• トップ
  • リリース
  • ams、高速回転時において世界最高精度を実現する 磁気ポジション・センサの新シリーズを発表

プレスリリース

ams、高速回転時において世界最高精度を実現する 磁気ポジション・センサの新シリーズを発表

(DreamNews) 2014年07月23日(水)16時00分配信 DreamNews

新しいDAECTM補正技術を搭載したシングルチップソリューションAS5047D、AS5147およびAS5247で、動的角度誤差をほぼゼロに

ams(日本法人:amsジャパン株式会社、東京都品川区、カントリーマネージャー 岩本桂一)は本日、ロータの高速回転時において最高精度の角度測定を実現する画期的技術搭載の磁気ポジション・センサの新シリーズを発表しました。

今回「47シリーズ」ポジション・センサとして加わったのはAS5047D、AS5147およびAS5247の3製品で、amsが開発したDAECTM(ダイナミック・アングル・エラー補正)が装備されています。DAECTMは、伝播遅延が原因の測定誤差を排除する特許出願中の技術です。

-AS5047Dはロボットやエンコーダモジュールなどの産業用途向け製品。
-AS5147は電動パワーステアリングやポンプなど車載用途向けAEC-Q100適合製品。
-デュアルダイAS5247(同じくAEC-Q100に適合) は、最高レベルの機能安全基準への準拠を必要とする車載用途向け製品。

3製品はすべて、最大角度誤差±0.17°という仕様になっています(積分非直線性を除く)。

この高精度の測定性能は、内部で誤差補正し、回転速度の変化に自動で対応するアルゴリズムを有するDAECを実装したことにより可能になりました。従来の磁気式ロータリポジションセンサICでは、内蔵された磁気素子における磁界強度の生データをデジタル角度測定データに変換することから、伝搬遅延(通常100〜200us)が発生するという課題がありました。この遅延は、回転ロータの角度変位を発生させます。そのため、センサからのデジタルデータ出力時に測定された位置は、実際の位置とは異なることになります。

結果として生じる誤差は、伝搬遅延100usとした時、1,000rpmではダイナミック・アングル・エラー1.2°、10,000rpmではダイナミック・アングル・エラー12°と、回転速度上昇に比例して増加します。

DAECは、ほぼ完全にこの誤差の原因を取り除き、サンプルが記録された時の回転速度に対するすべての計測サンプルをダイナミックに補正します。47シリーズのセンサは、7,000rpmで±0.08°、12,000rpmで±0.14°、14,500rpmで±0.17°という精度で角度測定を行ないます。

amsの47シリーズは、この高い精度を実現していることから、すべてのモータ制御および角度測定アプリケーションに最適です。高速ブラシレスDC(BLDC)モータや永久磁石同期電動機(PMSM)では、センサの高い精度が整流スキームを向上させ、結果としてより高いトルクと効率性、トルクリップルの低減、スムーズな動作をもたらします。

3製品はすべて、デジタルPWM出力として、さらに開発環境での整流スキームで用いるUVW出力として絶対位置測定を実行します。また、光エンコーダの出力に相当するインクリメンタルABI 出力を備えています。つまり、AS5047D ICでは、ユーザがホストシステムのマイコンまたはDSPにおけるソフトウェアインターフェースを変更せずに光エンコーダから交換することができます。

47シリーズでは、デジタルSPI出力で14ビットの高分解能(0.022°まで)、デシマルモードで1回転当たり2,0000ステップおよびバイナリABIモードで1回転当たり2,048ステップの最大分解能を実現しています。

amsの他の磁気ポジション・センサと同じく、新47シリーズは、定評のある差動センシング技術を搭載しています。浮遊磁場の影響を受けず、シールドせずに電気的ノイズの多い環境でデバイスの使用が可能です。

ams、エグゼクティブ・バイスプレジデント兼自動車事業部門担当ジェネラルマネージャ 、ベルンド・ゲスナー談:「47シリーズの投入は、磁気ポジション・センサ技術における大きな一歩と言えます。高速モータの設計者は初めて、外部マイコンやDSPに複雑な誤差補正方式を組み込むことなく、高性能かつコンパクトな磁気ポジション・センサを使用することが可能になります」

AS5047D、AS5147およびAS5247は、2014年6月24日〜26日開催のセンサエキスポシカゴにてamsブース(スタンド921)で展示されました。

AS5047Dおよび AS5147は、 14ピン TSSOPパッケージでサンプル出荷中です。AS5247は、MLF-40および 7mm x 7mmパッケージでのご提供となります。これらの製品の出荷は、2014年7月末に開始されます。価格などの詳細は、当社の販売代理店までお問い合わせください。

47シリーズの詳細に関しては、こちらをご覧ください。www.ams.com/Magnetic-Rotary-Position-Sensors/

磁気ポジション・センサの新シリーズの紹介ビデオは、下記リンクよりご視聴いただけます。
http://youtu.be/5V7bA41tTAw

amsソーシャルメディアチャンネルを是非ご利用ください。
当社のツイッタ― https://twitter.com/amsAnalogをフォローしてください。または
http://www.linkedin.com/company/ams-ag?trk=hb_tab_compy_id_20853でも情報を共有することができます。


本件に関するお問い合わせ先
ams広報担当:神谷
Tel: 03-5269-1038 Email:ams@jspin.co.jp





推奨環境(ブラウザーのバージョン)
Microsoft Internet Explorer 6.0以降、Mozilla Firefox 2.0以降、Apple Safari 3.1以降
「スケジュール調整機能」は、Internet Explorer 6.0以降でのみ動作します。
環境依存文字については、正しくご利用いただけない場合がございます。

このページの先頭へ戻る