• トップ
  • リリース
  • 新電子媒体プラットフォーム『New Style Contents Creator』を発表 〜クロスメディア戦略が可能な電子プラットフォームを提供〜

プレスリリース

株式会社Cotyledon Technology

新電子媒体プラットフォーム『New Style Contents Creator』を発表 〜クロスメディア戦略が可能な電子プラットフォームを提供〜

(DreamNews) 2014年07月30日(水)11時00分配信 DreamNews

株式会社Cotyledon Technology(本社:東京都千代田区、代表取締役 多田 清志、以下コティレドン・テクノロジー)は、文字媒体に動画/音声ファイルなどのマルチメディアファイル、マイノート差込、付箋メモ付与、さらにアンケート機能が使用可能な電子媒体の新たなプラットフォーム『New Style Contents Creator』の提供を開始致します。

『New Style Contents Creator』はマルチメディア情報及び機能をオールインワンコンテンツとして1ファイルに生成する、世界初の電子媒体プラットフォームシステムです。
コンテンツ生成機能はHTML5との融合により、ITリテラシーが低いユーザーでも操作が判り易く、生成画面上にファイルをドラッグ&ドロップする事で生成が可能なため、コンテンツの柔軟なカスタマイズが簡単に行えます。

本製品を利用する事で、ファイルの管理が一本化できる為、既存の電子媒体フォーマットでは実現されていない、新しい電子媒体フォーマットとしてクロスメディア戦略の推進が可能となります。
そして、電子販促物では表現の幅が大幅に増進、イメージアップを図ることができ、既存ユーザーのみならず新規ユーザーを得る事が可能です。

『New Style Contents Creator』のプログミングの技術、表現範囲の拡大により他社との差別化、顧客ニーズに合わせたコンテンツを生成する事が可能です。
現在も、年々拡大を続けている電子媒体市場、動画広告市場、そして『New Style Contents Creator』サービスの基本機能、利便性を考慮し、年間100社へのサービス提供予定です。

◆「電子プラットフォームシステム」
「電子プラットフォームシステム」はブラウザ上からデータをアップロードし、『New Style Contents Creator』データが生成され、ページ閲覧順編集や目次編集、カスタム編集が誰でも気軽に行えます。さらにデータ関連性を保った統一的なPDFアーカイブにより大幅なコスト削減が実現可能となります
コンテンツのセキュリティ保護及びエンドユーザーの負荷低減のために、エンドユーザーの特性に合わせてオンライン・オフラインでの閲覧サービスをご提案致します。
クライアント型、サーバー型のコンテンツ閲覧機能は、コンテンツ内に含まれる動画ファイル、音声ファイルを環境に依存することなく、1つのメディア情報として閲覧ができます。また、コンテンツの配信管理機能により、不正な複製を防止する事ができます。

◆編集画面◆
◆サービス提供開始予定日
 2014年8月18日

◆導入型システム初期導入費用:¥1,000,000(1core/予定価格)
※システム構築/カスタマイズ等は別途費用が発生致します。

◆SaaS型システム初期設定費用:¥20,000(1アカウント/予定価格)
SaaS型システム月額利用料金:¥20,000(1アカウント/予定価格)
※カスタマイズ等は別途費用が発生致します。

◆株式会社コティレドン・テクノロジー概要
「ソフトウェアの企画/開発及び販売業務」「システム設計/開発/計画作成/メンテナンス及びコンサルティング業務」「ASPサービスの提供」などWebアプリケーション及びサービスの効果を最大化するための事業を展開しています。

本社所在地:東京都千代田東神田2-8-3 PSビル5階
設   立:平成26年7月
代 表 者:代表取締役 多田 清志
U R L:http://www.cotyledon-technology.co.jp


◆本プレスリリースに関するお問い合わせ先
株式会社Cotyledon Technology マーケティング部
TEL:03-5829-8211
FAX:03-5829-8214
Mail:info@ cotyledon-technology.co.jp


推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る