発生しても、根本的原因を正確に特定できないことがたびたびありました。アプリケーションパフォーマンス問題の原因が、アプリケーション、ネットワーク、データベースのどれであるのかを判断するのに苦労していました」
これらの問題はAllianzのビジネス推進上大きな影響をおよぼしていたため、問題の解決は不可欠でした。Bircaner氏は、次のように説明しています。「Webページのロード時間がかかり、アプリケーションの速度が遅くなるので、当社の生産性に影響を与えていました。また、当社のシステムを外部のパートナーに満足してもらえるようなものにしたいとも思っていました。」
ICTパートナーのNasa Bilgi Islemと調査後、AllianzトルコはSteelCentralのポートフォリオから次の5つのソリューションを選択しました。レスポンスタイムと可用性を測定するSteelCentral AppResponse、トランザクションとトラブルシューティングの問題を追跡するSteelCentral Transaction Analyzer、トランザクションを記録し、インデックスを付けるSteelCentral AppInternals、包括的なデバイスのモニタリングを提供するSteelCentral NetSensor、およびインフラストラクチャとアプリケーションのコンポーネントがどのように関係しているかをリアルタイムに示す依存関係マップを作成するSteelCentral AppMapperです。
Bircaner氏は、さらに次のように述べています。「SteelCentralソリューションは素早くインストールでき、統合が簡単で、最適なダッシュボードが提供され、問題の発見が迅速に行えました。SteelCentralソリューションを導入してから、当社のお客様はパフォーマンスの大幅な改善を実感するようになりました。リバーベッドは、当社のカスタマー・エクスペリエンスの大幅な向上を支援することで、当社にプラスの影響をもたらしてくれました」
Riverbed(R) SteelCentral(TM)(旧OPNET、Cascade、NEOP)は、ユーザ・エクスペリエンス、アプリケーション、ネットワークパフォーマンス管理を統合することで、エンドユーザが不具合に気づいたり、ヘルプデスクにクレームの電話をかけたり、不満から他のウェブサイトに行ってしまったりする前に、問題の診断と修復をするために必要な可視性を提供する唯一のパフォーマンス管理制御スイートです。リバーベッドのSteelCentralは、エンタープライズクラスのエンドユーザ管理、アプリケーション、さらにネットワークパフォーマンスの管理を提供します。またSteelCentralは可視性、分析、洞察を提供することで、企業がITを利用して革新し、競合企業からの差別化を図ったり、アプリケーションの開発、導入、確保に必要な時間と労力の劇的な削減がはかれます。SteelCentralソリューションは、今日の急速なアプリケーションライフサイクルやITオペレーションと開発チーム全体で利用されており、集中型の共通ソリューションを提供することで、今日のアプリケーション主導の世界における効率性、パフォーマンス、生産性を最大化します。
Riverbed SteelCentralは、組織がロケーション・インデペンデント・コンピューティングを活用できるようにする最も包括的なプラットフォームであるRiverbed Application Performance Platform(TM)の一部です。これにより、技術的制約ではなく、事業目標に沿ったアプリケーションやデータ配信を実現できるようになります。

リバーベッドについて
リバーベッドは、アプリケーションパフォーマンスインフラストラクチャ分野のリーダーとして、ロケーション・インディペンデント・ コンピューティングにおける最も包括的なプラットフォームを提供しています。ロケーション・インディペンデント・コンピューティングは、場所に依存することなく、常に期待されるアプリケーションの実行やデータ利用を実現し、エンドユーザがパフォーマンスの問題に気付く前に検出・修正します。最適な場所でアプリケーションとデータを保護・管理する柔軟性をITに提供し、場所や距離といった障壁を競争上の優位性へと変えます。リバーベッドの2万5,000を超えるお客様には、Fortune 100企業およびForbes Global 100企業の97%が含まれています。
リバーベッドの詳細は、http://jp.riverbed.com/ にてご覧ください。
本文中に記載のあるリバーベッドならびにリバーベッド製品およびサービスの名称またはロゴは、Riverbed Technology, Inc.の商標です。その他すべての商標は、所有者である各社に帰属します。

<本件に関する報道関係者のお問い合わせ先>
リバーベッドテクノロジー株式会社
マーケティング部 正木
TEL: 03-5423-6777/FAX: 03-5423-6778
E-mail: marketing@riverbed.co.jp

推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る